≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月31日付の朝日新聞の社説を見て、唖然としました。
検察が小沢代表秘書を起訴し、小沢氏が代表続投宣言をした直後に、検察が秘書が容疑を認めたというリーク情報が報道され、それを打ち消す秘書の弁護士がそれはあり得ないと否定してから、検察のリーク情報はぱたっと止まりました。
小沢批判の嵐は収まったのかと思ったら、朝日新聞が「民主党―このまま沈むつもりか」という小沢下ろしのキャンペーンです。

社説では民主党に批判的な世論の嵐で千葉県知事選に民主党候補が大差で敗れた。
国民の不信は、小沢代表の説明が納得いかないこと、小沢下ろしをしない民主党にある。
民主党には政権交代を期待している。
政官業癒着の小沢代表をおろすべきだ。
執行部ができないなら、民主党議員たちが小沢下ろしをすべきだ。
というような内容です。

民主党に批判的な世論は、検察のリーク情報を検証することなく、流し続けたことから、作られた世論誘導でしょう。
そのことに対して、全く触れようとしません。
それは、民主主義国家のジャーナリストの姿勢ではなく、情報統制する中国や北朝鮮と何ら変わりありません。
その自覚がないのでしょうか。

特に「政官業の癒着構造にどっぷり漬かった古い体質をあらわにした小沢氏」と決めつけた表現はジャーナリストにあるまじき表現です。
麻生首相が秘書が逮捕されただけなのに、秘書が違法行為をしたと言いましたが、それと変わらない無知振りを示しています。
自民党が「癒着構造にどっぷり漬かった古い体質」と一般論で言うならば許されますが、小沢代表という特定の国会議員をさして、「癒着構造にどっぷり漬かった古い体質」というには、確固たる証拠や証言が必要です。
ジャーナリストとしての見識が疑われます。

最後には民主党を分裂させようとする直接的な働きかけも許すべきものではありません。

新聞は事実に基づいて報道する事で、国民の信頼を得る事ができます。
それが検察のリーク情報を全く裏をとることなく、疑惑情報として、そのまま流し、それを信じた国民は小沢代表に不信を抱き、小沢辞任に世論が傾きました。
全ての前提は、検察のリーク情報です。
検察のリーク情報は正しいか否か、誰が保障するのか、誰もいません。
マスコミなら分かるはずですが、それは真偽不明のデマと同程度のものです。
実際に検察のリークでは秘書は容疑を認めたという報道がなされましたが、それを聞いた秘書の弁護士は即座に否定したことから、検察リーク情報は正しくありません。
嘘の情報を流し、嘘の情報を信じた国民が、一人の政治家に辞任を迫る、これはまさに民主主義を冒涜するものです。


朝日新聞は、小沢下ろしに精を出すよりも、記者クラブで検察と癒着構造にある関係で、リーク情報を受け取り、裏をとることなく、そのまま国民に流布し、世論を形成した事について、社説で見解を述べるべきです。
こんな真実の情報を流さず、間違った政府に有利な情報を流すマスコミであるならば、マスコミ離れは進むでしょう。
インターネットには様々な情報が流れています。
誤った情報や正しい情報など、様々です。
そのなかで、思考を巡らせて、真偽を確かめ、情報収集する方が、新聞やテレビなどの大手マスコミの政府の公報的な情報よりは、よっぽどマシです。
新聞やテレビなどはみなくなるでしょう。
大手マスコミは、政府や自民党への取材について記者クラブ制度をつくり、弱小マスコミや個人ジャーナリストなどを排し、記者会見などの公式情報を独占してきました。
また、特ダネと称して、政府(今回は検察)や自民党から、情報元を明らかにしない=真実だという責任がとれない、リーク情報を得て、真偽も確かめず、報道してきました。
大手マスコミは、悪しき談合組織である記者クラブを廃止し、癒着を止め、原点に立ち返り、自らの頭と足で情報を手に入れ、証拠と証言に基づく記事を書かなければ、マスコミの使命は終わりです。
政府や自民党と談合して、楽をして情報収集することは、もうやめるべきです。


東京新聞では、毎年エイプリルフール記事を書いて言いましたが、今年は書かないそうです。
理由は嘘のような記事が日々、氾濫しているからと言います。
全く、そのとおりです。
小沢秘書が容疑を認めているなど、嘘の検察のリーク情報は新聞を連日埋め、最近では森田健作氏が千葉県知事選で、自民党支部長にありながら、完全無所属をアピールして当選した事など、検察や現知事の権力者が嘘つきばかりだから、世の中もみだりに乱れ、嘘ばかりです。

以下に、朝日新聞の3月31日付の社説「民主党―このまま沈むつもりか」を掲載します。


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。