FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 小池代表のさらさらないは、政策一致よりも民進党に主導権をとらわれたくないというのを感じました。維新の会との協力も、民進党よりも優先したのもそうです。
 しかし、結果は純粋希望の党出身者は異例の個人的優遇した防衛大臣時代の官僚ただ1人だけでした。
 当選した議員は逆風に負けなかった、希望の党色を消し、自分の力で勝った議員で、チャーターメンバーを含め、大半が民進党出身者です。右寄りの民進党が名前を変えただけでした。
 希望が立憲に劣らず、票を取ったと言いますが、元民進の個人票に助けられたように思います。
 対立も温存、小池氏は軒を貸して母屋を盗られる危惧していたが、そのとおりになりました。この合流はもともと無理があったのです。

 希望の党はかつての民進党のように、無理やり団結するのでは無く、国民にとって分かりよくするため、希望の党内の左よりの人は、分かれるべきです。
 信用されない変節する彼らは、どっちみち批判されるので、できるだけ早く無所属に移った方が良いでしょう。

 民進党は分かれたが数は増えたと言いますが、与党を削って増えたのでは無く、立憲という受け皿が出来て、野党の一部が移ったに過ぎません。右寄りのチャーターメンバーと踏み絵の民進党出身の主導権争いが始まります。
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。