FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

河野外相、北朝鮮との対話「得るものないと共通認識」
 (日本政府としては、米国と北朝鮮の本格的な交渉前の「予備的協議」にも慎重であるべきかとの記者の質問に)北朝鮮に対して今、圧力をかけるというのが大事なことだ。ただ、北朝鮮に対してきちんと核とミサイルを放棄して、対話のテーブルにつけということを伝える、あるいはそれに対する北朝鮮の反応を聞くという意味で「接触」というのは大事だと思う。
 ペンス副大統領が「talk」と言ったものを、「対話」と訳したメディアがあったが、正確には「接触」というふうに訳すものだと思う。そういう接触を否定するものではないが、今、対話をすることに得るものはないというのが日米韓共通の認識であることで変わりはない。

 安倍首相は対話のための対話は意味がないと言っていました。米副大統領はレセプションの席にも着かず、先に北朝鮮が核とミサイルを放棄すると表明しない限り、対話しないと貫き通しています。

 しかし、安倍首相はレセプションの席で日本側から積極的に話しかけました。これは、日米の掟破りの対話のための対話です。
 それに合わせて、河野外相は先に北朝鮮が核とミサイルを放棄すると表明すれば対話すると直接話すのが必要と言い訳をしました。

 河野外相の説明は対話のための対話そのものです。国連でも、国際社会でも、何度も、言って言ることで、北朝鮮も嫌と言うほど聞いていることで、違う話があるなら別ですが、直接聞く話でもありません。
 日米の足並みがズレてきました。韓国は融和路線に踏み出しつつ有り、日米韓の思惑は当然のことながらズレてきました。チキンレースにしびれを切らした安倍首相は対話の席について欲しいと言う現れと受け取れます。それなら、戦争回避が第一の日本として は、無条件対話を提案すべきです。

 100%負けたら、対話するなんて、そんな対話はありません。条件無しの対話が当たり前で有り、対話の中で、条件が話し合われるのが対話です。
 戦争の前に無条件降伏しろと言っているのと同じです。

 
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。