FC2ブログ
≪ 2018 09   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

麻生氏、自民議員に「レベル低い質問」と厳しく批判
 「レベルの低い質問をするのはいかがなものか。軽蔑する」。麻生太郎財務相は20日の衆院財務金融委員会で、自民党の和田政宗参院議員が19日の参院予算委で、野田佳彦首相の秘書官だった経歴を持つ財務省の太田充理財局長に対し「安倍政権をおとしめるため意図的な答弁をしているのか」と質問したことを厳しく批判した。希望の党の大西健介氏に「部下が辱めを受けたら抗議すべき」と問われ答えた。和田氏の発言の一部は自民党の申し出で議事録から削除されることになった。

 委員会議事録も大事な公文書です。和田議員の発言で紛糾したのだから、その痕跡は未来の検証のために、歴史として保存すべきです。与野党とも、議事録削除はすべきではありません。
 国会を綺麗なものとするのでは無く、ありのままを国民に残すという文化にして欲しいものです。
 
 だから、決裁書でも不味いところは書きません。結果だけを書いて、何故そういう決断をしたのか、一括買い取りが賃貸になり、どんどん安くなっていったのか、を。書いて不味いことはやらなくなります。元官僚は政治家の口利きは、文書で無く口頭だと平然と答えていました。

 政治家の名も公文書に書くよう、義務づけるべきです。そうすれば、不当な政治介入は出来なくなります。公文書の法律を見直すべきです。

 安倍首相、麻生財務相、菅官房長官、森友に出てきた政治家たち、今回の自民質問者たち、義家、西田、青山、和田、文科省に介入した政治家は2人、全てが日本会議国会議員懇談会、神道政治連盟に所属しています。 多くが安倍首相の属する自民党の細田派です。日本会議と神道連盟の両方に属しているのは、自民党議員の内、4割もいるのです。

 彼らのものの言い方や考え方に、上から目線とか、断定的とか、戦闘的など、共通の特徴が有ります。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。