FC2ブログ
≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 長年の少子化で、労働者(特に単純労働者)不足は分かっているのに、どん詰まりで、こんな法案しか出せないなんて、長年政権の座にあった政府自民党、官僚のサボタージュ以外の何ものでもない。政権担当能力、日本を憂う気持ちを微塵も感じ取れない。

 日本の一人当たりのGDPは、世界で25位です。2000年の2位をピークに下落し、米独仏英などの主要先進国に追い抜かれ、今や30位の韓国に追いつかれそうになっています。
 日本国民は、先進国と自慢するのは過去の話、現状を認識すべきです。

 トップを引き上げてトリクルダウンで国民が豊かになるという高度経済成長の前例はグローバル経済で、実現しないことは明白になりました。
 ずっと一人当たりのGDPが高いのは北欧の福祉国家です。これらの国はボトムアップ、底上げです。各人の能力を100%活用すること、労働生産性を上げることが、一人当たりのGDPを押し上げます。
 富の再配分だったり、最低賃金のアップだったりし、労働環境のアップ、女性や障がい者、高齢者の活用、人権の拡大、多様性の重視、格差の是正が必要な政策です。

 リーマンショックで、日系ブラジル人を雇用調整に使い、物のように使い捨てました。
 最下層の3K職業に外国人労働者を使い、格差社会をさらに深めていけば、ストレスや憎悪、ネトウヨ人口が増大し、社会の不安定化、犯罪の増大を招きます。
 技能実習生が逃げ出すような労働条件や環境を改善することが最優先です。と同時に、日本人でも待遇の悪い3K職業も合わせて、改善すべきでしょう。
 単純労働者を入れる入れないに関わらず、人々が能力を発揮できる社会となるように、ボトムアップへ方向転換すべきです。

 世論は急ぐべきで無いが圧倒的です。一層格差社会を進め、欧米に用に移民問題が顕在化する今回の単純労働者移民法案について、社会のあり方、人種問題等、国民が慎重に十二分によく考えるべきです。
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。