≪ 2018 04   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2018 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「驚きと怒りを禁じ得ない」イラク日報問題で 稲田朋美元防衛相

 大臣として、素人に近いお友達を指名する安倍首相、臨時的な大臣を軽視する官僚や制服組たち、女性なら余計馬鹿にしたのでしょう。
 論功行賞的、順繰り的な大臣とそれを馬鹿にしながら支える官僚、議院内閣制の欠点がモロに出ています。

 イラクの日報は小泉首相の言う非戦闘地域、戦闘地域を結果検証する材料でした。戦闘地域に派遣されることがバレるので隠蔽したのでしょう。
 お上=神がやることは間違いない、それは内閣は当然のこと、官僚でも同じです。先の大戦でも、フクシマ原発事故でも、きちんとしたが残されず、それが丁寧な分析されず、原因を突き止めず、政策に反映されず、責任を取るものもいない、今も昔も変わらない日本のお上(無責任)政治の姿です。

 特に、安倍政権になって、政治家や官僚を高圧的に支配することにより、その傾向は極めてきつく、命令有り、大忖度有りと、下からのまともな議論も、正当な異論も、上からの力で、封じてきています。

 野村不動産の裁量労働制の指導を政府は実績に挙げていましたが、過労自殺したことがきっかけで東京労働局が指導に入ったというのが真実のようです。
 都合良い部分だけ切り取って、さも真実なように、真実をねじ曲げてまでも推進する政策に利用します。条件の違うデータを合わせて、都合良いデータに作ったのと一緒です。
 都合良く捏造するのもお上政治の手法です。

 その元凶である安倍首相は、卑怯にも、支持率アップできないとみるやダウンを恐れ、今回後に隠れています。

 玉川さんの居ないモーニングショーは酢のない寿司のようなもの、ぐだぐだしています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。