≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日、5月3日は祝日、憲法記念日でした。
「たかじんのそこまで言って委員会」に安倍元首相が出て、9条改正を朗々と喋っていました。
総理大臣を放り投げた人間が、国民に多大な迷惑を掛けておきながら、良くもシャーシャーとテレビに出て、自説を喋れるなあと思いました。
総理大臣経験者は先進国では、議員を卒業して、次のステージで活躍しているのに、日本では平の議員のまま居座り続けていて影響力を行使する、非常に異常に感じます。

2日前、5月1日はメーデー(May Day)でした。
メーデーは労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行なう日、いわゆる労働者の日です。

昔からメーデーと終戦(敗戦)記念日が祝日になっていないのがとても不思議でした。
ウィキペディア(Wikipedia)で、メーデー(5月1日)が祝日人なっている国が多いかどうかを調べてみました。
祝日となっている国が80カ国以上もあるのです。
OECD加盟国で、祝日としていないのは、日本を筆頭に、イギリス、オランダ、スイス、デンマーク、トルコ、韓国の7カ国だけで、他の23カ国は祝日にしています。

勤労感謝の日とダブルので見送られていると言います。
しかし、勤労感謝の日のの11月23日は、戦前の新嘗祭(にいなめさい)をそのまま移行したものです。
新嘗祭はその年の収穫を感謝する天皇家の祭事です。
収穫を感謝するのと勤労を感謝するのとでは、意味が違います。
世界共通の労働者の祝日は認めたがらず、天皇家の違う意味のイベントを国家の祝日にすり替える、日本の有り様は右翼的ですね。

5月1日を祝日をすると、ゴールデンウィークが分断されにくくなり、今年なら30日を休めば、8連休になります。
連休が続くことは消費に結びつくし、労働者の休養になることからも、祝日の方がメリットが充分あると思うのですが。

序でに終戦記念日の8月15日も、戦争を永遠に忘れないためにに祝日とすべきです。
平和の日という名前が適当と思います。
負けたことを認めたくないという、ここでも日本の古い体質が垣間見えます。

他の国民の祝日を調べてみると、天皇家の祭事が祝日になっているのは、勤労感謝の日以外にも、元日(1月1日)が四方節、建国記念の日(2月11日)が紀元節、春分の日が春季皇霊祭、昭和の日(4月29日)は昭和天皇の天長節、海の日は海の記念日、秋分の日が秋季皇霊祭、文化の日(11月3日)は明治節、天皇誕生日(12月23日)は天長節とあり、振り替え休日等を除く祝日14日中の何と9日もあり、2/3近くも占めていたとは驚きです。
天皇家とは無関係なのが、成人の日、憲法記念日、こどもの日、敬老の日、体育の日です。
紀元節四方節天長節明治節は四大節と呼ばれる天皇家の行事で、戦前の天皇制のときに祝日に制定されていました。
紀元節は実在しない神話の初代神武天皇の即位の日、天長節は現天皇の誕生日、明治節は明治天皇の誕生日、四方節は年の最初の日です。
また、皇霊祭は歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋に纏め奉祀した日、海の日の前身の海の記念日は明治天皇が汽船で東北巡幸し横浜港に戻った日です。
元旦を除けば、すべて天皇および皇族に関することばかりです。

戦前の天皇制の体質を今も引き継いでいます。
侵略戦争ではなかったとする意見が自民党議員たちに根強く残り、いつまで経っても、不規則発言を繰り返す日本の体質が分かる気がします。
政府は勿論、主権者たる国民においても、国民主権は形だけ、民主主義の根本を理解しているようには思えません。

国民の祝日は天皇家のためのものではなく、国民のためのものではありません。
天皇家の祭事が祝日の9日のうち、元旦、春分の日、秋分の日は1年のはじめ、季節の変わり目でそれなりに認められるでしょう。
象徴である天皇の誕生日も、国民主権として問題はありますが、国民の象徴として認めても良いでしょう。
しかし、他の5日は、国民主権とは何ら関係がないので、改めるべきです。
過去の天皇誕生日、昭和の日、文化の日(明治節)は今と全く関係はなく、ましてや歴史上存在しない神武天皇の即位の日が建国記念日なんて、持って他です。
明治天皇の船での行幸から海の日も論外で、勤労感謝の日の新嘗祭も筋違いです。
勤労感謝の日はメーデー(5月1日)に変えるべきです。
他の4日は、先に述べた第二次大戦のことをいつまでも忘れないようにするための平和の日(8月15日)と、こどもの日があるならば、母の日(5月第2月曜)と父の日(6月第3月曜)があっても良いのではないでしょうか。

ブログ blog で 情報交換 チャンス到来 メーデー 全世界の心をつなぎ グローバル・パワーで 願いの実現へ に書き込んだコメントを記事にしています。
スポンサーサイト


愛てんぐさん、こんばんは。
仰るとおり、この国の休日の設定はやはり、お上崇拝から一歩も出ないようです。
本当の意味での民主主義が、根付いていない証左ですね。
somethingさん、こんばんは

元日が四方節
建国記念の日が紀元節
春分の日が春季皇霊祭
秋分の日が秋季皇霊祭
いずれも天皇家の祭です。
戦前の天皇制の体質を今も引き継いでいます。
国民主権は形だけ、民主主義の根本を理解していませんね。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。