≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


商品先物取引会社「オリエント貿易」などのグループ5社が作ったダミーの政治団体を通じて、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と渡辺喜美元行政改革担当相の資金管理団体に寄付していることが、毎日新聞の調べで分かりました。
グループ5社の献金は、社員からの給与の天引きが原資でした。
ダミー団体の「政経政策研究会」から、与謝野氏の資金管理団体「駿山会」に92~05年に年250万~650万円、合計5530万円、渡辺氏の資金管理団体「温故知新の会」も95~05年、年100万~600万円、合計3540万円を献金していました。
与謝野氏は98~99年、先物取引を監督指導する通産相の在任期間で丁度、「政経政策研究会」からの献金を受けていました。
一方、渡辺氏は担当大臣だったのは07~08年で寄付を受けていない時期ですが、後援団体の指定を続けていました。

与謝野大臣は、「先方から、商品取引に関する法律・行政上の陳情を受けていない。政治資金規正法上、形式的にも実質的にも問題はないと思っている」と述べ、問題としました。
渡辺氏は、「先方がどういう形でお金を集めたかは、詳しく聞いていない。おやじの代からの付き合いなので、個人献金をもとに浄財を集めている政治団体だという認識だった」と同じく、問題なしとしました。

○迂回献金の図式は西松建設の場合と同じ
西松建設が社員の給料の一部を天引きし、OBがつくる政治団体に寄付し、民主党の小沢前代表や、二階大臣を始めとする多数の自民党議員、地方の首長などに献金していたのとよく似ています。
オリエント貿易グループが、社員(課長クラス以上)の給料の一部を天引きし、グループの代表がつくるダミー団体に寄付をし、与謝野大臣と渡辺氏に献金を毎年行っていました。
全く、同じやり方です。

○与党、特に担当大臣の場合は、利益誘導の疑いあり
しかし、大きく違うのが、小沢代表は野党であって、職務権限はないのに対し、与謝野大臣と渡辺氏は行政に影響力の強い与党であり、特に与謝野大臣は、オリエント貿易の監督官庁の大臣でした。
見返りがないのに、5000万円、3000万円も企業が政治家に寄付するでしょうか。
それも個人献金に見せかけて。
相手は先物取引の監督官庁に圧力の掛けられる政権与党議員、特に与謝野議員は監督官庁の大臣だったときもあり、利益誘導の機会はいっぱいあったでしょう。

○与謝野・渡辺氏は説明責任果たさず
与謝野大臣と渡辺氏は政治資金規正法に則り行っているとし、疑惑の説明はしていません。
小沢代表を含め、二階大臣や自民党議員も同様です。
何故、小沢代表だけ、説明責任が問われなければいけないのでしょうか。

○地検特捜部は自民党議員を捜査する気無し
検察の捜査情報がリークされたと思いきや、このニュースは毎日新聞がオリエント貿易の関係者を取材して、スクープしたものです。
東京地検特捜部が、与謝野大臣や渡辺氏の政治資金収支報告書を丹念に調べ、きちんと捜査すれば、得られる疑惑ではないでしょうか。
何十年も政権与党にあった自民党議員には、こういう迂回献金がごまんとあるのではないでしょうか。
このニュースを聞いて思ったのは、新聞社ができることすら特捜部はしていません。
検察は自民党政治家の政治献金について捜査していないのではないかとい思います。


参考資料として、毎日新聞『迂回献金:先物会社が与謝野氏、渡辺喜氏に ダミー通じ』、朝日新聞『与謝野氏に迂回献金報道 「法的に問題ない」と説明』を以下に掲載しておきます。

▼続きを読む▼

今晩は、愛てんぐさん。
これは毎日のスクープみたいですが、結局「自民党には及ばない」のでしょうか。
これからの動きに注視ですね。

業務連絡;すみません。自主規制しました。勝手なことをしてお許し下さい。
somethingさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
これまでも及ばなかったように、これからも自民党には及ばないでしょう。
自主規制OKですよ。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。