≪ 2018 04   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2018 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」
 財務省の福田淳一・前事務次官のセクハラ問題について、麻生太郎財務相は4日、訪問先のフィリピンでの記者会見で「1対1の会食のやりとりについて、財務省だけで詳細を把握していくことは不可能だ」と述べ、調査を打ち切る考えを改めて示した。
 財務省は4月27日、福田氏のセクハラを認定して処分し、調査を打ち切る方針を発表。女性社員が被害にあったというテレビ朝日は調査の継続を求めていた。
 しかし、麻生氏はセクハラの認定については「セクハラ罪っていう罪はない」「殺人とか強(制)わい(せつ)とは違う」などと発言。「(福田氏)本人が否定している以上は裁判になったり、話し合いになったりということになる。ここから先はご本人の話だ」とした。
 調査を打ち切ることについて「いくら(調査結果が)正確であったとしても偏った調査じゃないかと言われるわけですから。被害者保護の観点から(調査に)時間をかけるのは、かなり問題がある」などと説明。処分の理由については国会審議への影響のほか、「役所に対しての迷惑とか、品位を傷つけたとか、そういった意味で処分をさせて頂いた」とし、財務省としてセクハラを認定したことは挙げなかった。


 馬鹿に付ける薬は無いと言う、差別的な諺がありますが、麻生大臣に相応しいと思います。地位の極めて高いものが、情報が欲しければ、酒の相手をしろ、下ネタ話につきあえ、性的交渉に応じろ、これを世間の皆が許していないのが、分かっていません。
 この事務次官はテレ朝の女性以外にも、セクハラ行為をしていたと言われている。セクハラ対策をするには実態の究明が大事です。勿論、被害女性たちの人権、プライバシーを守ってです。
 調査の中止は、隠蔽体質の現れであり、セクハラ対策に熱意が無いものとみられます。

 セクハラが罪で無ければ、辞任させるのは可笑しいです。世間が騒いでまともに行政が出来ないということは、罪では無いですが、セクハラという行為はそれも官僚トップによる地位を利用してのセクハラ行為は、罪になって辞任するほど、重いことであると意味しています。

 セクハラを軽視する財務大臣が、続投して、セクハラ防止対策など出来ようはずもありません。
 モラルを破っている人が陣頭指揮をして、モラルを守るなんて、非常識も甚だしい、即刻首にして、セクハラに理解ある大臣に変えて、セクハラ対策を講ずるべきです。
 麻生大臣は首、それが先進国の常識です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。