≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鳩山総務相が自民党内を分裂させる動きには大賛成です。
新自由主義の見直しか継承かを突きつけており、麻生首相はダッチロールを繰り返しています。
麻生首相は、ようやく鳩山総称を事実上、更迭しました。
麻生首相が西川続投か否かを早く言えば、もっと早く決着したものを。
更迭したから、西川社長続投なんだろうと思いますが、それでも西川社長続投を言葉にしていません。
政治判断できないようでは、リーダーシップの欠けらもありません。

このニュースを聞いて、麻生政権は瓦解が始まったと思います。
中川蔵相や中山国交相、鴻池副官房長官は個人的資質の問題で、鳩山総務相の場合とは全く違います。
国民の資産を特定の大手不動産会社に叩き売りした罪は大きいです。
間違っていなければ、オリックスを白紙にすることはなく、白紙にしたということは不正を認めたことになります。
340兆円の貯金もどうなっているか分かりません。
アメリカの会社が運用しているかも知れません。

西川社長は民間会社の社長です。
鳩山総務相は内閣の一員で、盟友です。
どちらが大事か、勿論、鳩山総務相であって、首を切るなら、西川社長が当たり前です。
他の人で民営化を進めればよいのです。

西川社長は郵政民営化だけでなく、小泉構造改革、新自由主義のシンボル的存在です。
西川社長を切らなかったということは、新自由主義と決別できなかったことを意味します。
骨太の方針で、2200億円減額するのを維持したのと同様に、麻生首相は郵政民営化は実は反対だったと告白しましたが、またもやぶれてしまいました。
新自由主義を見直すのか、継承するのか、ぶれにぶれています。
新自由主義と決別できないことを宣言した形で、選挙は更に戦えなくなったと思います。

自分の内閣より、経団連を選択したと言うことで、経団連の方が自分の内閣より上、自分より上を意味します。
小泉元首相が常にアメリカの言うことにイエスマンで、アメリカのぽちだったように、田中元外相を切ったというのも、官僚が上ということでしょう。

これでまた選挙は遠のき、任期いっぱいになりそうです。
都議選で自公候補が負ければ、麻生おろしが始まる可能性があります。
麻生おろしが始まらないように、都議選の応援に麻生首相は必死です。

なお。まるこ姫の独り言 喧嘩両成敗とも言われていたが、結局は鳩山辞任 へのコメントを記事にしました。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。