FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

国のプッシュ型支援、被災直後は歓迎でも ミスマッチも
西日本豪雨の被災地に向けた、政府の支援物資の輸送が本格化している。力を入れるのが、「プッシュ型支援」の手法だ。被災自治体からは素早い対応に歓迎の声が上がる一方、政府から送られた物資が使われない「ミスマッチ」も。2年前の熊本地震の教訓を踏まえ、支援のあり方が問われている。

 意味が国民に伝わらない避難勧告、避難指示も、プッシュ型支援、プル型支援も、内閣府が担当でした。内閣府で防災担当だったのが西村官房副長官です。気象庁や地元自治体に比べ、国の省庁は、血が通っていません。

 プッシュ型は被災地の要望を聞かず、必要なものを想定して支援するやり方、プル型支援は被災地の要望を聞いて、支援するやり方です。
 毛布やマットが、企業等?がプッシュ型で送られ、倉庫に山と詰まれ、場所を取って困り、最後は処分する事例も報告されていました。一番良いのは、必要に応じて調達できるお金だ(義援金)と言っていました。日赤への義援金、ふるさと納税などが効果的です。
 当初の最低限のものは当該県市町村や周辺県市町村で対応可能でしょう。

政府が進める「プッシュ型」支援の中身は
2018年度予算の予備費から20億円を拠出
コンビニ等への物資輸送車両を緊急車両扱いへ
避難所へのエアコン設置、費用負担などの調整は後回し


 コンビニ運搬車を緊急車両を扱いにするのはプッシュ型支援といえるのでしょうか。エアコンの需要も避難所ニーズを聞いて迅速に行うプル型でOK、勿論負担割合は後回しは当然です。
 国に予算があるなら、需要に近い地方が使い勝手が良いように、地元自治体に配るべきです。

ヒゲの佐藤のツィート
>政府のプッシュ型支援物資輸送の成果です。自衛隊がコン
ビニ商品をトラック輸送したのは初めてだと思います。安倍総
理のリーダーシップです。全ては被災者のために
                      佐藤まさひさ


 佐藤氏の言うとおり、自衛隊がコンビニ運搬車となれば、大問題です。私企業のために血税が使われたことになりますし、コンビニ利用できるのは、全てノ被災者では無いことから、血税の使い方としても問題です。
 もしこれが事実で無ければ、安倍首相の名を挙げるために、嘘を垂れ流したことになり、これも大問題です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。