≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「まるこ姫の独り言 「オバマ来日延期」で、私の読みは当たった!」に書いたコメントをエントリーします。

産経ニュース きしむ日米同盟 いらだち募らせる米国 「家庭内別居」の声も
2009.11.6 20:43
 【ワシントン=有元隆志】オバマ米大統領は12日、就任後初めて日本を訪問する。アジア歴訪の最初の訪問国として同盟国日本を訪れることで、来年の日米安全保障条約改定50周年に向け、協力関係の強化を訴えたい考えだ。しかし、鳩山政権は「日米同盟基軸」「対等な日米同盟」といった言葉だけが一人歩きし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設をめぐる迷走が続く。いらだちが深まる米国も鳩山政権との距離感を測りかねているのが実情で、同盟関係は冷却化の恐れをはらんでいる。
 9月下旬、普天間飛行場の移設問題に関するクリントン国務長官の発言が米政府内で波紋を広げた。長官は9月21日の岡田克也外相との会談で、普天間移設問題について「現行計画が基本」としながらも、「パートナーシップの精神で話し合っていく」とも述べた。米政府関係者によると、普天間問題で再交渉の意思があると誤解されるのでは-との懸念が政権内で出たという。
 10月中旬、キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が急遽(きゆうきよ)日本に派遣され、普天間移設をめぐる再交渉や、沖縄県内の嘉手納基地への統合案には応じられないとの米側の立場を伝えた。米側の姿勢を決定づけたのはゲーツ国防長官の10月下旬の訪日だった。長官は11月の大統領訪日までに普天間問題を決着するよう迫った。
 当初、米側は鳩山政権の誕生に「忍耐が必要」と多少の混乱を容認する姿勢を示したが、ゲーツ長官の対応は「外圧で日本を動かす古い手法に戻った」(オバマ政権に近い日本専門家)格好。もっとも、「外圧」を強めると日本側の反発を招くとして、米政権内外からは「鳩山政権を追いつめるべきでない」との声があがった。このため、13日の首脳会談では、普天間問題で突っ込んだやりとりはせず、「協力関係を強め、信頼を深める機会となる」(キャンベル氏)見通しだ。
 ただ、日米関係に詳しい米議会筋は「鳩山政権が基地問題などで決断できないとオバマ政権の日本への関心は薄れ、ジャパンパッシング(日本素通り)につながる」と懸念する。
 また、インド洋での海上自衛隊の給油活動が中止になった場合、議会を中心に「安保ただ乗り」批判が強まり、通商問題に波及する可能性もある。10月下旬、ワシントン市内で行われた日米貿易フォーラムで、米側は、米国産牛肉の輸入制限やコメの最低輸入量(ミニマムアクセス)問題に加え、日本のエコカー助成制度が米自動車会社を排除しているなどとして、米議会から不満が高まることも予想されると指摘した。
 これまで日米は基地問題などで対立しても、官僚同士や、軍と自衛隊のパイプなど複数のルートで補っていた。日本政府関係者は「『実利的』なオバマ政権に加え、『脱官僚』を目指す鳩山政権の誕生で、着地点を模索することが難しくなっている」ともらす。
 保守系シンクタンク・ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員は、いまの日米関係を「家庭内別居」にたとえる。
 「離婚はなく、表向きは笑顔をみせるが、心の中では相手との困難な思い出がたまっている。修復可能だが、最初から緊張関係が続くのは良い兆候ではない」


日本とアメリカの同盟関係が、家庭内別居になっているというアメリカの一部の保守系の人達の主張を産経新聞は大々的に載せています。
日米関係が壊れると騒ぐ産経新聞も、日米同盟が何をさしおいても最優先で、結婚関係にあるという認識なんでしょう。
沖縄を中心に、至る所にアメリカの基地があり、屈辱的な地位協定があり、アメリカにイラクに兵を出せと言えば、兵を出し、完全にアメリカのイエスマンで、どこに夫婦関係があるのでしょう。
夫婦であるとすれば、夫の暴力に脅えるドメスティックバイオレンスの夫婦関係か、封建的な大昔の家庭で、女は夫の付属物、従属物であった時代の夫婦関係です。
橋した知事が言うように、中央と地方のむしろ、奴隷関係に近いのではないでしょうか。
民主党が言う対等に関係でなかったことは確実で、正しい認識です。

良くもこれだけ、鳩山政権に否定的な情報や見方ばかりを流しているなあと驚きます。
マスメディアはバランスをとることが大事で、否定的のこともあれば、肯定的なことも流すのが普通だと思うのですが、産経新聞はあまりに酷すぎます。
産経新聞の報道姿勢は明らかに恣意的で、鳩山政権に否定的、敵対的です。

産経新聞は、アメリカの反応ばかりを日本の主張というのは何処に行ったのでしょう。
産経新聞は、自民党政権の広報であり、アメリカ政府・議会・マスコミの広報でもあります。
アメリカの言いなり、属国になりなさいと言うのが、産経の主張なんでしょう。
そのためには、鳩山政権を倒して、自民党政権に戻したいというのが、産経の考えなんでしょう。
フジサンケイグループは新聞もテレビも、国民の脳みそを腐らせますね。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。