≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

まるこ姫の独り言 政府・自民に内閣改造論、いつまで国民無視の政治をするのかに投稿したコメントを記事にします。

麻生首相がいない間に、閣僚達は好き勝手に言いますね。
与謝野大臣は、麻生を馬鹿にするような冗談を言ったり、甘利大臣は内閣改造の話をしたり、支持率が下がると、こうも軽くなるものですね。
内閣改造は総理の仕事、一閣僚が言い出すとは、もうバラバラですね。

これまで3代続いた内閣、最強の布陣を組める人材が手品のように表れるというのでしょうか。
目先を変える猫騙しには、国民は辟易としています。
自分のための利益ばかりを考えて居座ることが、社会のモラルの低下を招いています。
一刻も早く、下野することが、モラルの向上、景気対策に貢献します。

財務省官僚は酩酊する中川前大臣と同席し、世界に恥をさらすことを止めませんでした。
そして、無様な記者会見の後も、バチカン観光を止めもせず、ハレンチにも同行しました。
大使館員も随行しました。
彼らは外遊する国会議員を接待するのが仕事の一部だそうです。
酩酊する大臣に付き合っていたバチカン観光は当然、業務です。
業務外ならば、あんな記者会見の後、一緒にプライベートで遊んでいたというのですか。
国民の誰もが納得しません。
飛行機をチャ-ターして、何千万円も使って、あの成果です。
責任逃れは見苦しい、国の行政を預かるという自覚が全くありません。

麻生首相は訪米し、オバマ大統領とは僅か1時間程度の会談だけで、共同記者会見や昼食会等の接待はありませんでした。
また、米国債を買ってくれと言う話も無かったそうです。
クリントン国務長官が来日の際には皇后までもが接待したのですが、オバマ大統領は議会での施政方針演説のため、時間が無かったかも知れませんが、日米協力してこの世界経済危機を乗り越えようというもので具体性はなく、ただ会っただけという感じがします。
日本の方から、麻生首相の人気回復のため、ただただ会ってくれとお願いしたというような気がします。
アメリカからみれば、ポチにはご馳走は入らないということかも知れません。
気になったのは、基軸通貨たるドルの信頼回復を確認したということです。
これは暗にアメリカ国債を買え、アメリカ国債を買うという合意なのだろうか。
そうとしたら馬鹿者です。
麻生首相は言うことを言わず、オバマ大統領からきっちり言われたとしたら、どこが外交上手なんだろうか。

アメリカに協力して、恩を売るよりも、アメリカが地力低下したこの機会に、アメリカから距離を開けることが必要ではないかと思います。

オバマ大統領は施政方針演説で、新自由主義と決別をすると宣言しました。
日本は新自由主義に大きく舵を切った小泉改革について、総括も何もありません。

小泉元首相を、カリスマから元の奇人変人に堕ろさない限り、日本の再生はありません。

BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」にゲゲゲの鬼太郎の替え歌で、アアアのアホ太郎をみつけました。
アアアのアホ太郎♪改訂版を発表します」です。
興味のある方は、アクセスして視聴して下さい。

軽~い首相に、重い内政や外交をさせるな、国民に重~い漬けが回るから
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。