≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「偏西風にのって 普天間移転問題」に書いたコメントをエントリーします。

普天間基地だけでなく、米軍基地問題もすべて、八ッ場ダムやハブ空港同様、自公政権の失政のツケですね。
その中に必ず、施設整備における土建業・議員・官僚の利権が絡むという構図は共通ですね。

アメリカの恫喝をみると、アメリカ人は日本人をイエロー・モンキーと蔑んでいます。
対等な関係どころか、完全な属国扱いです。
それに甘んじてきた自民党政権の結果が今の米追従の日米関係、不平等な地位協定、追認する米軍基地再編問題などに現れています。
特に小泉政権は、軍事だけでなく経済システムまでもアメリカの言いなりで、コイズミタケナカを売国奴とまで言われるほど、アメリカ追従は酷かったです。
日本人は長い封建制度の結果、自己主張せずに「長いものには巻かれろ」という気質になっています。
強い者にはヘイコラし、弱い者には偉そうにします。
小泉政権がアメリカにヘイコラし、お隣の韓国や中国に敵対し、偉そうに振る舞いました。
国民も、高圧的なコイズミには、改革の中味を吟味せずに盲信し、両手を挙げて賛成する一方、コイズミ元首相が格差を進める、人生色々の発言を認め、イラク人質問題で、自己責任と言えば、こぞってバッシングし、コイズミ弱者切り捨て政策に賛成していきました。
これをアメリカの政府やマスコミも知っていて、高圧的に出てきます。
今が踏ん張りドコロ、国民世論で、アメリカの脅迫をはね除け、日本の主体性を示すとき、これまでの日本と違うことを示すチャンスです。
基地の島である沖縄は、危険と騒音、米兵犯罪、奪われた土地など、基本的人権が阻害されています。
基地の限りない縮小が、沖縄の人権を回復する唯一の解決策です。
鳩山政権では、ハッキリと国外移転と言いましょう。

東西冷戦が終わり、日米安保も見直さなくてはいけません。
それがいつの間にか極東を離れ、アメリカの同盟軍として、アメリカの国益のために、ともに地の果てまで一緒に戦えという方向にアメリカは持って行こうとしています。
冷戦が終わり、ロシアや中国の脅威は無くなり、残る脅威は北朝鮮だけになりました。
沖縄には安保のため、日本の安全のため、それほどの軍隊が沖縄に必要でしょうか。
それこそ、第7艦隊だけでも最小限足りるのではという小沢幹事長の発言も頷けます。



「生きてるしるし 【民主党政権】アメリカ政府が急がせても、普天間基地と沖縄の問題は時間をかけて検討交渉する必要がある」に書いたコメントをエントリーします。

来年が安保改定から50年だそうです。
この期に、安保自身を見直す必要があります。
東西冷戦は終わり、ロシアや中国の脅威は無くなりました。
経済等の相互依存で、世界の脅威は著しく減少しました。
残るはテロとの戦い・アフガン・イラク・中東問題、北朝鮮問題だけとなりました。
日本を取り巻く状況は激変したのですから、日米安保も見直す必要があります。
自民党政権がアメリカの言いなりになってきた米軍問題は政権交代を好機に変えるべきです。
それまで、普天間基地を自民党政権の引いたレールを外して、ペンディングすべきです。
日本を守るための沖縄基地は今ほど要らないのは明らかで、縮小すべきです。


そういう議論をアメリカとして欲しいものです。

結局、これも長期自民党政権の失政の結果です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。