FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<毎日新聞世論調査>内閣支持率33% 12ポイント減
 毎日新聞が17、18両日に実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は2月の前回調査から12ポイント減の33%、不支持率は同15ポイント増の47%だった。不支持が支持を上回ったのは昨年9月以来。学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざん問題が影響したとみられる。
 この問題で麻生太郎副総理兼財務相が「辞任すべきだ」との回答は54%、「辞任する必要はない」は32%。首相にも「責任がある」は68%に上った。

支持率急落、安倍政権に衝撃=憲法改正・総裁選に暗雲〔深層探訪〕

 世論調査の結果が出てきました。軒並み10ポイント程度、安倍政権支持率が急落し、麻生大臣は辞任、安倍首相に責任の声が大です。
 佐川氏に全ての責任をなすり付け、トカゲの尻尾切りをする戦略が国民に見透かされ、逆効果となりました。マスコミでは安倍首相が震源地であることを、安倍政権の報復措置が恐いので、口にしませんが、国民は気が付いているようです。

 この落語家、国民を舐めていました。あり得ないことだから、あり得ないのを理由にして、安倍政権擁護をしてましたが、安倍政権ではあり得ないことがあり得るのです。
 人事を変えて解釈改憲する、ずっと認められなかった共謀罪法、過去の歴史に無いマイナス金利、自衛隊の日報問題、今度の森友、加計事件、これまでの政権ではあり得なかったことが、安倍政権では全てあり得るのです。
 あり得ないということを安倍政権が根拠に挙げれば、これは確信犯を意味しています。

 前は大忖度の可能性ありと思っていましたが、今は、日本会議、右翼系の小学校建設に、安倍夫人妻を始め、日本会議の有力者が応援し、更には官邸が迫田前局長にゴーサインを出したため、財務省は安倍総理のため、実現に向け、この上ない努力をし、優遇をしたのが事実と思います。
 勿論、改ざんも官邸の支持に他ありません。
 安倍政権の驕りは、あり得ないほどだったのです。

 公文書の法律が4月から、相手の了解が得られない場合は公表しないと、後退するそうです。公文書は当たり障りの無いものとなって、行政に問題があっても、顕在化しないようにされ、国民の知る権利や、行政を改善して、未来の国民生活に資することも無くなっています。
 官僚は代議士が口利きをしたら、公文書に残さず、口頭で伝えると言います。それが常識化して、何の問題もなく、平気で言います。官僚の常識は非常識です。行政が政治によって曲げられないよう、圧力を掛けてきたものは公文書に記すと法改正すべきです。

 野党は、小選挙区制や人事院、公文書、共謀罪など、安倍独裁で問題となった政策や法律がいっぱいあります。その問題を解消するため、一つ一つ、政策として、国民にアピールできるようにまとめ、次期の参院選に対処して欲しいものです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。