≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「偏西風にのって 楽隠居のコイズミがエラソーに予言」に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

朝日新聞 小泉元首相「鳩山政権は参院選までもたない」
2009年12月5日3時1分
 小泉純一郎元首相は4日夜、自民党の山崎拓元幹事長、二階俊博幹事長代理らと都内で会食し、「鳩山政権は(来夏の)参院選までもたない」と予言した。自民党についても「今は隠忍自重のときだ」と突き放した。
 出席者によると、小泉氏は米軍普天間飛行場の移設問題で迷走する鳩山政権を「今のような朝令暮改では日米関係は完全に不信状態になる」と批判。歳出がふくらむ来年度予算案の概算要求にも「国と地方の債務残高が1千兆円を超えた段階で民主党政権は終わりだ」と指摘した。
 郵政株式売却凍結法が同日成立したことにも「日本郵政株を民間に放出しないと財政再建はできない。自民党が政権奪還してから貴重な財源としよう」とこだわりを見せた。ただ、自民党の現状についても「今はポストが赤いのも電信柱が高いのも自民党が全部悪いという世論だ。2、3年雌伏のときを過ごしたらいい」と語ったという。(山下剛)


政権交代後、自民党政権の問題が顕在化するにつれ、小泉元首相の影響力は、どんどん無くなっていると思います。
1000兆円の借金のうち、850兆円は自民党政権が借金し、小泉政権が300兆円も借金を増やしたのに、何を偉そうに言うのでしょうか。
自分の責任を感じないのでしょうか。
自分たちが政権の座に居座り続けるために、公共事業(国民の税金)をばらまいて、大借金を作った反省はないのでしょうか。
セーフティネットを取り去り、大企業ばかりを有利にし、弱者の金を強者に移し、貧困率最悪の国にした反省はないのでしょうか。
大企業頼みの外需依存にし、内需産業を脆弱化させ、世界同時不況時に弱い国にした反省はないのでしょうか。
国民には自己責任、弱者にも冷たく自己責任と叫びますが、自分のしたことには反省もなく責任もとらず、国民がどうなろうとも、弱者がどうなろうとも、常に自分たちが得することばかりを考えています。
小泉元首相は、自己責任を全くとらない無責任の日本社会の象徴みたいな人です。

まるで借金が増えればよいと喜んでいるようです。
国の借金が国民の金融資産1400兆円に近付くと、危険領域になり、それを阻止するように考えるのは国民の務めです。
自民党の政権交代のために、それを喜ぶというのは、非国民、売国奴と呼ばれても仕方がないでしょう。

一部の強欲資本主義者や単細胞国民を除く、殆どの国民は小泉元首相の言葉に、はらわたが煮えくりかえると思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。