≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「まるこ姫の独り言 田中良紹氏曰く、やればできるじゃん政治主導国会」に書いたコメントをエントリーします。

田中良紹の「国会探検」やれば出来る』

国会が儀式化していた自民党政権時代とは様変わりしています。
官僚主導ですと、表に出るときは全て結論で、裏で官僚が調整してすべて決着を付けていました。
官僚がいない国会は非情に良いことです。
質問する方も、答える閣僚も自分の言葉で喋るのが、当たり前で、自公政権と官僚のもたれ合い政治が異常でした。
官僚による質問取りが行われているそうで、これは不要です。
官僚が政治に参加するのは誤りです。
質問する政治家が質問書を閣僚に事前に提出すればよいのです。

但し、与党議員から与党閣僚への質問は不要だと思います。
政権の政策の発表は、テレビを通じて発表する場が必要ですし、鳩山首相のぶら下がりでないチャンとした発表の場がある方が良いと思います。
野党の質問は、虚偽献金や普天間基地問題などに、集中し、何人もの人が同じような質問をするのは時間の無駄、税金の無駄遣いと思います。
法案が何も出ていないので、鳩山政権と議論する内容が全くありません。
今国会は、新政権の所信表明があり、法案が出ていないのですから、国家ビジョンや理念といったことを議論する場にすればよいと思います。
普天間基地についても、日米関係、日米同盟のあり方など、本質的な議論をして欲しいと思います。
東アジア共同体構想や低炭素社会、新産業、環境問題、少子高齢化、地方と中央のあり方など、根源的テーマはいっぱいあります。
国家論や世界論を展開する場にして欲しかったと思います。

政治家同士の議論になっているのは良いことですが、政策が決まっていない話を問い詰めるのも如何と思うし、決まっていないのではぐらかすのも仕方がないし、その堂々めぐり、次元が低い話に終止している国会に、感心しません。

鳩山政権も、大臣がバラバラ発言しており、統一感がありません。
過程で、それも一つの方法論といえますが、全体としての視点が欠如していることも事実です。
省庁が必要という政策を国全体でどうまとめるかと言うことができていないように思います。
省庁の凸凹を調整する担当が国家戦略室のように思いますが、機能していません。
その辺の舵取りが十分なされれば、担当大臣の省益的発言は無くなると思うのですが。

兎に角、自民党の悪政にはもう戻れないのですから、鳩山政権に頑張って貰うしかありません。
ぶれずに、初志貫徹して欲しいものだと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。