FC2ブログ
≪ 2018 08   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2018 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<安倍首相>自民総裁選、3選に意欲 「拉致解決に使命感」
 首相は「意思は完全に固まっているわけではない」とも述べたが、12日の米朝首脳会談を受け、自民党内では首相の3選を支持する声が相次いでいる。
 拉致問題について首相は「北朝鮮が知っていることをきれいさっぱり話し、すべての拉致被害者を日本に帰国させたときに解決する」と指摘。「解決済み」という北朝鮮の従来の立場を変えるために「金正恩朝鮮労働党委員長が大きな決断をすることが求められる」と強調した。日朝首脳会談に関しては「やみくもに行うのではなく、拉致問題の解決に資する会談にしなければいけない」と述べた。
 首相は、北朝鮮の非核化を巡ってトランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止に言及したことに理解を示し、「北朝鮮が米国の善意を受け止めて、行動を示すことが重要だ」と語った。そのうえで「核の脅威がなくなることで平和の恩恵を被る日本などが費用を負担するのは当然だろう」と述べ、国際原子力機関(IAEA)による査察などへの資金拠出に前向きな考えを示した。


 日朝首脳会談を総裁選に関係させ、首相の座を死守しようという戦略が見え見えです。

 米朝首脳会議はトランプ大統領の方が成果を焦ったように見えます。金正恩委員長は同様の低支持率の安倍首相についても、足下を見られていると思います。
 北朝鮮は中国を後ろ盾に、ロシアも協力的で、段階的な非核化を勝ち取り、経済制裁を徐々に解くとなれば、豊富な鉱物資源を担保に、中国、ロシア、韓国を中心に、色んな国からの投資が可能となります。
 そうなったとき、拉致問題解決のハードルは上がり、戦後補償は更に高くつくでしょう。

 日本の主体性が全く無く、アメリカのポチ政策に安倍政権が依存するため、拉致を議題にお願い費用(輸入増大)、非核化費用、戦後補償に、必要以上、払わされることでしょう。
 
 拉致問題も重要ですが、一番大事なのは「民信無くば立たず」です。最重要課題は国民からの信用です。
 国民を騙す嘘つき安倍政権が何をやっても、信用できません。拉致被害者家族も、信頼できる内閣に問題解決を委ねるべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。