FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

麻生氏、総裁選で「負けた派閥は、冷遇覚悟を」 戦わずとも3選決定の安倍首相
自民党内与党の3派閥の領袖とそれぞれの幹部たちが集合した夜のお食事会で、歳を取らない麻生氏が、いまだ態度を鮮明にしない他派閥を対して、「負けた派閥は、冷遇を覚悟せよ」と発言したという報道がなされている。

 民主主義の時代では無く、まるで戦国時代のようです。党内にも色んな主義主張があって良いのに、脅迫して、封鎖する、いつの時代でしょうか。少なくとも、民主主義の先進国家でないことだけは胸を張って言えます。
 こう言う発言を許す国民も、民主主義を理解する国民ではありません。

 安倍一強による政治の劣化・腐敗は極まれりです。
子供の居ない、兄弟とも反駁する安倍首相に取っては、親友が何よりの存在だから、加計、山口、(森友)には特別の便宜を図った、文科省の局長と同じです。
 小選挙区制と自民党議の公認から、イエスマンばかり安倍チルドレンを量産、質的な低下は著しく、多様性も柔軟性・強靱性もありません。安倍一強支配によって、自民党全体の劣化は一挙に進んでいます。

 アメフトの内田監督、日大田中理事長、女子レスリングの栄監督、東京医大の臼田理事長、いずれも独裁者による弊害です。
 この風潮をもたらす、諸悪の根源が安倍独裁的政治です。

 もりかけ問題、国会を蔑ろにする独裁的政治手法など、続投を困難にする要素を抱えながら、常にこう言う問題を抱え高支持率を狙えないのに、三選を狙う安倍首相は、異常としか思えません。
 安倍家岸家の余程の落ちこぼれ、劣等感があって、歴史に名を残したい願望が病的にまでに強いのでしょうか。
 国民からは完全に離反していることだけは確かです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。