≪ 2018 04   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2018 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

安倍首相「行政に対する国民の信頼、揺らいでいる」
記者団は、加計学園をめぐる愛媛県文書が農水省内でも見つかったことを例示して問いかけたが、首相は「愛媛県の文書は政府においても確認を行ってきたところでありますが、本日、農水省から文書について発表がありました」とだけ指摘。続けて行政への信頼が揺らいでいるとの認識を示し、首相は「徹底的に調査して全容を明らかにし、うみを出し切って、皆さまの信頼を得るために立て直していきたい。そのために全力を尽くしていきたい」と述べた。

 膿とは何ぞや、1年間もあって、調査をしてこなかったことから、徹底的に調査をする気は全く無いのに、口から出るのは嘘ばかり、全く部外者のような言い回し、疑われているのはあなた、疑いを晴らすのではなく、逃げてばかり忘れてくれるのを待つばかり、嘘で凝り固まった人間、それが安倍首相だ。
 強く言えば国民は欺せると思っているようだが、言葉に何の重みも無い。 

 安倍首相はバレたときに、「手続きに一点の曇りも無い」と言っていたのに、追い込まれた現在では、「膿を出し切る」とは、明らかに自己矛盾で、一点の曇りもないは嘘でした。
 イエスマンだけの審議会では一点の曇りすら出てこないし、総理案件と分かっているから反対も出来ない、仕組まれた審議会では曇りも総理の名も出ないのは当然でしょう。

 最初に強気で否定するのが安倍首相の癖、佐川氏の答弁や官邸で愛媛県と会ったことも無い柳瀬氏の答弁、まさに安倍首相の口調とそっくり、総理の命令です。腹心の友、加計氏に岩盤規制の穴を開けて上げた、これが真実です。
 文科省OBの寺脇氏は官僚の忖度と言っていますが、秘書官が総理案件と言えば、総理の代行で行動しているという意味、加計ありきは総理が仕組んだ悪巧みです。

 これまでの政権での非常識が、三権を牛耳る、驕る平家の安倍政権に取っては、常識です。首相があるはずが無いというものは、全て私がやったと言う意味です。
 国民は騙されてはいけません。

 膿を出している病巣は安倍首相そのものだと、全員が口に出して言いたいのだが、言えないのが日本のマスコミの弱さ、先進国では笑いものでしょう。

 官僚も、腐敗しきった官邸に従い、国民を蔑ろにして良いのでしょうか。今こそ、官僚の気概を示して、反乱すべきです。関係の記録を探し出して、リークしましょう。

 今も官邸までは数万人がデモをしていると言います。国民が鈍感、不感症で、このまま見逃せば、世界の笑いものです。
 
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。