FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<東京五輪・パラ>「授業避けて」国通知、ボランティア促す
 スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

 直ぐに、国家総動員法、学徒出陣、学徒勤労動員、勤労奉仕をイメージしました。
 全体主義国家のやりそうなことは、安倍政権、ネトウヨにとっては、国家(行事)のため、国民をただ働き(勤労奉仕)すべきと考え付きそうなことだと、プンプン臭ってきます。

 オリンピック開催期間は日本が最も暑い日々で、小手先の緩和策を講じても、たかが知れており、観客やボランティアに熱中症や死亡者も出てくるでしょう。35度超となったり、長期間豪雨、台風通過などで、(特に外国の)観光客が余り来なかったりし、五輪が失敗に終わる可能性も大いにあり得ます。
 選手や観客の安全を脅かすオリンピックを経済最優先で開くこと自体、そろそろ考え直さなくてはいけないと思います。アスリート・観客ファーストで無く、経済ファーストです。

 大量の観覧客を入れる施設は五輪後、利用率は極度に減り、維持できるでしょうか。人気のないスポーツは閑古鳥が鳴き、お荷物となります。 事前合宿の地方の施設整備も無駄になる可能性大ですし、大量の宿泊施設も供給過多となるでしょう。
 敷地の狭い新国立競技場もサブトラックの無い欠陥商品です。レガシーでは無く、負の遺産になりそうです。
 企業を儲けさせるために、国民がただ働き、開催中、市民生活がもの凄く犠牲になるのですから。発展途上国のように、五輪万歳ではもうありません。

 五輪を開く経済状況に日本はありません。経済より安全が最優先です。今からでも、開催時期をずらすか、出来なければ返上すべきでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。