≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

民主党小沢代表は辞任の意向を党幹部に伝えたと言います。

検察がこれまで立件しなかった収支報告書の虚偽記載という形式犯を、寄付を受けた原資が企業でその名を書かなかったという言いがかりのような要件で逮捕し、検察の誰かを明かにしないという不透明なリーク情報で、容疑事実でない噂レベルの情報を疑惑としてマスコミに流し、マスコミはジャーナリズムの精神を捨てて、その真偽を確かめず、新聞・テレビに報道し、それも立件するまで、検察は連日リーク情報を流し、マスコミは逐一報道するという念の入れようで、視聴者はそれだけ擦り込まれれば、煙のないところに火は立たぬと、信じ込む人が増えて、小沢代表辞任すべしの世論誘導が行われました。
一部の本当の知識人を除いて、多くのオピニオンリーダーは世論誘導を容認し、小沢代表辞任を迫りました。

検察の容疑は収支報告書への虚偽記載だけであって、西松建設や大手ゼネコンへの利益誘導は検察の犯罪を想像させるためのリーク情報であって、何の証拠もなく、疑惑でも何でもありません。
逮捕要件の虚偽記載も拡大解釈に拡大解釈に重ねたものであって、寄付者の原資を問わないのが政治資金規正法であるとの見方から、これまでの事例では犯罪に問うのは難しいというのが通例であったくらい、公判維持さえ難しいと言われています。
多額の献金を受けていたことへの説明は、何らやましいことはしていないで十分で、無いことは説明できないのを説明しろと言うのは、困難なのは当然なのです。
無いことの証明は困難で、あることの証明責任は検察にありとすることは、法律の専門家なら誰しも理解することです。
しかし、マスコミや知識人はまるで、利益誘導以外の話は説明責任を果たしていないと迫ろうとする、魔女狩り、集団リンチのような姿勢でした。
西松から献金を受けていたのは二階大臣をはじめ、自民党の有力議員が多数いるし、小沢代表以上に企業から多額の献金を受けているのも多数います。
また、検察が逮捕要件とした、原資を問う虚偽記載についても、企業から政党支部への献金を、自分の政治資金管理団体へ付け替える、いわゆる迂回献金も全く同じ構造で、起訴すべきもので、迂回献金は自民党議員を中心に多数います。
検察は小沢代表以外は、今のところ全く見向きもせず、リークするらありません。
二階大臣を捜査するかしなか、曖昧な報道が出たきりです。
森田千葉県知事は、自民党支部の企業献金を自分の政治資金管理団体に付け替えていたのは、企業名を書かない虚偽記載に当たるはずなのに、捜査の話も聞きません。
検察という国家権力のリーク情報をマスコミがそのまま流すことは民主主義の先進国ではあり得ない、権力者にマスコミが従う発展途上国の遅れた習慣です。
捜査も勿論、利権の座にあって、巨額の企業献金を貰う圧倒的多数の自民党政治家を捜査せず、政権交代が間もなく行われそうな野党党首の秘書を逮捕するのは明らかに国策捜査です。
国策捜査を許し、政府(検察)とマスコミの癒着の関係を容認し、小沢代表辞任やむなしとする、マスゴミ、知識人の大半、国民の多くは、民主主義とは何たるかを理解していない、政府の宣伝することを鵜呑みにする、愚かな人達といえるでしょう。

民主党党内でも、あからさまに小沢代表辞任を迫る馬鹿どもがいます。
前原副代表を始めとする若手中堅議員たちです。
彼らは、国策捜査を許し、政府(検察)とマスコミの癒着の関係を容認する、民主主義を理解しないグループです。
政権交代は手段であって目標ではなく、民主主義が守られることこそが最大の目標です。
彼らの動きは、民主党の一部に過ぎませんが、彼らはマスゴミと結託し、マスごみは宣伝し、あろうことか当内部から切り崩しに掛かりました。
大連立で読売新聞のナベツネ氏に対して、マスコミが政局に手を突っ込むべきでないとかつて批判したにもかかわらず、今回は小沢代表下ろしをマスコミ自らがやっていたのです。
権力とマスコミに立ち向かうには、国策捜査、政府(検察)とマスコミの癒着の関係を民主党があらゆる場を通じて国民にアピールしなければ、勝ち目はありません。
しかし、民主主義の根本に関わる問題を、党とは切り離し、個人的問題とする考えや、疑惑をどこかで信じる動きがあって、権力とマスコミの糾弾キャンペーンは単発に終わりました。
案の定、政府・マスコミの謀略による大キャンペーンで四面楚歌に近い状態となり、自分が代表では選挙に勝てない、政権交代こそが命の次に大事と言っていた小沢代表は追い込まれ、総選挙の時期を睨んで、辞任止む無しに至りました。

政府・官僚は、小沢代表のいない民主党は怖くない、という狙いで、国策逮捕に踏み切りましたが、此処で功を奏した、思い通りになったといえます。
民主党は小沢代表になったお陰で、戦える党、大人の党、政権担当能力を持てた党へと成長したと、前原副代表を含む民主党の議員の多くがそう思っています。
小沢代表が辞任したことで、自民党は民主党与しやすいと考えているでしょう。
民主党は色んな出身母体からなる烏合の衆の集まりで、小沢代表の単に選挙に強いだけではなく、総合力、統率力で持ってきたようなものです。
小沢代表が退けば、ドングリの背比べ、取り仕切る人物が見あたりません。
岡田氏は大企業の御曹司では国民目線になく、企業団体献金禁止の及び腰では心もとなく、党を引っ張る力に欠けています。
前原副代表は、偽メール事件で大失敗をし、代表としての素質に欠け、右翼的な安全保障については危険人物です。
政治家一家の鳩山幹事長は、代表には向きません。
管副代表も、考え方には同調できますが、自民党と争う代表としては今一歩です。
若手に目を転じれば、野田氏、枝野氏は前原グループに近い存在で、反小沢派では党が持たず、彼ら新自由主義的としたら、論外です。
長妻氏は素晴らしいが、リーダーでなく技術者のような気がするし、原口氏は小沢代表を擁護したことは評価できるが、最初自民党から出たのが引っかかります。

小沢代表は辞任しても、後見人として残り、政権交代から最初の政権まで、目を聞かせていかないと民主党は持たないし、老練な自民党にも対応できません。
小沢代表は、副代表として、影響力を残す方が民主党も力を維持でき、自民党も恐れるでしょう。
党代表は岡田、管、鳩山、各氏では、一新したイメージが弱いです。
党を分裂させるような言動を繰り返した前原、野田、枝野、千石の各氏では、党をまとめることは不可能です。
原口氏、細野氏、長妻氏、馬淵氏など、小沢を支持した人で、新自由主義でなく、欧州の社会民主主義を標榜する人で、オバマ大統領のように、若返りをすることが望ましいと考えます。
小沢民主党逆風のなか、テレビ出演を拒む人が多い中にあって、小沢弁護をした原口氏、細野氏は見所があるように思いました。
欧州先進国のような社会民主的な考えを持つ若手をリーダーとし、そのリーダーを政治的な面で補佐する小沢氏の体制がベストのように思います。
その次の選択として、主客を逆転させ、鳩山代表、小沢副代表で、執行部は原口氏、細野氏などへ、若返りさせる方向が考えられます。
鳩山幹事長は親と選挙区を違えているので、厳密には世襲議員にはなっていません。
管代表代理は社会民主的な考えを持っており、鳩山幹事長より代表として相応しいですが、小沢下ろしに動いて小沢代表と距離があり、挙党一致としては懸念が残ります。
間違っても、反小沢グループが代表の座を奪い、主導権を握れば、民主党はバラバラで空中分解します。


長妻議員のHPで政治理念を読むと、「国民を管理する国家」から、「国民が参加・監視をする国家」へと国のあり方を変えなければ日本の発展は止まってしまいます。には納得、推薦できます。
細野議員のHPの政策・理念で健全なナショナリズムには違和感を覚えます。
馬淵議員のHPでは、あるべき社会像が誰もが挑戦できる社会としていて、具体像が描けていません。
原口議員のHPには、政策理念といった類はありませんでしたが、尊敬するマザーテレサ、ガンジーがあげられ、好感が持てます。
この4者のHPを比べる限りでは、長妻議員が相応しいように思います。

毎日新聞「小沢代表辞任:理由は「政権奪取」、政治的責任には触れず」を以下に掲載します。

▼続きを読む▼

今晩は、愛てんぐさん。
なんでしょうか、まんまと、マスゴミと自公政権に嵌められた、その悔しさは強烈ですね。
ただ、これで小沢さんはフリーハンドを得たと考えるのは間違いでしょうか?
逆にやり易くなるんではないかと、思ったりするのはどうでしょうか。
ま、なんにしても。
自民党のくされ議員やマスゴミの腐敗だけははっきりしたようですね。
それを、どれだけの賢明な、国民が受け取ってくれるかですが。
somethingさん、こんばんは
NHKは街頭インタビューで、小沢辞任が当然という人ばかりの声を流していました。
こういうときに、マスコミの姿勢が出てくるものです。
ふつうのマスコミなら、やめる必要はないを多少入れるのがふつうですが、NHKは政府公報ですね。
多分、鳩山幹事長が代表で、小沢代表が黒子で暗躍するという形が良いと思います。
代表選挙は分裂せずに、鳩山一本で無投票の方がよいと思います。
賢明な国民がいてくれていることを望むばかりです。
無党派層が選挙に行くか、行ってどちらに流れるか、がーポイントですね。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。