≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「まるこ姫の独り言 事業仕分け、スポーツ予算削減で抗議の会見」に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

日刊スポーツ 五輪メダリストが事業仕分けに抗議会見
 先月25日の事業仕分けで蓮舫参院議員(42)らから「縮減」を言い渡されたスポーツ予算をめぐり、日本のトップアスリートらが1日、抗議の記者会見を行った。04年アテネ五輪アーチェリー銀メダリストの山本博(47)は「鳩山首相がここ一番で締める(金メダルにちなんだ)金色ネクタイの色を、嫌味でない良いイメージとして世の中に広げたのはスポーツだ」と指摘。「いいとこ取りだけでなく、理解してほしい」と理解を訴えた。
 5日に香港で開幕する東アジア大会の日本代表選手団結団式終了後、選手らが集まり、会見した。仕分け作業では、マイナー競技への補助金の必要性の有無も議論されたが、東アジア大会で旗手を務める重量挙げの三宅宏実(24)は「縮減では遠征できない。子育て支援同様、スポーツのことも考えていただきたい」とした。北京五輪フェンシングフルーレ個人銀メダルの太田雄貴(24)は「自己負担金ばかりで五輪出場権を取りに行っているマイナー競技もあることを知ってほしい。縮減では、あまりに悲しすぎる」と話した。
 縮減の評決を受けたのは「民間スポーツ振興費等補助金」32億9200万円。トップ選手強化を行う日本オリンピック委員会(JOC)には補助金の82・3%、27億1400万円が振り分けられる予定だった。予算については、12月中に編成され、来年1月の通常国会で審議される予定だが、「予算編成の日程すら組まれていない」(文科省関係者)という。
 [2009年12月2日7時54分 紙面から]

産経ニュース 【事業仕分け】JOCが文科省に陳情
2009.12.2 19:51
政刷新会議が事業仕分けでスポーツ予算の削減は妥当と判定したことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長ら幹部が2日、所管する文科省の鈴木寛副大臣を訪ね、予算確保への理解と協力を訴えた。
 国庫補助金による選手強化費約27億円などが削減対象となったことに、竹田会長は「五輪での選手の活躍は国民に活力を与える。スポーツ予算の充実を」と陳情。削減された場合、国内外での強化合宿や国際大会への出場が制約され、3年後のロンドン五輪に大きな支障が出るとした。
 鈴木副大臣は「税金を投入して強化するという部分を、きっちり説明する必要がある」とした上で、「政府内は『スポーツ第一』というコンセンサスができている」と予算確保に力を傾注することを約束した。
 文科省によれば、事業仕分けによる同省関連予算の「削減」判定に対し、2日現在で約2万4千件の意見が寄せられているという。そのうちスーパーコンピューター開発費など科学技術関連への意見が約1万9千件と多く、教育・スポーツ関連は約5千件。スポーツ予算の削減への意見は、その一部という。>

テレ朝のワイド!スクランブルでスポーツ評論家の江本孟紀氏、事業仕分けに参加した泉健太議員が出て、この件について放送していました。
スポーツ予算の縮減は、2つの天下り団体を通して、補助金が流れており、団体を整理したら、予算は縮減できると泉健太議員が説明していました。
天下り団体などを通さずに直に選手に渡るようにすれば、選手に渡る額は一緒で、予算は減らせるというものです。
1割縮減とか2割縮減というのは、そういう中間経費を削減せよという意味です。

メダリストたちは、事業仕分けの中味を読まないで、縮減という結論だけ、自分たちの予算が減らされるという早合点は、みっともないです。
脳まで筋肉でできているのか、上部の天下り団体の思うがままに動いているのかと、勘ぐられます。
いずれにせよ、短絡的です。
そういえば、天下り団体もメダリストがなかに雇われるものも内部にいて、自分たちのOBを切ることも出来ないし、未来の自分たちのポストも残しておきたいということが働いたのかも知れません。
フェンシングの太田氏は、強化費は国民の税金で貴重なお金、心して励みたいという謙虚な意見はありましたが、多くはスポーツは国威発揚で国策、国が金を出すのは当たり前という態度には、閉口しました。
一部ではありますが、国民のお金でメダルを取り、有名になり、コマーシャルに出て、富裕者になることも、本人の人並み外れた努力は勿論ですが、誰のお陰でそんな贅沢ができるのかとつい言ってしまいたくなります。

事業仕分けは予算のカットを目標としているので、1、2割の予算縮減は上出来と考えるべきと思います。
縮減は天下り団体を通すとか、複数のルートから流れて非効率とか、予算が消化し切れていないとか、というもので、チャンと活動している団体には補助金は減らないと思います。

国と地方の借金は1000兆円を越え、国の一般会計の予算は半分以上が借金財政です。
予算を増やせば増やすほど、国債を発行して、借金を増やし、子どもたちに漬けを廻すのです。
オリンピック選手たちも含め、国全体の財政のことを念頭に置いて、発言をした人は誰ひとりいません。
みんな、我々は重要で、お金が欲しいばかりです。
このようにみんなが予算の縮減や見直し、廃止に反対し、自分たちこそ大事だと言えば、国の予算は膨らむばかりで、子ども手当もままなりません。
どこかが予算を維持、増やすと、どこかが減るのです。
彼らは、自分たちだけは予算は欲しい、だから自分たち以外のほかのどこかで削れと言っているのと同じです。

ノーベル賞学者も、仕分けの問題点指摘まで聞かず、自己主張に終止したのは、オリンピック選手と変わりませんでした。
誰も国全体のこと、他者のことを考えず、我がことばかりです。
他人はどうなろうが、自分さえ良ければよい、これは、今の日本人そのままです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。