≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


西松建設の国沢前社長などに対する政治資金規正法に関する裁判が東京地裁で始まり、異例の即日結審となりました。
会社の再生を図りたい西松建設は、早期に決着を付けたいとして、検察のイエスマンとなっているように見受けられました。
もっと、異例だったのは検察の冒頭陳述でした。
西松の姿勢をみると、検察の言いなりになって、証言した可能性も捨てきれません。

西松側の発言だけで、天の声などの悪質性を証明するのは不可能です。
証明が可能なら、指名競争入札妨害罪や斡旋利得罪などで、立件されているはずです。
さらに、鹿島が談合のしきり役だとすれば、それを証明するためにも、談合組織を摘発すべきでしょう。
そして、落札するには予定価格を知っていなければ落札できないので、価格を知らせる役人の協力が必要ですが、そのことが全く述べられていません。
政治資金規正法違反を裁くのに、悪質性の論拠として冒頭陳述した天の声や談合疑惑は、判事行為です。
形式犯であるものを敢えて起訴とした地検の根拠が悪質性で、その悪質性は犯罪行為です。
つまり、天の声や談合疑惑を判事行為として立証しない限り、規制法違反の悪質性は問えず、起訴は不当となります。

不正献金は何も小沢代表だけに限ったことではなく、総額では自民党議員の方がはるかに多く、背景として冒頭陳述に必要というならば、自民党議員たちに関するコメントが小沢前代表以上に必要でしょう。
わざわざ、冒頭陳述で小沢前代表の件だけを入れているのは、小沢代表下ろし、民主党ネガティブキャンペーンの何ものでもありません。
冒頭陳述が事実かどうか調べられることもなく、裁判はその日1日で終わりました。
結局、検察による一方的な小沢=天の声をアピールする場に使われました。
小沢=天の声は何ら証拠のない、西松側の思い込みが宣伝されました。

普通、出す方と貰う方を一緒に裁判する方が明らかに整合性が高まり、事実認定をしやすいのに、別々にしているというのは、腑に落ちません。
西松側は反論しないから、小沢下ろしをPRに使おう、という地検の考えのように思います。

斡旋利得罪や競争入札妨害罪などが、立証できない限り、検察は勝てないように思います。
現在、小沢前代表の秘書を再逮捕、再起訴できていない現状を見ると、秘書は無罪となる公算が強いと思います。

天の声と冒述で述べる東京地検、そのまま書くマスコミ、非科学的で情緒的な言葉を裁判や新聞紙面で、違和感を感じずに使うこれらの人達の常識を疑います。
天の声と訳の分からない抽象的・文学的表現を裁判で使うべきではなく、具体的な仕組みを証明してからでないと、裁判を侮辱したことになります。
違和感を感じない検察や、マスコミの能力が退化していると言えるでしょう。

朝日新聞の社説読むと、小沢代表辞任までの小沢下ろしに熱心だったことと比べ、明らかにトーンダウンしています。
政権交代の流れが現実にありつつある中、いたずらに民主党のみを攻撃することには良心が働いたのか、自民党とのバランスを欠くことに気付いたのか、流れは変わってきました。

自民党の菅選対副委員長が、国会審議の場に小沢氏を参考人として招致すべきだと言っていました。
自民党の攻めドコロは此処しかないという感じです。
麻生首相が鳩山前総務相を更迭する前日に菅氏と安倍元首相に会っていたといいます。
菅氏のやり方をみると、麻生首相を翻意させたのは、小泉・竹中の命を受けた、この人のようです。
権力にいることだけが自民党の接着剤、自民党は断末魔に差し掛かり、どんな汚いやり方、脅しでも平気、死にものぐるいで抵抗しています。

私は小沢元代表を擁護しているのではなく、法や民主主義がきちんと公正に守られているかがとても重要と考えています。
政権交代を達成するためには、小沢代表代行の力は必要ですが、政権交代後は徐々にその役割は低下していくのではと思います。
政権交代して、改革が軌道に乗っていけば、若手主体にして、国民主権の政治へと邁進して欲しいものだと思っています。
その為にも、国民目線でものがみられるように、企業・団体献金の禁止を3年後とは言わず、一刻も早く禁止して、国民政党として、歩んで欲しいと思います。

まるこ姫の独り言 検察の「天の声」は選挙妨害ではないか へのコメントから記事にしています。

参考資料として、朝日新聞社説『西松事件裁判―「天の声」はここだけか』、産経新聞『【西松事件公判】小沢氏秘書の弁護人が「狙い撃ちは明らか」と大反論』、朝日新聞『争わぬ西松、一日結審 会社再生優先 違法献金事件』、毎日新聞『西松建設献金事件:検察側冒頭陳述(要旨)』を転載しておきます。


▼続きを読む▼

今晩は、愛てんぐさん。
昨日、拙ブログでもこの記事をアップしました。
仰るように、東京地検が冒陳で言ったような認識であるなら、入札妨害や、贈収賄とか斡旋利得等の罪で立件すれば良いだけです。
ただし証拠も何もなく、公判維持すらできないと思われますが(笑)
冒陳で一方的に「天の声」などと言い、あたかも談合汚職が小沢氏側のみに、あったかのごとき印象を与えようとしている、としか思えません。
であるなら、西松から自民党にも流れた金は、談合に利用されなかったのか、という大きな矛盾に晒されます。
まあ、国民を馬鹿にしすぎですね。
私みたいな普通のオヤジでも判るこんな茶番劇。見たくもありませんね。
天の声で、小沢副代表を国会に参考人召致したらどんな内容を質問するのだろう。
小沢事務所の事は、小沢さんが一番よく知っているだろうから、天の声の主が誰だったのか意外な人物の名が挙がる可能性もあるかも?
だって、野党の議員に談合で協力する国土交通省の役員って本当に実在するの?
天の声の主は与党議員である可能性が大。
西松建設元社長は効果なかったから止めたとの報道も以前にはされていた。
地検が起訴事実と関係のないことへの異常な執着は、この捜査が国策捜査、民主党へのネガティブキャンペーンだと自ら証言しているのと同じ。
自民党も、痴犬も、救いようがないほど劣化していることを国民に証明しているだけ。
現実の効果は、自民党へのネガティブキャンペーンになっているのに気がつかないのだろうか???
もう、こんなに酷いテレビ・新聞を信じる物はいないよ。
自民党の菅スガさんは、政権交代すると、郵政資産を1円売却した不正がバレバレで一番困る人。
必至なんだね。
タケナカさんが後任の総務大臣に指名したほどのバイコク・バイミン派の後継者だものね。
somethingさん、こんにちは
西松建設のダミー団体の政治献金は、小沢前代表は一部であった、総額では自民党議員たちの方が圧倒的に多いです。
冒陳でダミー団体の献金の背景を説明するあらば、自民党議員や地方の首長なども、入れるべきでしょう。
そうでないと、西松の正確な意図が判断できません。
このことからもネガティブキャンペーンであることに見えてしまうことに、東京地検は気付いていません。
微罪事件の起訴の条件がより重罪事件の疑惑とは。
それなら、重罪事件を立証すべきでしょう。
普通の親父でも、大きな矛盾に気付きます。
scottiさん、コメントありがとうございます。

指名競争入札で落札しようとすれば、談合で一番安い札を落札業者に決めて行いますが、入札金額が低すぎれば、損をすることになり、高すぎれば落ちません。
やはり、入札予定価格を知って、100%近い価格で落とさないと、メリットがありません。
それには予定価格を教える国交省などの官僚の協力が必要です。
小沢前代表は野党議員であり、影響力は行使できません。

ダミー団体を使って不正献金をしたという事件です。
何故そうしたかを検察は言いたいのでしょうが、小沢前代表の分は全体でみれば、少額です。
西松の不正献金を知るためには、自民党議員のケースを明らかにしないと、背景を説明する意味はありません。
それなら、理由はともあれ、ダミー団体を作って、政治家個人に寄付したということだけで十分でしょう。

全国紙がこれほど売れる国はなく、テレビのチャンネルも5系列しかありません。
新聞やテレビに国民は完全に情報を縛られています。
ネットはそれに風穴を開け、多様な情報が入るようになり、マシになっていているように思います。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。