≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まるこ姫さんの独り言でのコメントを手を加えて掲載します。

中川大臣は記者会見があるのを分かっていながら、ワインを飲むのは、尋常ではありません。
検問があるのが分かっていながら、飲酒運転するのと一緒です。
アルコール中毒だとすると、よく理解できます。
ワインがそこにあれば、飲まずにはいられないのでしょう。
飲まなければ、仕事ができないのであれば、小心者で、政治家には向いていません。
どちらにせよ、政治家としては失格、大臣どころか、政治家も辞めた方が国民のため、彼のためでしょう。
こんな大臣を選んだ麻生首相の責任は免れません。
謝罪だけではあまりに軽すぎ、ペナルティを自らに課すべきです。
そういえば、小泉政権、小渕政権でも彼は重用されていました。
自民党は、明らかに人材不足なんでしょう。
そういう大臣を選ぶリーダーも、人材不足なんでしょう。

自民党政治の体たらく、緊張の無さは、世襲議員、2世3世議員が多くなっているためと考えられます。
彼も世襲議員、麻生首相同様、普通の世の中では欠陥人間でしょう。
上流階級の生活をしていて、庶民の生活実態を知りません。
お坊ちゃんに育てられて、自己否定されたり、挫折経験が乏しく、他人の気持ちも分からないでしょう。
国会議員が豊かな生活ができるのも災いしています。
親の選挙区から出さないという案もあります。
それよりも、高額の報酬や不明瞭な活動費など、議員特権を無くし、議員になる旨味が無くなれば、世襲はなくなるのではないでしょうか。
大きいのが政治献金、これも無くせば、志が無ければ、政治家にはならないでしょう。
認知症の患者の治療にセンター方式というのがあります。
認知症になっても、本人の拠り所があり、それを尊重していけば、健全な生活を送れるようです。
その拠り所は、人のためになっている、好きなことをしていることが多いそうです。
金を稼ぐことではなく、人の上に立って偉そうにすることではなく、人の為、社会のためになっているということが、人の生き甲斐の中でとても重要な柱のように思います。
なり手は無くなるという人もいますが、1億2000万人のなかに、数百人くらいの志の高い人はいるでしょう。


阿呆政権はこれで支持率は下がり、一桁台で、もう浮揚は決定的に困難になりました。
これで、支持率が低すぎて、解散もできなくなりました。
党内からは麻生おろしの声もありますが、麻生を選び、支えてきた自己矛盾は張れません。
小泉改革支持の上げ潮派も、小泉改革の結果が今の庶民を苦しめている現状を見ると、党内で多数派とはなり得ず、これも身動きがとれません。
自民党は長年に亘る政官業の癒着が生み出した利権による国民を阻害する膿と、政権の座に居座るために行い続けた自己矛盾に苛まれています。
100年に1度のお馬鹿政権に遭遇し、日本の悲劇です。

テレビ朝日のスーパモーニングに奇妙なパネルをみました。
麻生の次の総理総裁候補は誰かというコーナーで使用していたパネルです。
与謝野、小池氏など自民党議員以外に、宮崎県の東国原知事や、大阪府の橋下知事の名が貼っていました。
彼らは総裁になれる自民党員ではありません。
橋下知事は自民党の推薦を受けましたが、二人とも無所属です。
ましてや議院内閣制で総理になれる国会議員でもありません。
テレビ朝日の見識を疑います。
番組では、二人の名は1回も呼ばれませんでした。
視聴者を暗示に掛けているような世論操作を行っているように感じました。
マスコミは小泉首相誕生のときのように、ポピュリズムを呼び起こそうとしているのではないかと疑います。
スポンサーサイト


こんばんは、愛てんぐさん

新聞もテレビも次の首相は誰?と自民党議員の中での対抗馬、本命とか、言っていますが、という事は、又総裁選をするという事でしょうか?
メディアはそれで良しと思っているのでしょうか?
3台続けてボンクラを選び、それも民意とかけ離れた所での総裁選は、虚しいばかりです。
これでは政治ごっこをしているだけかと思ってしまいます。
選挙をやる事も無く、党の延命策や論理だけの総裁選びでは、余計に政治離れに
拍車をかけるだけです。
この国は本当に民主主義国家といえるのでしょうか?

メディアは、批判らしき批判もせず、面白おかしく紙面づくり。
中川さんに同行した記者は一緒にお酒を飲み、なあなあの仲です。
権力者と、批判をする方が同じ場所にいたら、癒着しているのかと疑問を持たれるとの考えも
持ち得ないのですかね。
この国には真のジャーナリストはいませんね。
まるこ姫さん、コメントありがとうございます。

麻生首相と4人目の首相、どちらが戦えるかとなると、結果が出ている麻生よりも、未知の次の総理に掛ける方がまだマシと考えているのでしょう。
国民が困窮しているのに、自分たちの延命策に終止しているとは。
情けないですね。
日本が地盤沈下していくのは、政権のこの体たらくでは、当然ですね。
利己主義はあっても、民主主義はありませんね。

それと、国民が論理的に考えられないのも問題です。
小泉劇場に踊らされた国民性をみると、先が思いやられます。
情緒的で、雰囲気に流されやすいです。
自分さえ良くなったら良いという競争を煽り、人を差別する教育、記憶すればよいという詰め込み教育が駄目にしています。
己の利益最優先でなく、他者、社会の利益にも気配りする社会性を身につけさせ、もっと、論理的、合理的に、頭を使わせる教育が必要です。

新聞やテレビなどのメディア、銀行、証券会社などの金融は、ユダヤ人が得に強い分野です。
ユダヤ人財閥は新自由主義者です。
日本のマスコミも、外資が株を取得しているので、新自由主義に有利な報道になるのでしょう。
だから、小泉をなかなか否定できないのでしょう。

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。