FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

安倍首相、改憲は「歴史的使命」=公明代表は慎重姿勢

 国民が望むのは、格差問題であり、福祉問題であり、少子化問題であって、是非とも、今、憲法改正の意識はありません。
 優先順位はかなり低いのです。

 ナチスがワイマール憲法を解釈改憲して行ったように、安倍政権も集団的自衛権を解釈改憲しているので、改正の必要性はありません。
 安倍首相が憲法改正ありきで急ぐのは、俺が憲法改正した、俺は偉いんだという自分ファーストに他ありません。
 安倍家の落ちこぼれでは無い、見返してやったと言うことが理由なんでしょう。

 我が国の憲法は国の基本的な姿を示すもので、自民党が云うような政策的なことで、変える必要が無いと思います。
 変えるとしたら、例えば中央集権を改めて地方分権にするとか、崩れている三権分立が確立させるとか、もっと人権を守るようにし、政府の力を弱くするとか、立憲主義を明確にするとか、福祉国家を目指すとか、国や社会の有り様に影響を与えるような、もっと大きな話しが必要だと思います。

スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。