≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

学者や経済人らでつくる「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)主催の政権実績検証大会で、自公両党の05年衆院選(小泉郵政選挙)マニフェストをもとに、9団体が「政権運営実績」と「政策実績」を各団体独自の基準に基づき100点満点で評価しました。

9団体は以下の通りです。
経済同友会】企業経営者が個人参加する経済団体
日本青年会議所】若手経営者らによる社団法人
日本労働組合総連合会】通称、連合、日本最大の労働組合団体。民主党と友好関係
PHP総研】故・松下幸之助氏が創設したPHP研究所の営利系シンクタンク
日本総研】三井住友系の営利系シンクタンク
構想日本】無駄削減のための「事業仕分け」などを提唱する非営利系のシンクタンク
チーム・ポリシーウォッチ】竹中平蔵元経済財政相ら「小泉改革」ブレーンらで構成する専門家集団
言論NPO】北川正恭・元三重県知事らが参加する非営利法人
全国知事会】都道府県の知事でつくる組織

PK2009080302100035_size0.jpg

TKY200908020190.jpg

●自公政権は誰が見ても落第点
9団体ともに、及第点となる60点に到達せず、落第点だと言っています。
誰が見ても、今の国民生活をみると、及第点はあげられないのは当然です。
100年に一度の大不況が到来したとはいえ、小泉構造改革の規制緩和で、雇用・福祉・医療のセーフティネットを脆弱化させたため、非正規雇用を直撃し、ひとたまりもなく、先進国でも突出したマイナス成長になりました。
小泉構造改革で全てが良くなるとしましたが、競争力のある輸出依存の大企業は優遇される一方、圧倒低多数の国民の生活は成長戦略の恩恵に預かるどころか、200万円以下の収入の人が1/3に達するのは、地方や中産階級の没落は目を覆う程になりました。
参議院では小泉構造改革の結果が逆風となり、選挙を経ずに、民主党の政策にすり寄るにクリンチする福田政権、財政再建を諦めバラマキによって人気回復を願った麻生政権が、国民の視認を得ないまま、交代しました。
福田政権以後は小泉構造改革、新自由主義、市場経済至上主義には、事実上、相反することも行ってきましたが、小泉政権の幹部という呪縛から逃げられず、小泉改革との決別も表明しないまま、どっちつかずでずるずる任期まで経過しました。

●採点の違いが自民党との利益癒着の距離
政策実績の評価を高い順に並べてみます。
1.PHP総研58点
2.全国知事会56点、
3.経済同友会・構想日本50点、
5.青年会議所46点、
6.ポリシーウォッチ45点、
7.言論NPO41点、
8.日本総研38点、
9.連合30点、
いずれも、60点以下の欠点ですが、上下で倍近い差があります。
政権与党と関係の深い団体があり、正当な評価は言えず、むしろ、政府との癒着関係を示すデータではないかと思います。
高い方が自民党と癒着があり、低い方が少ないと言えます。
知事たち、経済団体が高く、労働団体、NPOが低いです。
シンクタンクでは松下(現パナソニック)のPHP、官僚が立ち上げた構想日本が高く、三井住友系の日本総研、小泉改革を途中から否定された竹中平蔵率いるポリシーウォッチが低かったです。
連合、日本総研、言論NPOの30~40点というのが妥当なところでしょう。

●知事会はお上目線で政府に甘い
自民党のスポンサーである経済団体が高いのは分かりますが、知事会が高いというのは、彼らも上から目線であることの証明です。
知事会は自公政権と争っているように見せていますが、住民を支配する為政者としては同じ立場で、甘いのでしょう。
知事会の言う地方分権もこの甘口の採点では、信用できません。

●評価団体は政府と距離を置く団体がすべき
これはこれで、政府との距離関係を見極める目安になりますが、知らない人は単純に信じ込んでしまいます。
経済団体や政府と取引関係にあるシンクタンクなどを除外し、労働団体やNGO,NPOなど、政府と距離を置いた人達によって、評価されるべきです。
そうすれば、できる限り客観的な見方ができるでしょう。

●マニフェストの達成度として評価すべき
知事会は国と地方の関係ばかりで、偏りすぎ、評価指標もそれぞれ異なっていて、曖昧です。
抽象的な「政権運営実績」と「政策実績」より、マニフェストが登場しているのですから、もっと具体性のあるマニフェストで到達度を検証すべきです。
小泉郵政マニフェストは、マニフェストの体をなしていないので、点数を付けるなら、限りなくゼロ点に近いでしょう。

●大甘の自己採点する自民党?!
普通、評価をするのは自分ではなく、他人です。
それを何と、自己採点したのが、細田幹事長で、自分に厳しくではなく、自分に甘いのですから、始末が悪いです。
細田幹事長は景気対策に氷解して70点と自己採点していましたが、幹事長職を守り、自民党を守るためなら、国民に対して、白を黒と平気で言う人ですね。
あの阿呆首相に、首になり掛かった人ですから。

記事に考えていたら、まるこ姫の独り言 自画自賛の自民党政権実績、辛口検証されっちゃた(笑) が出て、それへのコメントをしましたので、記事に替えました。

参考に朝日新聞の『自公政権4年に「及第点」与えず 9団体が実績評価』、日経新聞の『自公政権は「40点」 9団体が検証、細田幹事長は「70点」』を掲載します。

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。