≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「まるこ姫の独り言 社保庁後継の年金機構には懲戒職員は採用せず」に書いたコメントを記事にします。

朝日新聞 転居先不明で奨学金132億円未回収 検査院「努力を」
2009年10月24日
 独立行政法人の日本学生支援機構(旧日本育英会)が扱う奨学金の滞納者が増えている問題で、機構が滞納者の転居先を把握していなかったため、約132億円分が回収できなくなっていたことが23日、会計検査院の調べで分かった。卒業直後の転居から把握していないケースも多く、検査院は機構に対し、滞納者の出身大学と連携するなどして、転居先の把握に努めるよう改善を求めた。
 奨学金の滞納増加は、不況による低所得や失業などが背景にあるとされてきたが、検査院は、機構の「努力不足」が一因と指摘した形だ。
 奨学生は、「返還誓約書」に住所や電話番号などを書いて機構に提出し、最後に奨学金を受けた月の7カ月後から口座振替の形で返済する。
 しかし卒業後、就職を機に転居する奨学生が多く、その後も転勤に伴い転居することもある。機構は転居届の提出を求めているが、出されないケースが多いという。
 検査院は、機構が貸し倒れの危険がある「リスク管理債権」とする3カ月以上の滞納約21万4千件、約2253億円分(07年度末現在)を調査。このうち件数・金額ともに6%前後の約1万3千件、約132億8千万円分が転居先が不明で、口座振替の案内書などが「あて先不明」として返送されていた。
 また、1年以上の滞納についても、機構が07年度末段階で債権回収会社に委託した8231件の6割に当たる5121件が、電話で連絡が取れなかったという。
 07年3月に卒業した奨学生らだけを見ても、機構が5カ月後に送った「返済開始のお知らせ」の1464件があて先不明として返送されていたことも判明した。
 このため、滞納額が約2253億円に上った要因に、機構が連絡先を確実に把握できていないことがあると検査院はみている。
 検査の過程で、失業や病気療養などで返済猶予の対象となる卒業生も多数判明。この場合、連絡を取って返済猶予の手続きをするように指導すれば滞納残高の減少につながるが、住所を把握していなかったことで、こうした手続きも取られていなかった。
 機構は「検査院の指摘は真摯(しんし)に受け止める。自治体に照会するなど転居先把握に努めているが、費用や時間がかかるのも実情だ」などと話している。(前田伸也、中村信義)


●モラルの低下は自公政権の責任大
モラルの低下はどんどん低くなっていますね。
自公政権の下では上があまりに無責任なので、下も無責任になり、社会全体が無責任の風潮になりました。
借りた学生も酷いが、独立行政法人の日本学生支援機構も親方日の丸体質で、貸したお金も自分の金でないので、真剣味がないのでしょう。

●ワーキングプア増加も一因、先進国は給付型奨学金へ
奨学金の問題がNHKクローズアップ現代で特集していました。
40人ほどが奨学金の返済猶予を申し出ていることを放送していました。
バブル経済崩壊後の就職氷河期になってから、特にコイズミカイカク以降、派遣社員・フリーターなどの非正規社員が著しく増えて、奨学金を返したくても返せない人がどんどん生まれているそうです。
公的教育費にお金を掛ける欧米先進国では、給付型奨学金が普通なので、貸与型奨学金は本質的に問題があるようです。

●行政刷新会議があれば会計検査院は不要
会計検査院はこのごろやたら仕事をしているように見えます。
自公政権の間は、これほどまでに、省庁の無駄をしてきたかというとそうでもないような気がします。
無駄を査定する鳩山政権に変わり、会計検査院の存在感を示すために、やっと仕事をし出しているように思います。
行政刷新会議があれば、会計検査院は不要のように思います。

結局、この問題も長期自民党政権が作った問題です。
スポンサーサイト


国家衰退、貧困拡大の原因は、これまでのデタラメな教育政策です。
知識時代に、受験競争で時代遅れの知識を詰め込まされ、世界最低となった大学に進学すれば、生活に困窮し自殺者が出るのは当然です。奨学金は、詐欺とも言えます。
各地の母親やPTAが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読む活動を始めたのは、教育の危険に気付いたからです。
すべての子供に、不登校、引きこもり、ニートとなり、犯罪や暴力に巻き込まれたりする危険があります。すべての親にとって、子供が低所得者となり、結婚できず、ホームレス、ネットカフェ難民になることが、現実の問題となり始めています。
そのため、子供を守り、家庭を守り、生活を守るために、教育システムを根本改革しなければならないと気付いたのです。
教育の改革を求める親や若者の行動は、全国に拡大していきます。
なぜなら、質の高い教育を受けることが、生存に必要な時代となったからです。必要が、発明も革命も生み出します。
暇人さん、はじめまして
政権交代でようやく、コンクリートから人へと、変わりました。
日本は資源がないので、人材だけが財産です。
それで、遅れてきた日本が、先進国の仲間入りができたのです。
その初心を忘れ、慢心に陥ったのが長期自民党政権でした。
先進国では、人材育成にお金を投資し、国を発展させるのが、常識化しています。
その人材も、単に知識ばかりを覚える、人の物まねしかできない、言われたことしかできないのではなく、物事を創造したり、問題を解決したり、道を切り開く人材が求められているのです。
落ちこぼれを作る教育もいけません。
全体的な質の向上が必要です。
それと何回でもチャレンジできる精神力も必要です。
貧富の差で教育を受けられないでは、活力は削がれます。
貧富の差無く、受けたければ高度教育を受けさせるようにシステムにしなければ行けません。
時間を掛けても、お金を掛けても、教育にお金を掛けるべきです。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。