≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

まるこ姫の独り言 大本営発表を素直に信じる不思議な国民性 に書き込みました私のコメントから記事にしました。

マスコミも検察・自民党と一緒になって、小沢代表を辞めさせようとキャンペーンをはっているようです。
まるで、小泉初当選の自民党の総裁選みたいです。
マスコミはお祭り騒ぎをして、政権交代が遠のいても良いから、自民党の政官業の癒着が続いて、国民の利益を損なっても良いから、金儲けしたい言う、情けないマスゴミに成り下がってしまいました。
まるで、ユダヤ証人のようなモラルの無さです。

読売テレビの辛坊アナウンサーの番組で、日本テレビの世論調査では民主党の支持率がかなり落ちていました。
質問の順序や仕方で世論調査はある程度、テレビの世論誘導が可能ですが、やはり、マスコミの情報のあふれる嵐では、国民も信じてしまうだろうという結果になりました。
検察が言うのなら、マスコミがそれほど言うのなら、評論家も言うのだから、煙のないところに火は無いのだからと、何らクロとする証拠はないのに、何となくクロと思わされているようです。

国民は、巨悪は自民党政治にあるのを自覚しているのでしょうか。
大企業や、製造業を重視する政策をすれば、表の政治献金がいっぱい来ます。
あの経団連だって、自民党に29億円献金します。
規制緩和のお礼でしょう。
そのことを考えず、起訴できるかどうか分からない話に乗って、小沢代表一人に政治と金の汚名を着せて、党首を交代させて弱体化させ、支持率を落とし、政権交代を拒もうとしています。
自民党の弱者イジメ、強者への利益誘導という巨悪をほって置いてです。
自民党の巨悪を暴いてから、民主党の小悪を改善させるというのが順序の筈なのに。
国民は馬鹿と言えます。


国民は、事件が明るみに出たのだから先ずは小沢代表で、次は自民党に及ぶと思っているのでしょうか。
国民は阿呆ですね。
自民党の虚偽記載や利得斡旋は、政官の癒着の相手をもともと探す気はなくて、民主党の小沢代表に狙いを定め、探していたのだろうと思います。
目的は小沢つぶしであって、自民党つぶしではありません。
検察に漆間内閣官房副長官が自民党議員の大掃除するゴーサインを出すはずがありません。
官僚と自民党は癒着、抜き差しならない関係、共同正犯なんですから。
小沢代表が辞任すれば、この話は急に萎んでフェードアウトしていくでしょう。
そうなれば、後の祭り、自民党と官僚の癒着政治は、さらに4年も続き、大不況とともに膨大な借金は更に膨らみ、日本は益々沈没していくでしょう。
信頼のない政権下では、日本国民のやる気が萎え、失われた10年がまた始まるのです。
ぞっとします。


この国民の単純さは、やはり民主主義を力で得たものではなく、押しつけられたものから来ると思います。
封建制度の中で、長い年月、抑圧された人々は、権力に対して真摯に向き合わない習い性がでてしまっているからでしょうか。

小沢代表は自民党時代はかなり悪いこともしたかも知れませんが、野党になって16年、民主党に合流して7年、庶民のために貢献してきたと思います。
利権誘導するような印象を与えて、企業からの献金を集め、結果的に、企業を騙したような形(私の推測)になりましたが、今ではその企業献金が、民主党による政権交代のために、大きく貢献しているものと思います。


物事の細部にこだわると全体を見失います。
国民は社会の仕組みを理解した上で、日々起こる事象を冷静に観る必要があると思います。
スポンサーサイト


日本の民主主義を少しでも前進させたいと志向されている同志の皆さま、日本史上最大の疑獄になりそうと国民のほとんどの方が思っておられる「郵政民営化かんぽの宿疑惑」の所謂「出来レース」の証拠が明らかになりました(3/13の衆議院総務委員会参考人質疑 於)。国民にとってこれほど重大な報道が、偏向報道をやりまくる大手新聞社並びにTV局では、皆無と言っていいほど報道されませんでした。私が確認したところでは、3月13日(金)のお昼ごろの時点でこのことを少しでも報道していた新聞社、並びにTV局の中では、朝日新聞の本当に小さな断片的な記事のみでした。そしてその記事もインターネット上のアサヒコムでは、数時間後には消えてしまいました。この国のメディアは、ミサイル好きのどっかの国以上に異常だと思ってしまいました。これが日本と云う国の現実です。

衆議院TVの衆議院総務委員会の録画が観れるアドレスは以下の通りです。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=39610&media_type=wn&lang=j&spkid=425&time=00:53:28.1

権力に弱みを握られているのでしょうか、それともジャーナリストとしての誇りも恥じも外聞もかなぐり捨てて、ひたすら利権のおこぼれをいただこうと思ってでしょうか、とにもかくにも権力の言いなりになっているマスゴミの偏向報道なんかに、日本国の民主主義を少しでも前進させたいと志向されている同志の皆さまは、決して翻弄されないことです。日本の民主主義を前進させるためにも、ここは国民の生活を悲惨にしてきた政権を選挙で抹消することが、何はさておき国民の最大の課題です。民主主義の前進は、それを阻害している勢力(利権貪り放題の政官業マスゴミ)を抹消するという消去法しかありません。国民は、そのことを一にも二にもしっかり認識しておくことだと思いますね。

西松騒ぎの偏向報道でもって、国民生活をグチャグチャにしたコイズミ・タケナカ悪政に対する国民の批判をもみ消そうとしているのが、今の本質だと思います。
それでは、同志の皆さま、衆議院TVの衆議院総務委員会の録画をしっかりご覧になられて、いかにやりたい放題のことをやっているかの現実を知ってください。
名無しさん、こんばんは

かんぽの宿に関する衆院総務委員会の野党質疑の記事、ならびにテレビの放送は見ませんでした。

1時間ほどの国会ビデオを聞きました。
オリックスへの誘導と天下りがセットになり、天下り役人と大企業オリックスが国民の財産を安く仕入れて、金儲けするという構造と思いました。

郵政民営化に代表される、小泉・竹中構造改革の実態はこのことに象徴されています。
自民党の言ってきたカイカクは、大衆の財産を奪って、大企業や特権階級のものにする、要するに格差拡大のツールにしか過ぎません。

マスコミは腐っていますね。
自分たちも特権階級なんでしょう。

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。