FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

安倍首相、責任は厚労省と認識 裁量労働制の答弁撤回
 安倍晋三首相が裁量労働制に関する答弁を撤回した問題で、首相は20日の衆院予算委員会で「(答弁案が)厚生労働省から上がってくる。それを参考にして答弁した」と述べ、答弁撤回に至った主な責任は厚労省にあるとの考えを示した。首相は「担当相は厚生労働相だ。全て私が詳細を把握しているわけではない」とも述べた。

 NHKの国会中継をチラッと見ましたが、安倍首相の答弁、余りの酷さに呆れかえるは、心底腹が立はで、チャンネル変えました。

 裁量的な労働で亡くなった人から裁量労働制法案は人の命に直結する、安倍首相の考えを聞くと、厚労相に振り、逃げました。
 自分が答えるものは、官僚の書いたペーパを読むだけ、それも裁量労働制にメリットがるというもの、異なる質問でもこの答を言っていたようです。

 過労死の原因は、サービス残業も、裁量的労働も同じ、労働者の権利が弱く、経営者が絶対的権力を持ち、労働者に無理を強いるからです。
 
 労働者側に労働を裁量するほど強い人権はありません。会社は民主主義では無く、主従関係、絶対的支配です。守ってくれるはずの労働基準監督署は圧倒的人員不足、労働者の味方でない現れです。実態は無法地帯です。労働者を守る労働組合の組織率は僅か17,5%に過ぎません。
 日本の労働者の大半が守られてはいません。営業職まで裁量労働制を拡大すれば、健康被害、更に過労死する人は明らかに増えるでしょう。

 安倍政権の言う論理は、裁量労働制の方が労働時間が短くなるから、時間は自由になるから(実際は自由にならないが)、裁量労働制が良いというものです。
 その根拠が無くなったのだから、法案は出さないというのが良心で有り、常識です。
 裁量労働制の方が労働時間が長いという調査が既にありそれも使わず、再調査もしないと言いいます。

 裁量労働制導入で過労死が増えることが分かっているのに、安倍首相は閣議決定して強引に法案を通す姿勢です。安倍首相は人のお面を被った鬼、悪魔です。人の心はありません。
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。