≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まるこ姫の独り言 阿久根市発、市の職員給与公開は是か非かで、公務員も労働者かどうかという論点で、再びコメントしたものを記事にします。

お上は下々同士を喧嘩させ分断させて、権力の座に安住するという戦略を常に持ちます。
例えば、正社員は派遣社員より優遇されている、正社員の待遇を落とさなければならないとかして、正社員と非正規社員という労働者間の争いを煽ろうとします。
その影で、権力者達は、自分の権力と待遇と富を独占しようとしています。
そういう社会構造が分からない人は、自分よりも少し弱い人を攻撃して、自分が安心するのです。
ウヨクの人達はまさに該当し、お上の戦略に乗って、日教組等を批判しています。
お上にとって、有り難い存在で、利用しやすい相手です。

役人は下々かお上かというと、やはりお上のように思います。
キャリアとノンキャリアでは、差があります。
幹部は完全にお上、ヒラは労働者とお上の正確を併せ持っていますが、最終的には役人益を守る側に付きます。
やはり権力の一部です。
公僕ならば、役人を守るべきですが、現状ではそうではないと思います。

労働者への再配分は小泉改革等で低くなっていて、給料は揚げるべきで、労働者として下げるべきではありません。
しかし、役人はお上である上、首切りのない安全な身分では、現状のサラリーマンの1.5倍ほどの給料は高すぎ、少なくとも国民と同程度以下にすべきと思います。
労働環境は民間への鏡として、整備することは当然です。
民間労働者の給料を上げる政策、労働の再配分を是正する政策を行って、民間が上がってから、役人もあげるというのが本筋だと思います。

より、知らしめべからず、寄らしむべからずの隠蔽体質を改め、徹底的に情報公開させることが、市民目線の公僕(シビルサーバント)への必須条件と思います。
スポンサーサイト


こんばんは 愛てんぐさんへ。
毎回、詳細な記事を拝見させていただき、ありがとうございます。
私のつたない意見は以下のとおりです。
戦後の復興のためには、公務員給与は一流企業の平均額を基準とすることは正義だということまでは否定しない。しかし、成熟した今となっては、政策的に、国内の労働移動を求めるのであれば、その先の介護労働者や派遣労働者、農業で働く人達の給与も加味することを法律で定めるべきではないかと考えます。
(補助金を受けとっている人たちを除くのはいうまでもありません。)
まるこ姫さんが紹介した市長さんの行動は突拍子もないことですが、明かした事実の前に誰が彼をおかしいと批判できるでしょうか?
あおさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
人事院勧告は、公務員給与は一流企業の平均額を暗に想定していると思います。
民間に勤めていたら、当然の給料という感覚と、官尊民卑でおカミは上の意識で、一流企業並みになっているのだろうと思います。
給料を上げないと人材が集まらないと言いますが、そうではないと思います。
こころざしのある人こそ、努力もするしアイデアも浮かぶ、結果的にみれば、能力のある人となると思います。
平均的な国民と同様、生活できれば良いのでないかと思います。
労働の流動性を高めるのであれば、市場に任せば、弱者は必ず買いたたかれることが必至なので、それが無いような条件整備が前提です。
賃金や労働環境、就職差別などの人権を法律で定めるべきと思います。
阿久根市長は問題提起したと思います。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。