FC2ブログ
≪ 2018 09   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

首相が改ざん問題を謝罪「行政の長として責任を痛感」
 首相は「国民から厳しい目が向けられていることを真摯(しんし)に受け止め、全容を解明するため調査を進めていく」とし、「麻生(太郎)財務相にはその責任を果たしてもらいたい」と述べた。
 麻生氏については「全てが明らかになった段階で、二度とこうしたことが起きることのないように、信頼の回復に向けて、組織を立て直していくために、全力をあげて取り組んでもらいたい」とも語り、あくまで続投させる意向を示した。


 決裁文書の改ざんは違法行為の可能性大、佐川長官単独で判断できないはずとしたら、麻生大臣に相談している可能性はあります。
 麻生大臣が居座って、改ざん問題を調査するのは、犯罪者が自らの犯罪を明らかにすることは出来ないので、財務省の調査はやってはいけないことになります。国会の調査権で委員会を作り、調査すべきです。

 その対象は、昭恵夫人を始め、圧力を掛けた政治家、森友を審査した財務局長、近畿財務局の担当者、それに改ざんでは佐川局長を始め、実際に手を動かした人たちです。

 異例ずくめの措置は近畿財務局だけで無く、決断は現場では無理で、本省にも上がっていたはずです。昭恵夫人が本省に働きかけたのも本省は知っています。組織ぐるみで有り、事務次官や大臣も、(首相も)知っていたはずです。ただ、現場が経緯まで記した詳細な決裁書を作っていたとは本省の幹部(や総理)も知らなかったと思います。

 麻生大臣のあの態度、ふんぞり返って、言葉だけ謝る、反省の色は全く見られず、安倍政権にはマイナスです。だけど、切れない安倍政権の弱点は、その強権の根っこにあったのです。

 「なぜこんなことが起きたのか、全容を解明するため、調査を進めていく」という安倍首相に対して、原因は全てあんたたち夫婦だと思わず、突っ込んでいました。
 火事を最初に通報した人が犯人だった、そういう心理の人かも知れません。

 安倍首相の馬鹿嫁の言動が夫の足を引っ張り、関係したら首相・議員も辞めるという安倍首相の強弁癖が自らの墓穴を掘る、強気・独裁の裏に弱点があったとは、自業自得です。
 
 今日のモーニングショーはレギュラーコメンテーター3人は最強、重箱の隅を突いて矮小化、はぐらかそうとする田崎氏は木っ端微塵でした。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。