≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

流れてくる情報は小沢代表に不利な情報が出てきます。
それによって、自民党時代の映像など、マスコミは小沢代表がクロのようなイメージが感じられる映像を流しています。
しかし、よく考えれば、どれもこれも周辺情報で、クロの決め手となる核心情報ではありません。
また、良く出てくる関係者とは誰なのか、出所が明らかにされていません。
こういう情報を信じるわけにはいきません。

小沢代表は旧自民党時代の反省から、政権を離れて野党に下ってからは、政治資金の出と入りをオープンにしてきており、人一倍政治と金に誰よりも、気を配ってきた政治家です。
そもそも、資金の出所が西松建設と分かっていたら、政党支部の献金にするでしょう。
西松建設へ小沢代表側からの請求書や領収書があるなんて、証拠を残す、そんな間抜けな政治家秘書がこの世の中にいるでしょうか。
秘書が団体からの献金の配分を指定したというのも、そんなあからさまなことをするでしょうか。
小沢代表のために作った団体だった、総額をみれば、小沢代表分の方が少ない、何で小沢代表のために作ったと言える根拠はあるのでしょうか。
西松建設が工事した東北のダムの名を出し、怪しいという印象を持たせていますが、利益誘導したという証拠を示してのものではありません。
検察は、多額イコール口利きと考え、小沢代表は岩手が地盤で利権がありそうなので、その中で最も受注金額が多かったのが例のダムで、そこで証拠探しを必死に探しているように思います。
秘書が影響力があったとかも、だからといってこのケースでそうかというものではありません。
一事が万事、決め手の情報はなく、どうもそうらしいという思わせぶりの報道です。
これは、明らかに検察の情報リークによる世論誘導を感じさせます。

鹿児島の選挙買収事件は警察の完全でっち上げ事件でした。
未納三兄弟の管代表(当時)は年金未納が分かり辞任しましたが。後になって、年金を払わなくても正しかった、未納ではなかったことが分かりました。
今から思えば、未納でないことを知りながら、未納だとしてリーク情報を出し、ほとぼりが冷めてから、未納ではなかったというシナリオで、年金問題を民主党の攻撃からかわすのに成功しました。
今回の小沢代表の秘書逮捕と似通ったものを感じます。

メディアは特ダネ情報を欲しいばかりに、検察のリークを喜んで受け入れる、右から左に情報を報道しています。
特ダネ情報をとれば、新聞が売れる、記者も評価が上がるから、情報源を明かさないという約束の下で、行われるオフレコの情報に食いつくのでしょう。
検察もこの機に世論操作ができ、捜査を有利に運ぶことができ、世論の後押しという、今後の司法の判断にも有利な印象を与えることができます。
お互いウインウインの関係です。
特ダネでなくとも、他者の後れをとることは絶対許されないので、検察の情報は裏をとらずに、垂れ流すのでしょう。
需要と供給の関係から、検察は絶対有利に立ちます。
こういう関係は真実を報道する関係としては著しく不健全です。

検察と報道の関係を対等にし、国民の正しい情報を知る権利を守るには、検察の情報はすべて、記者会見によるものでなければならないと制度改正すべきです。
それができないのであれば、公人である検察は、リーク情報は必ず、情報源の名前を記して報道すべきです。
記者は検察情報に依存せず、足で事件関係者からの情報を入手すべきです。
関係者など、関係者が言ったのか、関係者が言ったのを聞いたのか、関係者の実名を明らかにしない、話の信憑性を疑われる報道は、政治、国民を誤った報道に導くため、止めて貰いたいと思います。
記者クラブなど、マスコミは権力を有するものと馴れ合いの関係は是正しなければ、権力に取り込まれて、利権を貰って為政者の構造の中に組み込まれ協力関係にあっては、民主主義は保たれません。

こういう大騒ぎは、何かを隠そうとしていることが多いです。
何かが隠蔽されていないか、気を配る必要があります。
雇用問題、景気対策、かんぽの宿疑惑、年金問題、道路財源の一般化などが、素通りの状況になっています。
最も、大きいのが今、何故、政治不信???ではないでしょうか。
高級官僚達のクーデターを感じます。

            ****************

今朝のTBSの番組では江川 紹子さんが、リーク情報に警鐘を鳴らしていて、今日は光っていました。

TBSの緊急世論調査で、小沢代表は辞任すべきが圧倒的に多く、総理にしたい人は1位ですが大幅に低下しました。
これは、検察による秘書逮捕と、小沢排除の世論操作に成功したといえます。
しかし、番組では何故か読まれなかった(意図的?)のですが、次の政権(支持政党)は?では、民主党が40%台、自民党は20%台でした。
小沢代表は代えても、政権交代して欲しいという世論でした。
これは、検察による、民主党の支持率低下に成功しなかったといえます。
国民は、自公政権に対して心底から嫌気が差しているのだと思います。
スポンサーサイト


こんにちは、愛てんぐさん

昨日のサンプロは、最近に珍しくとても格調高かったですよ。
元地検検事の、郷原さんという人が解説をしていましたが、公平中立な発言でした。
田中真紀子も、正論を発言していましたが、この郷原さんと言う人は、元検事の立場からの細かい検証をしていました。
今、盛んにリークされている○○関係者からの発言と言うのは、どうも専門家ではなく素人で少し知識のある人間が恣意的に流しているのではと言っていました。

どこのテレビ局も番組作りでは、ほとんど一方的に小沢さんを貶める構成になっていますが、昨日のサンプロは、良識ある番組だと感心しました。
新聞もそうですが、とにかく一方的です。
視覚に訴えるテレビと言う媒体で、確証も無いのに一人の人間を貶めるような番組作りは、反吐が出そうです。
本来なら、弱い立場の人間を攻めるのではなく、権力の座にある人間を攻めてこその報道だと思いますが、今の日本ではそうではないようです。
イラクに行った3人組を自己責任だから、帰りの飛行機代を請求すると言った中川を代表するように、政府もメディアも、弱いものいじめが大好きなようです。
国民もすぐに乗せられるし、自分の頭でちゃんと考えているのだろうか?
国としての品格が問われるとも思います。

まるこ姫さん、こんばんは

サンデープロジェクトがまともだったとは、俄には信じられないほど、政府寄りになったのではないかと思っています。
YouTubeで確認しました。
田原総一朗のコーナーではないので、まともだったのですね。
郷原氏が言うの、虚偽記載は実態のない団体からの寄付ならば、虚偽記載となるが、トンネル団体であっても実態があれば、虚偽記載とはならないというのは納得です。
検察の理由が意味不明だとブログで書きましたが、理解できました。
虚偽記載だけでは、公判維持は難しいように思います。
やはり、あっせん利得がないかを探すための別件逮捕でした。
次は起訴するかの段階です。
証拠不十分でも起訴するかも知れませんが、その時民主党はどうするかが次の段階です。

関係者など、ニュースの読み方というのを、視聴者や読者に知らせる必要がありますね。
そうでないと、考えない人は、何でも鵜呑みにしてしまう人は信じてしまいます。
関係者というのは、もの凄く範囲が広く、違う関係者が出てきて否定もできるし、関係者の身元を明かさなければ、でっち上げることだってできます。

政府やメディアだけでなく、ストレスフルの国民も弱いものイジメが好きなようです。
ストレスフルは自己責任社会、弱肉競争社会を作り出した自民党政治の結果です。

メディアは確証がないのに、関係のない情報を垂れ流して、まるで犯人の如く扱っています。
疑いが晴れたとき、マスコミはどういう態度をとるのでしょうか。
記者クラブなど、政府との癒着はやめるべきです。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。