≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他ブログへのコメントを収録していきます。

時事通信 民主公約を徹底検証へ=自民政権政策委が初会合
 自民党は21日午前、部会長らで構成する「政権政策委員会」(委員長・石破茂政調会長)の初会合を開き、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)の問題点や国民生活への影響などを徹底検証することを決めた。石破氏をトップとする委員会を設置、22日に初会合を開く。
 石破氏は冒頭のあいさつで「自民党に対する期待がわれわれが思う以上にある。一人ひとりの思いを(党で)集約することが、再び国民の信頼を取り戻し、政権を担当することになる」と強調した。 (2009/10/21-12:57)


「まるこ姫の独り言 民主党公約の徹底検証を宣言した自民党、ハア?」へのコメント

自民党は鳩山政権のマニフェストを検証すると言っていますが、マニフェストの検証は4年後の総選挙の時点が常識です。
まだ、実行もしていないマニフェストをどうやって検証するのでしょうか。
自民党の人達は上から目線が染み付いて治らないのでしょうね。
それより、選挙に勝てる、自分たちのマニフェストをつくり直すことです。

マスコミがマニフェストの政策をやる前から、今しきりに批判していますが、やっぱり自民党もマスコミと同様、同じ穴のムジナ、マスコミと一緒になって同じようなことをしようとしています。
通じ合っているのでしょうね。

政権のまだ実施していない政策を批判をするよりも、先ず自民党の総括が先です。
860兆円も借金を作ったこと、相対的貧困率がアメリカ並みに酷いこと、経済がずっと低迷していること、空港は殆ど赤字で競争力がないこと、数え上げればきりがないほど、反省すべきことがあります。それらの総括をきっちり調べ、報告書に仕上げて、国民に提示することです。
自民党に耳を傾けるのは、その後です。

タケナカも偉そうに発言していますが、新政権を批判する前に、総括してからしか、聞く耳を持ちません。
スポンサーサイト


結局、自民党は自分達が何故歴史的大敗を喫したのか理解出来ないで再生を図ろうとしている為に云う事する事がチグハグになり、吐いた唾が自分の顔に掛かるような惨めな醜態を晒す結果に為っています。
自民党政治が何故結果的に国民を疲弊させる事に為ったのかと云う事を真摯に考え反省し総括しなければ、この泥沼からは脱出出来ないし国民の支持も得られないでしょう。
民主党政策を非難すれば必ず責任の所在が堕落した自民党政治に帰結する事は目に見えています。
反省総括とゼロからの国民の為の政策立案に目を向けてこそ自民党再生への道は開けて来るのではと思いますが未だにメディアを使って姑息な非難や世論誘導を画策しているようでは、まだまだ再生への道は遠そうですね。
よさん、コメントありがとうございます。

吐いた唾は、総選挙の期間中でも、そうでした。
「責任政党」と言えば、800兆円を越える大借金を垂れ流し、「バラマキ」といえば、税金で票を買おうとしたことが浮かびました。
民主党を攻撃する言葉の一つ一つが、それなら自民党は他党を批判できるようなことをしてきたかを考えると、他党を攻撃できる立派なことは何一つしていません。
国民の誰もが気付くことを、彼らは気付こうとしません。
反省の上に立ってこそ、進歩があると思います。
反省をしてこそ、国民の不信を和らげることもできます。
今の総括のないままでの、野党生活では、再生もなく、建設的野党は遠い彼方です。
本論での追及はなく、枝葉末節の揚げ足取りに終始し、政権奪回の理念すら描けないでしょう。
無反省、無総括のままでは。
自分達のことは棚に上げ、したり顔で語る顔を見ているとウンザリします。
関(仮名)さん、はじめまして

自民党政権時のことは棚に上げて、民主党政権を批判する、呆れかえりますね。
私は製造業の技術者ですが自社製品に不具合が出た際、
顧客への報告書には必ず

 1.その不具合はいかにして発生し、
 2.その原因となった要素はなにか?
 
を総括しないことには次の

 3.不具合の再現
 4.改良品の紹介
 5.改良品の試作テストのお願い

まで報告書を読んでもらえません。

自民党の政治家は一度失った信頼を得るには何が必要か
まるでわかってないですね。
ウリ坊さん コメントありがとうございます。

政治の世界では、民間で常識のイロハさえ、実行されているのが実態です。
ここで、お上のやることは絶対、間違いが無く、正しいという無謬性が、大きな障碍になっていると思います。
だから、自民党は進歩がなかったのだと思います。

間違ったことは誤りを認めて、原因を突き止めて、是正し、前へ進む。
政治も、行政もそうであった欲しいと思います。
反省ばかりでは困りますが、国民も少々のことは寛容になって、将来に目を向けて、自分たちも国づくりに参加しているという気持ちになって、政治に向かうことが必要と思います。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。