≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「まるこ姫の独り言 強行採決というより審議拒否?」に書き込んだコメントをエントリーします。

時事通信 野党が審議拒否=鳩山首相-福島担当相「強行は避けて」
 鳩山由紀夫首相は20日朝、与党が衆院本会議で中小企業金融円滑化法案の採決を強行したことについて「強行採決というより、(野党の)審議拒否だ。審議拒否みたいなことをお互いにやるべきではない」と述べ、採決を退席した自民、公明両党の対応を批判した。また、「(同法案が成立すれば)中小企業の方は少しは楽になれるかなと思っている」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 閣議後の記者会見でも、各閣僚からはやむを得ないとの意見が相次いだ。平野博文官房長官は「結果として残念だが、一刻も早く法案を通さないといけない環境にあった」と指摘。原口一博総務相は「最後は多数決で決めざるを得ない。しょうがない」と述べた。
 一方、福島瑞穂消費者・少子化担当相は「強行採決はやらなくて済むのであれば、できるだけ避けるべきだ」と語った。 (2009/11/20-11:42)


審議拒否、強行採決、どっちもどっちと思います。
少なくとも、強行採決を繰り返した先輩の自民党の方は、鳩山政権を偉そうに批判できませんね。
強行採決というなら、自公政権に乱発したことを反省すべきです。
特に、ねじれ国会では直近の国民の意思が参院勝利の野党にあったことを考えれば、歩み寄る選択肢はあっても、強行採決すべきではありませんでした。
少なくとも、インフルエンザ法案など、国民生活に直結する法案には、審議・採決に応じるべきです。

参院選までに、民主党を追い落とそうと必死なのです。
鳩山首相の故人献金問題は、自分または親族のお金で、利益誘導の自民党議員のダーティな政治と金とは本質的に違う問題です。
偽メール事件で政権ができなかったように、政策の中味で勝負しないと、国民の心は変わらないことに、自民党は気付くべきですね。
ネガキャンでは自民党の信頼回復は不可能です。

鳩山政権は自民党政権のように官僚主導でルーチンワークで、政治をやってきたのと違って、政治主導のシステムを作りスタートさせ、補正予算の見直し、来年度予算の組み替え等、やることが盛り沢山です。
なれないこともあり、時間が足りません。
3兆円カットする来年度予算作成のため、国会が短くなるのはやむを得ないでしょう。
麻生政権が任期までしがみつかず、もっと早く総選挙をしていれば、新政権にもっと時間があって、国会も時間が十分とれたと思います。

中小企業等金融円滑化法案など、国会にかける前にモラトリアム法案などと、報道され、ある程度、議論されました。
自民党時代には、法案は国会に掛かってから、国民がはじめて中味を知り、その時には強行採決で後の祭りでした。
民主党になって、大臣などが先に色々喋り、国会にかける前に問題点などが指摘され、議論になって良かったと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。