≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


首都圏でも新型インフルエンザ患者が見つかりました。
ニューヨークで開かれた模擬国連会議に出席していた女子高生で、参加させた女子校の校長が「子供たちにとって、何にも代え難い経験と思い参加させた。このようなことになってしまい、わたしの不徳の致すところ。みなさんにご迷惑をおかけした、申し訳ありません」と陳謝し、涙を流していました。

<簡易検査をスルー、物々しい水際対策は無力だった>
神戸・大阪での新型インフルエンザは防疫体制をくぐり抜けて発生したものでした。
東京での発生は、インフルエンザの症状があって、機上の簡易検査をした結果、陰性、つまりインフルエンザに罹っていなかったので、そのまま自宅へと帰りました。
インフルエンザの症状があっても、初期ではウイルスが検出されず、簡易検査をすり抜けたのです。
これから分かることは、水際で食い止めることは、殆ど不可能というものです。
ブタ由来のインフルエンザは弱毒型なのに、防護服を着たものものしい防疫対策は国民に、恐怖だけを煽る、謝った印象を与えました。

<被害者をバッシングする異常な日本社会>
自分に責任はなくても、周りに迷惑を掛けたと謝るのが、日本社会の美徳でした。
それで周りは上手く収まり、地域社会は暖かく迎え入れていました。
周りに迷惑を掛けたという姿勢は、社会の潤滑油であり、誰からも尊敬されるものでした。
ところが、現代の日本社会は、下げている頭を上から押さえつけるように変わってしまいました。
小泉改革で、自己責任といったころから、特に酷くなりました。
丁度、イラクで日本人ボランティアが人質になった事件が問題になった頃からです。
大学紛争の頃は、権力者に不満が向かっていったものですが、今では弱いものに不満が行っているのです。

日本社会は狂っています。
世界の常識は、不幸にして罹った、運が悪かっただけと、患者に同情します。
ニカラグアの最初の患者は元気になって、テレビのインタビューに笑顔で答えていました。
日本ではバッシングを受けるので、名前すら出さないで欲しいと訴えています。
被害者を批判するのは大間違いです。
日本社会はどうもおかしい、自分のことしか考えない、他人に思いを馳せない、異常な社会のように思います。

<政府・マスコミを鵜呑みにする国民性>
日本は万全の対策をしていると誇らしげだった舛添大臣でしたが、一気に世界4位の患者数となり、ぎゃふんと言わされました。
真面目で律儀な日本人なので、政府の言うとおり、マスコミの言うとおり、殆ど医者に罹って、ウイルスの型を調べているからだと思います。
世界を同じ基準でみることは出来ないと思います。
他の国はいい加減だったり、貧しくて医療に掛からなかったり、検査せずに治った人が多かったり、様々でしょう。
アメリカは死亡率が0.1%で季節型インフルエンザ並みで、数に挙がっていない感染者を加味すると、死亡率は季節型インフルエンザよりも弱いかも知れません。
恐らく、他の国も実際には、はるかに多くの感染者が出ているのでしょう。
朝日新聞の声の欄に、娘が発熱して発熱相談センターに電話をしたが繋がらず、翌日娘の発熱は治まったが、発熱センターに電話し、診療所に行ったところ、病気が治ったとして、医者は検査してくれなかったといい、せっかく協力しているのに何事だという苦情を投稿していました。
病気が治っているにもかかわらず、発熱相談センターに電話する必要はないでしょう。
恐らく、しつこく言うものだから発熱診療所を照会したのでしょうが、診療所は忙しいのに、自分の子どものことだけでいっぱいで、診療所に迷惑を掛けると考えないのでしょうか。
此処に、日本人の自分で物事を判断できない馬鹿さ加減がでています。
政府やマスコミの言うことをそのまま信用してそのまま行動する国民性が良くでています。

<季節型インフルと同様、自宅療養で対応>
感染症の専門家は重症にならない限り、自宅で直すのがベターと言っていました。
皆が医療機関に行けば、パニックになります。
患者が押しかければ、隔離するベッド数は全く足らないし、一般病棟のベッドへの影響も出ています。
新型インフルエンザに人材をとられれば、他の病気の治療に差し障りが出てくきます。
さらに、病気の人への感染は避けなければならないのに、医療機関の患者に新型インフルエンザを移し、重症者を出す危険性が高まります。
タミフルを頻繁に投与されれば、耐性菌が発生する可能性は高まります。
予防的にタミフルを投与していますが、論外です。
病気の人や妊婦などがいない、健康な家庭では、感染者を隔離して、家族に感染者を出さないことが、ベターではないかと思います。
熱が引いても、2日はウイルスが残っているので、2日は引きこもりが必要だそうです。
病院は重病者のためにとっておき、軽症者は自宅療養すべきです。
八王子の女子高生の罹り方をみると、アメリカではかなり流行っているようです。
それでも、アメリカは日本のような都市機能に支障を来すような規制を掛けていません。
こんな、大騒ぎしている国は他にありません。
先進国では、季節型インフルエンザは医療機関に行かず、自宅で安静にして直すのが主流です。

<強毒型対策マニュアルの運用で、多大な経済的損失>
強毒型のインフルエンザのマニュアルを実行し続けた事は、政府の大きな誤りでした。
新型インフルエンザによる経済損失は、今現在で2兆円、定額給付金と同等だったとシンクタンクが弾いていました。
100年に1度の大不況のなか、よりによって自公政権によって、マイナス成長させました。
関西国際空港の土産物店は 倒産し、有馬温泉は閑古鳥が鳴き、経済活動は停滞し、多大な経済損失が生まれました。
学校の一斉休校で、共働きの家庭では、会社を休まなくてはならないなど、ピンチになっています。
強毒マニュアルで一斉に休校など、神戸と大阪は首都圏のための実験台にされてしまいました。
政府の危機を煽る情報の流し方、マスコミはそれに増長して更に危機を煽り、国民は恐怖心を覚え、弱毒型を強毒型のようにイメージし、自己抑制し、萎縮してしまいました。
政府自公政権は政権交代の危機に、自分たちの存在価値を高めるために、マスコミは、景気後退で広告料が激減する中、それを取り戻すために、インフルエンザの実態を遥かに超えて、必要以上に危機を煽り、国民に不安を植え付けました。

<麻生首相の新型インフルのCMの政治的利用、見ている方が気分が悪い>
麻生首相の政府公報、歪んだしかめっ面のひょっとこ顔を見て、だみ声を聞くと、見ている方が具合が悪く、病気になります。
麻生政権が新型インフルで頑張っているから、総選挙に一票をと言っているのでしょうが。
選挙対策に利用したいがためのの失政で、関西がその犠牲になりました。

<自治体単位の対応を残す馬鹿な厚労省>
厚労省は強毒型対策マニュアルを変更しました。
兵庫や大阪など、流行が進んでいる地域と、東京や埼玉など、流行が始まっていない地域に分けて対応するとしました。
流行している地域は季節型インフルエンザの対応と同様に、学級閉鎖など、局部的対応になります。
流行が進んでいない地域では、これまで大阪や神戸でやっていたような、府内の全学校の休校など、行政単位での対応となっています。
もう既に日本に新型インフルエンザが入っていて、四方八方から感染の可能性があるのに、2つに分ける必要があるのでしょうか。
日本はもう、感染が拡大する時期に入っているのです。
政府は、これまでやってきた行政対応の対策が否定したくないため、2つに線引きをしたのでしょう。
大阪や神戸でやったことをやれば、経済活動は停滞し、風評被害が及び、地域経済が落ち込む二の舞をやることになります。
弱毒型インフルエンザでは、強い規制となる行政対応の対策は必要がないのを、政府は認めたがりません。
馬鹿な自公政権、厚労省、もういい加減にして下さい。

まるこ姫の独り言 発症しただけで申し訳ないと涙まで流す校長 、と生きているしるし 新型インフルエンザ、奈良の休んでいた1,117人は陰性で新型インフルエンザではなかった、対策を季節性と同様にしないと経済的に全滅だ、カナダde日本語 インフルエンザA型(H1N1)の日本の感染者数が世界第4位に へのコメントから記事にしています。

参考資料として、MSN産経ニュースの「【新型インフル】「ご迷惑おかけしました」洗足学園高校長会見」、日刊現代の「新型インフルエンザ拡大 経済損失2兆円」を下記に掲載します。

▼続きを読む▼

こんばんは。
テレビ局の取材陣も、CMや広告収入の激減で生き残りをかけた取材合戦が起きているようですね。
彼らだけを責めるのは難しい面もあるようですが、首脳陣に言いたいことがあります。
「リポーターや取材陣が感染者となったらある期間、放送を取りやめる覚悟はありますか?」ということです。
言っても無駄かもしれませんが、このような声を出すことは大切だと思います。
あおきんさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
広告収入が落ちているからと言って、危機を煽って、視聴率を稼ぐというのは如何なものかと思います。
正しい情報を的確に流すことが必要です。
今は100年に1度の大不況と言われる中、新型インフルエンザばかり報道すべきではありません。
緊急経済対策の中味、雇用問題など、知りたい情報はいっぱいあります。
新型インフルエンザだけをみたい人ばかりではないと思います。
一人や二人では、何とか応援を入れてやるでしょうが、車内感染者が増えてくると、放送をとりやめるかどうか、やっぱり弱毒背のインフルエンザでは、放送を取りやめることはしないかなと思います。
強毒型の鳥インフルエンザでは、放送取りやめ、都市機能は停止するでしょうね。

こんばんは~愛てんぐさん

日本政府はパニックに陥っていましたね。
もう、映画を見ているような物々しい豪語服姿で、感染疑いだけの人を、
それもまわりにいる人まで何時間も拘束して、何の効果があったのでしょう。
メキシコ、カナダ、アメリカからの便に限定して検疫をやっても潜伏期間が
あったり、ヨーロッパからの便はスルーですから、意味ありませんよね。
本当に素人でも分かる真理を、分からない政府の対応は?
外国からも笑われているのではありませんか?

政府もメディアも連日あおりに煽るものだから、馬鹿な国民はすっかり
浮き足立って、関西地区はすっかりマスク姿の人ばかり。
あれってマスクをしてないと非国民のように言われるからと言うのもあるそうですね。
この国の国民は、小沢秘書事件でも分かるように何も考えていないのですね。
自分の頭で考える事をしないか、放棄してしまっています。
報道された事を素直に信じて、なりたくてなったわけでもない
感染者に誹謗中傷する始末です。
人の力ではどうしようもない。不可抗力な事例を責めても
何の解決法にもなりません。
なんでこんな簡単なことが分からないのか。
むしろ、被害者なんですから。

役人も、全く想像力が欠如しています。
強毒性のマニュアルを、今のインフルエンザに適用しても無理があるという事にも気付かない。
頭はなるほど良いかも知れませんが、柔軟な思考がまったくありません。
政府も、官僚も、メディアも、ひどすぎます。
麻生首相もCMで流す必要は全くありませんし、舛添大臣も感染疑いだけでなんで、
深夜に緊急会見をするのか。
すればするほど、人々を恐怖に陥れているだけです。
ある意味、今回の騒動は人災かも知れませんね。



まるこ姫さん、こんばんは
コメントありがとうございます。

水際で防ぐには、流行している国は勿論、あらゆる国外の渡航者を1週間留め置いて、発症するか見極めてから、入国するならば、新型インフルエンザの上陸を阻止できます。
さも政府は、水際で阻止できるかのような姿勢で、行動していました。
それも、さも防疫服を着て、極めて怖いウイルスのような印象を与えました。
豚インフルエンザは遺伝子の型から弱毒性であることが発生以前からの常識でした。
政府は正確な情報を国民に絶えず、ただただ危機だけを煽りました。
新型インフルエンザは弱毒型であること、水際作戦ではウイルスの侵入を防ぐのは多少効果があっても所詮無理であることなどを。
政府のやることは絶対だ、官僚・政治家はお上であり、間違えることはないのだ、というお上意識が硬直した姿勢で、事実を誠実に公表することを妨げました。
だから、状況が変わっても、自らの判断が間違っていたことを認めることは絶対にできず、フレキシブルに物事に対応できませんでした。
大阪府や神戸市が強毒型の強制力の強いやり方では都市機能はマヒし、経済にも多大な影響が出るから、規制を弱めて欲しいと泣き疲れて、ようやく方向転換しました。

日本の政治・行政がお上意識であることが。あらゆる点で非効率であり、無駄がいっぱいであり、国民が歓迎しないことばかり、国民ニーズに合致しなくなっています。
今回の場合は、自公政権が政権交代の危機を迎えているため、余計に自らの必要性を誇示するため、大仰な対策を振る舞いました。

国民は民主主義を理解していません。
国があるから国民があると考えています。
個人があるから、国ができているのが民主主義なのですが。
だから、国民は国の意見に従おうとするのです。
民主主義では自分の考えを持つことが最小限の単位で、その統合が国家です。
周りの意見を聞いて、自分の意見を決めるのではなく、自分のあり方として、自分の考えを持つのです。

あのCMは間違っています。
発熱相談センターに電話してくれと言っていますが、大阪と兵庫など感染拡大している地域は、一般診療施設への診療を認めています。
間違ったメッセージを流さないようにして欲しいです。

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。