FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示——北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り
 同消息筋によると、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式(2月9日)に出席した安倍首相は、北朝鮮代表団の金永南・最高人民会議常任委員長との立ち話で、「平壌宣言と(拉致被害者らの再調査を約束した)日朝ストックホルム合意に立ち戻ろう」と呼び掛けたのに対し、金議長は「謝罪と賠償が先」と取り合わなかったという。

拉致問題への言及は、日本政府は慎重に見守る姿勢

 対話と圧力と言ってきたのが韓中露、圧力時々対話が米、圧力一辺倒が日本、北朝鮮にとって心証がとても悪いです。
 韓米日の中で、最も敵対関係に無いのが平和憲法を持っている日本、ケンカを買って出た格好です。
 おまけに、韓米に拉致問題を喋って貰うのに、米韓に借りができてしまいました。
 これらを見ると、安倍外交は明らかにマイナス点であり、国益を損なっています。

 国難選挙という名の付け方を例にとっても、自らの保身のために、北朝鮮情勢を緊迫化させて利用しました。
 何処に外交が上手でしょうか。自らの政権延命に利用した最低最悪のリーダーでしょう。

 拉致問題は最大の課題では無く、非核化と平和協定が進めば、自ずと拉致問題が解決します。
 拉致問題のアピールが敵対心を煽り、逆に解決の足を引っ張っています。
 平和への道のりを早めることが、拉致問題の解決を早めることです。
 拉致被害者の情報は全て北朝鮮が握っているのですから。
 北朝鮮が参りましたというシナリオや、戦争して北が敗北するシナリオしか圧力での拉致問題解決は無いのですから、そもそも安倍政権のミスリードです。

 日本が積極的に戦後補償をカードに使わない限り、プレイヤーには所詮なり得ません。
 負の遺産である戦後補償をハッキリ口に出したくないのなら、蚊帳の外は当然ことです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。