≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう 民主党小沢代表は、いずれは引くべきだに書き込んだコメントを記事にします。

政権交代を望む人も、小沢代表は交代すべきと言う人が多いのに驚きます。
検察がリークした小沢疑惑がマスコミの宣伝によって、一人歩きし、小沢疑わしいから党代表に相応しくない、将来の総理に相応しくない、だからやめるべきだという流れができてしまいました。
これは、検察・政府の描いたシナリオ通りで、マスコミも大いに協力しました。
政権交代を望む人も、小沢代表は交代すべきと言う人はこの動きを止む無しとして、受け入れているのだろうと思います。

この流れに大いに疑問があります。
小沢代表が好きか嫌いか、政権交代に必要か否かとは無関係に、検察とマスコミ連携による、今回の小沢下ろしは民主主義を否定するものだと思っています。
検察のリーク情報は真実なのでしょうか。
検察の言う事だから、マスコミの言う事だから信用できるという人が多いでしょう。
それならば、リーク情報を正しいと誰が証明するのでしょうか。
誰も証明できないし、検察が証明できていたら、虚偽記載以外の容疑でも既に立件されている事でしょう。
検察が流した秘書は容疑を認めている情報は、秘書の弁護士が直ぐに否定しましたように、検察のリーク情報は真実ではありません。
検察がリーク情報を流すことは、民主主義の先進国では、認められていません。
民主主義の存在する国では、検察がマスコミに情報を流す場合には、記者会見を開くか、もしくは公人である検察の誰かが言ったと記述するのが常識です。
誰かが分かれば、その誰かが真実を証明できなければなりません。
公人名を記さないと、記事としての信憑性はありません。
もし、公人が名乗れなくて、どうしても記事にしたい場合は、記者が自分の足で歩いて、情報を集めてきて、裏をとってからなら、認められます。
検察の陰謀はある無しに関わらず、リーク情報を、真偽を確かめないというジャーナリストの原則を無視した報道、それによって誘導された世論、これらは全て、嘘から出たまやかしです。
嘘から誘導された小沢辞任が2/3を占める世論も虚像といえます。
民主主義を標榜するものにとって、こんなことは絶対に許されないし、この間違った世論誘導を容認することは民主主義の根底を覆すことを容認したことになります


民主主義の根幹を許してしまう検察のリークとそのまま垂れ流すマスコミが許せません。
今の日本人は仕方がない、しょうがない、と何でも受け入れている感があります。
ロンドンのG20では、どん欲資本主義反対のデモがありましたが、日本ではこのようなことは起こらないでしょう。
おかしい事は引っかかって反対する、それが民主主義を担保する弛まない努力だと思います。
仕方ないで仕方ないでは、民主主義は守れません。

小沢交代を言う人が、検察とマスコミの反民主主義的な行為を容認しているのが分かりません。
こういう一つ一つのやり方に民主主義の原点があるように思います。
それを軽視していては、民主主義は守れないように思います。

こういうことが許されれば、政権与党と官僚は、政敵を狙い撃ちし、いつでも追い落とす事が可能となります。
こういうことを許せば、政権交代は永遠に訪れません。
そういう危機感を持つべきです。

裁判員制度が始まります。
検察がリーク情報を流し、マスコミは何の躊躇もなくそのまま流し、被告に悪い印象を植え付ける事は容易にできるようになるでしょう。
情報はすべて、検察が握り、被告の弁護士は情報弱者となり、検察の情報の嵐に負け、国民は検察の思うとおりになるでしょう。
その中で選ばれる裁判員は、既に先入観を持ち、被告に不利な判決を下す事でしょう。

検察がリーク情報を平然と流れ、それを漫然と流すマスコミ、これが当然の姿と思ってきた我々も、今回の事で目が冷めました。
それは間違っていると気付きました。
こういう悪しき慣習は、一切やめるべきです。


検察の情報リークは、捜査で知り得た情報を非公開で流す事で、公務員の守秘義務違反で違法行為です。
違法行為として、告発すべきと思います。


日本の知識人、ジャーナリスト、こんな事なかれ主義でよいのだろうか、
何でも飲み込んでしまって、認めてしまって良いのだろうか、
そんなことで民主主義を守れるのだろうか、
声を上げないで民主主義が得られるのだろうか、
大いに疑問です。
民主主義はことの結果より、結果に至るまでの決め方や進め方がもの凄く大事です。
こんなことでは、日本の民主主義が根付くのは、まだまだ先のことでしょう。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。