≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨夜のNHK「日本のこれから」では、内閣府の古川副大臣と大塚副大臣が出て、民主党の政策を懇切丁寧に説明していました。
番組の進行は、恣意的でもなく、落とし穴もなく、すんなりまともでした。
良識派の元鳥取県知事の片山さん、首都大学教授の宮台さんが出ていたことも良かった。
二人の副大臣も謙虚で、分かりやすい説明で良かったです。
自民党時代だったら、人相の悪い、偉ぶった人が出てきて、政策に精通していないくせに、上から目線で喋っていたのとは大違いでした。

民主党も自民党も対して考えは変わらない、どっちになっても一緒とマスコミは報道していたことがありましたが、民主党の弱者目線で消費者側の立場と自民党の強者目線で供給者側の立場、180度の方向転換だということが国民もやっと理解してきたようです。
それは民主党の説明不足というより、マスコミが敢えて説明させなかったというのが、昨日の放送を見ていて、納得しました。
国民も自民党時代の常識は誤りで、国民が第一という考え方に、段々理解してきているように思います。
もっと理解が深まれば、反対が多い政策も賛成が多くなるのではないかと思います。

子ども手当に所得制限をしない代わりに、高額所得者の税率アップをすべきと考えていましたが、大塚副大臣が所得税の見直しを検討していると言っていました。
子どもは社会が育てるという思想から、子ども手当は子どもに支給するので、親の所得とは関係ないという考えです。
それでは、高額所得者にはお金に困っていないのに子ども手当は不要ではないかという懸念に対して、高額所得者の税率を上げて、子ども手当分以上の増税をして、応分の負担をして貰うという考えには賛成です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。