≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大久保容疑者の拘留期限が明日に迫って、地検特捜部のリーク情報が朝日新聞は「小沢氏側へ集中献金 西松側政治団体 組織解散直前、500万円」です。

例によって、中頃に地検特捜部の名は1箇所のみで、それは捜査方針の記述だけで、前後の他の情報の出所の記述は全くないというのは、共通した書き方です。

西松建設が作った2政治団体が解散前の06年以降に政治献金したのは小沢側だけで500万円だとしています。
しかし、小沢代表だけだとしながらも、大阪府内の首長にも100万円のパーティ券を購入してます。
06年暮れに2団体が解散し、06年8月で区切ればそうですが、もっと前で区切れば、違うかも知れません。
小沢代表への献金は別格で、西松と小沢代表への結びつきを読者に与えようとしたものであることには気がつきます。
直前はそうですが、2団体の二階大臣などの自民党議員への献金は、小沢代表の民主党議員のそれより、上回っているだろうと思います。
献金額全体で言えば、自民党への結びつきが大きいと言えるでしょう。
西松建設が工事を落札できたら、小沢代表のお陰と勝手に思っていたら、献金もするでしょう。
落札できなかったら、他のゼネコンの番と勝手に思ったのかも知れません。
入札妨害やあっせん利得などの、直接的な情報が全く出てこずに、何となく関係がありそうなことを思わせるリーク情報は、世論誘導を狙ってのものと断定できると言って良いでしょう。
今回の500万円の情報も、収支報告書をとうの昔に分析しているはずのもので、今頃、でてくるのでしょうか。
ネタが尽きてきたので、出しているとしか思えません。

○両元秘書、野党民主党石川議員は事情聴取のリークと与党自民党高橋元議員の事情聴取のリークなしの検察の恣意的な扱いの違い
検察の国策捜査、マスコミの偏向報道を裏付けることが起こりました。
小沢代表の元秘書だった民主党伊藤議員は検察による事情聴取を受けましたが、受ける前にマスコミに事情聴取するというリーク情報が流れ、マスコミは一斉に事情聴取を報道しました。
民主党伊藤議員に対して、国民は良い感情を持たないということは否めません。
普通、国会議員の事情聴取はマスコミに知らせずに、いきなり行うのが常ですが、石川知裕衆院議員の場合は何故か、事前に情報を漏らしました。
小沢代表の秘書は石川議員の前が高橋嘉信氏でした。
民主党合流で小沢氏と袂を別った高橋氏は自民党公認で岩手4区から次の総選挙に出る予定です。
彼についても、同じく元秘書なので事情聴取が行われると噂されていました。
最近の情報では、検察の事情聴取を既に受けていたそうです。
このニュースは殆どの国民が知らないように、マスコミは石川議員のときのように大々的には報道していません。
検察は野党の現役代議士にはリーク情報を流し、政権与党の公認候補にはリーク情報を流さない、与野党での明らかな違い、これは国策捜査の何ものでもありません。
マスコミもそれを分かっていながら、その違いについて、一言も触れていません。これは権力者に弱い、権力者にすり寄る、マスコミの明らかに偏向報道です。


検察にとって都合良い情報をわざと漏洩するのは、世論の操作をしていると非難を受けるもので、健全ではありません。
マスコミに情報を出したいならば、胸を張って堂々と、公開の会見場で行うべきです。
裏で画策する、日本の行政は後進国並みです。
民主主義国家の検察としては、程度がかなり低いと言わざるを得ません。
その情報を垂れ流すマスコミも、民主主義国家のマスコミとして、程度がかなり低いと言わざるを得ません。


asahi.comより、組織解散直前、小沢氏側に500万円 西松ダミー2団体
小沢元秘書の高橋氏、西松事件関与を否定


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。