≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2016年オリンピック招致合戦で東京は敗北しました。
勝ったのは下馬評通り、ブラジルのリオデジャネイロでした。

日刊スポーツ 「過去最高プレゼン」も東京五輪の夢散る
 【コペンハーゲン2日=吉松忠弘】東京が惜敗した。16年夏季五輪開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会が行われ、シカゴ(米国)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)とともに立候補していた東京は、1回目の投票では残ったが、2回目の投票で最下位となり、落選。64年以来2度目の夏季五輪開催はならなかった。3回目の投票でリオデジャネイロが開催都市に決まった。
 東京の夢が惜しくも散った。過半数の票を集める都市が決まるまで、最下位が落選する方式で投票が行われ、1回目はシカゴが脱落。2回目に東京が落選し、現地入りしていた招致関係者からは大きなため息が漏れた。招致応援ランナーとして現地入りしている高橋尚子さんは「本当に東京で五輪ができると思い続けてきたので、とてもショックです。この結果が信じられません」と目を潤ませた。東京五輪招致委理事で、ハンマー投げの室伏広治は「残念だけど、いいプレゼンができて、世界にアピールできた。どこがいいとか悪いとかでなく、IOC委員の考え方で、開催地が決まる」と話した。
 大苦戦が予想されていた。投票が近づくにつれ、リオとオバマ大統領の話題が目立ち、東京はネガティブなものばかり。1回目の投票で落選することも考えられた。しかし、重要視した最終プレゼンで、隠し球を出した。冒頭で、15歳の無名の体操選手、三科怜咲(みしな・れさ)さんが登場。シンガポール育ちの流ちょうな英語で「若い世代の代表として将来の五輪について語りたい」と、IOC委員の心をつかんだ。荒木田裕子理事が「(東京で)カラオケに一緒に行きましょう!」と笑顔で叫ぶと、笑いと拍手が起きた。招致委の河野事務総長のフランス語のスピーチには驚きの声が上がった。
 招致関係者は「日本にとって、過去最高のプレゼン」と誇らしげに語った。東京は半径8キロ圏内にほとんどの競技会場を集めたコンパクトな計画を掲げ、64年大会で使用した競技場も一部を活用するなど、綿密な計画を策定した。最終プレゼンでは漫画「キャプテン翼」の画像を使い、柔道の創設者・嘉納治五郎氏を紹介し、鳩山由紀夫首相もスピーチ。それでも招致には届かなかった。
 東京は各国の要人がIOC委員と個別面談するなど、激しさを増したコペンハーゲンでの終盤のロビー活動で後れを取った。もともと、ほかの候補都市ほど世論が盛り上がらず、開催支持率の低さについて質問が出るなど、マイナス要素をぬぐい切れなかった。昨夏の北京五輪から8年後のアジア開催となることも、不利に働いたようだ。88年名古屋、08年大阪に続き、切り札だった東京でも夏季五輪招致は3連敗となった。
 以前から、今回敗れた場合、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は2020年夏季五輪への挑戦をほのめかしていた。この日、JOCの福田富昭副会長は「もっと世界的な外交をしっかりしないといけない。敗因はこれから分析したい。東京にぜひもう1回、立候補してもらいたいと思います」と再挑戦の可能性を示した。
 [2009年10月3日8時22分 紙面から]


これまでの開催順で評価すると、リオ、シカゴ、東京、マドリッドの順でした。
日本は、そのとおり、3位になりました。
因みに、きっこのブログでの緊急アンケートではリオ、シカゴ、マドリッド、東京の順でした。
勝ったブラジルのリオデジャネイロは南米初のオリンピックで、BRICsという新興国でもあり、歴史的必然性は極めて高かったように思います。
私も1位にあげたように、誰しもが認めるところで、祝福に値すると思います。
シカゴの最下位は予想外で、アメリカの凋落振りはオバマ大統領を持ってしても、止めることは出来なかったようで、プレゼンのキーワードとした「一緒」は当たり前のことで、プレゼントしても単調で最低でした。
ロンドンに次ぐ開催は絶対あり得ないマドリードが最後まで残ったのは驚きで、IOCにおけるスペイン出身のサマランチ名誉会長、委員数の多い欧州の力を感じました。
プレゼンは日本が一番、冒頭に出てきた女子フィギュア選手のサプライズ、鳩山新首相の説明する「環境」という切り口は良かったのですが、何よりも基本中の基本、東京都民、国民が熱望していないということが致命傷でした。

◆IOC委員の内訳
欧  州  47(45)
アジア   22(19)
北中南米  18(14)
アフリカ  15(15)
オセアニア 4(4)
総数  106(97)
※カッコ内は1回目の投票数。ベルギー出身の会長、資格停止中のアジア1人、日本、米国、ブラジル各2人、スペイン1人を除く


日本の2度目のオリンピックは、大阪、名古屋など、首都圏以外で開催するならば、賛成しますが、東京の一極集中をさらに加速させ、東京ばかり良くなる東京オリンピックには反対します。

北京から20年後なら可能性はありますが、8年後は可能性は極めて低く奇跡に近いことは、過去のエントリ「傲慢な石原東京都知事は裸の王様、誰が考えても失敗が分かる新銀行・オリンピックに都民賛同は??」でも指摘しましたが、予想されたことでした。
オリンピック開催地の立候補は、石原知事の誤った政策であり、彼の自己満足に過ぎないと思っていましたが、予想は完璧に的中しました。
1着30万円も掛けた揃いのスーツをはじめ、オリンピック招致に掛けて150億円以上もの税金が、石原都知事の夢のために、都知事職継続のために、泡と消えてしまいました。
新銀行東京といい、オリンピック招致といい、傲慢・石原都知事のトップダウン手法による無謀な政策失敗の被害は甚大です。
新東京銀行でも1000億円以上の焦げ付きがあるといわれ、独断専行で行った傲慢・石原都知事の責任は極めて重いです。
傲慢・石原知事は、責任を感じるという殊勝なことではなく、個人的な政治的目標を無くなったことにより、本人のやる気が無くなり、任期1年半を残し、都政を放り出す可能性が出てきたように思います。
3選時点でも大失政と言う批判のあった傲慢・石原都知事に、過半数で圧勝というゴーサインを与えた東京都民も大いに反省すべきと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。