FC2ブログ
≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

まるこ姫の独り言 温室ガス25%減、外国では賞賛、日本では懐疑的へのコメントをベースに記事にしました。

国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)に出席した鳩山首相は、日本の温暖化ガスの中期目標について「2020年までに1990年比で言えば25%削減を目指す」と表明しました。
途上国や新興国の温暖化対策を後押しするため、日本の省エネ技術や資金を提供し、その効果を検証する「鳩山イニシアチブ」構想も提唱した。
但し、温暖化ガスの主要排出国が枠組みに参加することを前提としました。

「2020年までに1990年比で言えば25%削減を目指す」という下りでは、会場から拍手がわき起こり、後で演説したフランスのサルコジ大統領は、日本のやる気を絶賛しました。
日本の積極的な取り組みに対して、鳩山首相への握手を求める各国の首脳が相次ぎました。
演説は外務省の官僚に頼らず、首相自ら作成、自らの考えを発表したもので、これまでの自民党で起こりえない革命的な出来事だそうです。
外務省の振り付けに従った麻生前首相が世界の国々に相手にされなかったのに比べ、鳩山首相への各国の対応は雲泥の差であり、政権交代して良かったと実感しました。
鳩山外交との鮮烈な違いで、外務省官僚が主導してきたアメリカ追随外交は主張もなく、特色もなく、石橋を叩いて渡ってきたか、金のばらまきに依存してきたか、ということが、よく理解できました。

地球温暖化は待った無しです。
温暖化防止は経済にマイナスとは言って対策を渋っていると、地球の暖化が進めば、その弊害による損失は甚大で、取り返しのつかない事態になってしまいます。
目先の不利益ばかりを言って、温暖化防止対策を積極的に講じないと、そのしっぺ返しは不利益どころでは済まず、経済に大打撃を与えるということを真摯に受け止めなくてはなりません。
温暖化防止はした方がよいとか、経済に影響のないレベルでするとか悠長なことを言っている段階ではなく、温暖化防止を必死でしなければならないのです。

温室効果ガスを減らしても、蓄積は留まらずに、温暖化は進み、温室効果ガス排出ゼロでようやく留まるのですが、それでも気温が下がるわけではないのです。
昨年のラクイラ・サミットでは、基準年を明らかにせず、2050年に世界全体で温室効果ガスを50%以上、先進国は80%以上削減することを採択しました。
後40年で80%、10年平均で20%ですが、基準年を1990年とすると、現在は1990年より温室効果ガスは増えており、10年平均で20%を超える削減をしなければならず、11年先の2020年で25%削減が妥当な目標であることが分かります。


日本は資源のない国です。
殆どの資源、エネルギーを輸入して、加工して、付加価値を付けて輸出して、経済発展した国です。
エネルギーの自給率は20%、原子力発電の燃料のウランを輸入扱いすると4%に過ぎず、日本に自前のエネルギーは殆どなく、海外の天然ガス、石油、石炭などの化石燃料に依存してます。
日本に豊富にあるのは人材だけです。
また、日本人は、ものづくりが大得意です。
海外からの輸入エネルギーを減らし、日本人の知恵と創造力で自前の自然エネルギーを開発することは、日本にピッタリです。
温室効果ガス25%削減、これほど日本の個性に合った目標は無いのではないでしょうか。


麻生政権では、民主案の25%削減ならば、1世帯当たり36万円の負担増となる試算を経産省が行いましたが、これを鵜呑みにする国民は減っただろうと思います。
削減の分野ごとの分担でも、産業界は負担を小さく、家庭を大きくしています。
自民党長期政権では、政府が出す情報は客観的なものではなく、政府が進めたい政策を裏付けるための恣意的な資料と言えると思います。
特に、麻生政権末期の資料は、政権交代を阻止したいがための資料の可能性は大きいです。
エネルギー産業、エコ産業など、エコ革命が起こり。新たな21世紀型の産業構造へと転換し、新たな経済発展が見込めるはずで、現状の経済の観点から引き算する考え方そのものが間違っています。
その顕著な例が、負担増と言う表現です。
車や家電を買ったりするのが、便利になった、豊かになったとは言いますが、マイナスをイメージする負担増とは絶対に言いません。
むしろ地球環境に貢献した、世界に貢献したというのが正しい表現ではないでしょうか。
仮に彼らの言う負担増を惜しんだがため、温暖化による未曽有の損失を被れば、元も子もありません。


参考として、『国連気候変動首脳会合における鳩山総理大臣演説』の全文を以下に掲載します。

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。