≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

まるこ姫の独り言 ただ今ネガキャン真っ最中、「済州島買っちまえ」に投稿したコメントを記事にしました。

●小沢発言を悪い方へねじ曲げるマスコミ
小沢発言を、マスコミが事実をねじ曲げて報道していることが分かりました。
対馬での韓国人の土地購入のことについて。
(小沢)日本だって韓国の土地は買えるんだから問題ない。外国の企業だって(日本の)土地が買えるんだから、お互い様だ。日本だって、韓国の(土地が)買える。→(産経新聞)済州島買っちまえ。
石川議員の事情聴取について。
(小沢)選挙の直前でみんなに迷惑かける。→(産経・日経・読売・東京新聞)選挙妨害以外の何ものでもない。
馬鹿な人は信じ込んでしまいます。
本当にマスゴミです。
マスコミは監督官庁が怖い、CM広告の大企業に頭が上がらない、腑抜けです。
株主に外資も多い、金融・マスコミはユダヤ資本が強い、ユダヤ資本は新自由主義と繋がっていきます。
本当に大事にするのは読者であり、真実です。
マスコミに使命は真実を伝えることであって、世論誘導することではありません。
マスコミは腐っています。
既得権益を守りたい、お上の仲良しクラブ体制をぶっ壊すため、政権交代は絶対条件です。


●ゼネコン一斉捜査は証拠無しに焦る検察
検察は利益誘導の仕組みを明らかにすると言って、東北のゼネコンを片っ端から一斉調査するそうです。
西松建設をしらみつぶしに調べて、小沢事務所もすべてガサ入れしました。
真偽は別にして、リークして出てきたのは業者側の集金の情報ばかりです。
肝心の西松建設からのあっせん利得などのリーク情報が全く出てきません。
小沢事務所ガサ入れ資料からあっせん利得などのリーク情報も出てきていません。
西松建設、小沢事務所を徹底的に調べたにも関わらず、入札の予定金額、この工事は西松になどの証拠やその周辺情報さえもリークされていません。
検察は、手当たり次第に捜査しているところをみると、証拠を見つけようと、相当焦っているように思います。


●献金情報はいっぱいだが、利益誘導情報はゼロ
お金を集めたら、企業に利益を与えるようにしていると検察は思っているのでしょう。
与党ならそれは簡単ですが、野党では非常に難しいのが常識です。
それでも、野党に集まるのは絶対おかしい、何かあると思っているのでしょう。
このことは、国民も同様に疑念を抱いています。
それが付け目で、検察やマスゴミは世論調査結果を見ると、現段階では世論誘導に成功しています。
しかし、現段階ではその証拠や関係者の曖昧な周辺情報すらは全く出てきません。
小沢代表の影響力は代表の息の掛かった人が自治体の長で、彼らから入札価格を教えて貰い、西松に伝えるという方法なら、検察に落ちた西松建設から既に情報が出ていて、勝負は決着していて、他のゼネコンに一斉捜査する必要はありません。
自治体の長もよほど関係が深くない限り、そんな危ない橋を渡る人はいないでしょう。
小沢事務所が調整役として、入札業者を割り振りするとしても、入札予定業者に入札価格等の指示があるはずですが、西松建設からはそんな情報は全く出ていません。
これも、入札価格を知っていないと上手く行かないので、危ない橋を渡る自治体の長もいないでしょうし、国交省など影響の及ばないところもいっぱいです。
小沢代表は自信を持って、利益誘導などという関係はないと言い切っています。
恐らく、自民党時代と同様に献金して貰っているが、利益誘導はしていないと思います。
小沢影響力の神話を信じて、落札できたら、利益誘導されたと勝手に思い込み、ずっと続けてきたのだろうと思います。
ゼネコンの寄付は政権交代のため使っているのだろうと思います。


●かんぽの宿、キャノン大分など、自民党の疑惑を隠くすためか
かんぽの宿の疑惑はどうなったのでしょう。
キャノン大分の裏金疑惑はどこに行ってしまったのでしょう。
西松の自民党議員への疑惑解明はいつ着手するのでしょうか。
利権を有し、小沢代表と同様に多額の献金を受ける多くの自民党議員に、これまで通り何もしないのでしょうか。
検察・政府の目的は小沢つぶし、目的を達すれば、自民党には及ばないの言葉通り、急に萎んでいくのだろうと思います。
自民党に絡む事件・疑惑は、小沢秘書の件を騒ぎ立て、一人悪者にすることにより、有耶無耶にされそうです。
スポンサーサイト


愛てんぐ様
初めて、コメントさせて戴きます。
極めて真っ当なご意見を拝見し、溜飲が下がる思いです。
マスコミのリーク情報の垂れ流し以上に、党所属議員のごく一部、
なかには役員にも、報道を追認するかの如き言動がみられるのは
嘆かわしい限りです。任命を受けた恩義より、自己保身へ走る姿は、
哀れとしか言いようがありません。
霞ヶ関改革は想像を超える抵抗にあうでしょうが、
明治維新以来の大改革を成し遂げるためです。抵抗勢力を打ち破り、日本の未来を明るくするため、全力で取組む必要があります。
このままでは、4年前の郵政選挙の愚を繰り返すだけです。
「気弱な地上げ屋」さん、こんばんは
コメントありがとうございます。
明治以来、日本は官尊民卑のお上天国です。
今回の検察による自作自演劇を見ると、百名十年の執念を感じます。
立法、司法、行政の三権分立で三者が均等距離にあると考えている人は、脳みそがないのと一緒です。
誰が頂点かというと、行政です。
行政のトップは内閣ですが、これは飾りで、政策は各省の事務次官会議で決まり、法律の大半は役人が作っています。
阿呆政権はどうしようもない政権、小泉改悪が格差社会を招いて正しくなかったと、自公政権が悪いと気づき始めたました。
しかし、検察のやることを信じています。
検察は司法でなく、法務省内にあり、行政です。
そこのところが、国民は解っていません。
検察は自分たちが日本にとってベターと勝手に考え、それが役人にとってベターにすり替えて、行政(捜査や起訴など)を行っています。
政治家は国民から選ばれて選挙でやめさせられますか、役人は辞めさせることはできません。
検察は政治の介入すべきでないと称して、役人にとって望ましい行政(捜査や起訴など)をしているのです。
これを国策捜査・逮捕と言います。
そこのところを国民は解っていません。

景気拡幅のため、オールジャパンとして、橋下知事や東国原知事などを読んで、彼らの力を借りて、名誉挽回しようと、誰かの入れ知恵で阿呆政権は考えているようです。
自民党と官僚のお上政治の延命に必死です。
国民は大局を見失わず、判断して欲しいものと思います。
こんばんは、愛てんぐさん

やはり、連日の偏向報道は、相当効いていますね。
馬鹿と言っては悪いですが、考える事をしない国民が大多数だと思います。
原口さんでさえ、腰を低くして謝罪していました。
なんで謝罪をする必要があるのでしょうか?
結論が出たわけでもなく、例え起訴されたとしても、推定無罪です。
刑が確定されるまで、罪人にはなりません。
今回の原口議員や、渡辺周議員などの、党首も信じられない発言の数々には、情けないものがあります。
謝罪ではなく、ちゃんと説明する事も必要だと感じます。

金美美齢とか言う、台湾出身の人ですが、あの方は自分は大変強い方です。
どんな苦労も乗り越えられるような聡明な人ですから、覇気の無い人や努力の後が見られないような人は大嫌いなようです。
あの人のように、強い人間ばかりいないという事が分かっていないようです。
だから、派遣は首を切られるほうが悪い、その前に努力しなかったからだとか、小沢さんは、嫌疑をかけられるようなことをしてきた人だと、そして田中、金丸時代の事まで出して来て、古い政治家だといいます。
人は変わるし、変わってはいけないのでしょうか。

しかし、コメンティター、評論家と言う人たちの、あまりに一方的な方向ばかりみての発言は、この国は共産国かと思ったりもします。
大本営発表を素直に信じる発想は、貧弱でもあり、そうでないとこの国では生きられないという事なんでしょうか。
余ほど、市井の名もない人たちの方が的確に政治を見ていると思います。





まるこ姫さん、こんにちは

国民の多くが高級官僚・検察の狙い、マスコミの誘導に乗ってしまっているのは、非常に残念です。
小沢代表がゼネコンから献金を貰い続けていたことに問題があることは確かで、それを官僚・検察は上手く付き、世論に訴えました。
真相は、小沢神話で仕事を貰えると信じたゼネコンが馬鹿だったと思っています。
道路特定財源を一般財源化して、道路予算を一挙に減らそうとしている人に献金するのは通常考えられず、公共工事を減らされる中、わらをもすがる気持ちで小沢神話を信じ続けたと推測します。
前の秘書は自民党に鞍替えし、前の岩手県知事は自民党政権の総務大臣を務めており、既得権益側に寝返っています。
これから読み取れることは、小沢代表が既得権益に頼る政治家から転換したため、二階大臣も含め、部下たちとは袂を分かったと考えるのが自然です。

国民はマスゴミに乗せられ、お金貰っているからやましいことがありそうだから、政治と金に決別すべきで一掃すべきという方向に変わりつつあるように思います。
正しい事実が結果が出るまで、時間が掛かりそうです。
それまで、検察はそれらしい情報を流して攻め続けるでしょう。
反転攻勢のためには、法人団体献金の禁止法案を即刻出すべきです。
小沢代表は透明性を、岡田氏は条件付き禁止を言っていますが、管副代表の言うように全面禁止にすべきです。

出世欲の強さばかり目立つ松下政経塾の中では、原口氏は、好感を持っていましたが、少々残念です。
渡辺議員は日和見的な人のように感じました。

人は変わります。
小泉元首相は直接、公共事業関係の献金を受けた自民党から活動費を貰っていたはずです。
道路族議員など、古い体質の政治家の恩恵に小泉元首相も恩恵に浴していました。
それを自民党をぶっ壊すと言って、恩を仇で返しました。
国民はそのことに気付かず、転向にも気付かず、変わることを無意識に許しています。
小沢代表は古い体質の政治家だったですが、政権から離れた16年、民主党に合流して7年が経ちます。
与党追求で、禊ぎは済んだとは言えませんが、小泉元首相や自民党道路族などよりは、遥かに免罪符を与えても良い存在と思います。

コメンテーターも生活が懸かっています。
テレビへの露出は、後援会の金額や回数にも影響を与えます。
テレビ局のシナリオ通りの発言をするのでしょう。
従って、同じ人が同じことをテレビ局によって、微妙に表現を変えたり、言及箇所を変えたりしています。
内橋克人さんのように信念があって、発言がぶれない批評家は珍しく、寺島さんでさえ、テレビ局に表現を併せています。
テレビに映る人々の殆どが勝ち組、或いは勝ち組になりたい人で、彼らの言うことは真剣みはなく、テレビ局に言わされていると考えておくのが良いでしょう。




この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。