≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

仙石行政刷新大臣は、各省庁の官僚のトップである事務次官職を廃止する法案を次期国会に提出することにしていると言います。

朝日新聞 事務次官の廃止検討 仙谷刷新相、仕分けは第2幕実施へ
2009年12月5日3時0分
 仙谷由人行政刷新相は4日、朝日新聞のインタビューに応じ、政治主導を進めるため、公務員制度改革のなかで官僚の最高ポストである「事務次官」の廃止を検討する考えを明らかにした。行政刷新会議の「事業仕分け」の結果に対しノーベル賞受賞者らが反発していることを踏まえ、「仕分け第2幕」を来週にも実施する方針を示した。
 事務次官の廃止には、来夏の参院選に向け鳩山政権が掲げる「政治主導」を具体的な成果でアピールするねらいがある。仙谷氏は、公務員制度改革関連法案を「(来年の)通常国会に出す」と明言し、事務次官廃止を盛り込むかどうかについて「そうなるかもしれない」と述べた。早ければ、来年度の廃止を目指す。
 仙谷氏は事務次官ポストについて「企業経営において事務の最高責任者はいない。(明治期の)太政官制以降の風習が生きており、組織形態がすっきりしない」と指摘。社員と取締役で構成する会社組織を念頭に、中央官庁についても「人事組織の構成が三角形ではなく、(頂上部分が欠けた)台形になったほうがいい」と述べた。
 仕分け「第2幕」は4日、民主党の枝野幸男衆院議員と協議し、実施を決めた。前原誠司国土交通相が同日、財務省との予算折衝の場に「仕分け人」を務めた国会議員に同席を求めたことがきっかけ。
 仙谷氏は財務省主計官、予算要求官庁の担当職員と関係者が同席する形で行政刷新会議が設定する考えを示した。予算の削減や見直しを求めた事業について「『これだけは認めてほしい』という(具体的な削減額を含めた)査定の議論になる」と述べた。
 仕分け結果をめぐってはノーベル賞受賞者や五輪メダリスト、大学・医療関係者らから「廃止」や「予算削減」などの判定に反発する動きが出ている。仙谷氏は対象事業は示さなかったが、「スポーツや科学分野は、それ自体が『錦の御旗』になっている」と指摘。事実上の「凍結」とされた次世代スーパーコンピューター開発事業や、「削減」となったスポーツ関連などが対象となる見込みだ。
 来年度予算編成で鳩山由紀夫首相が国債発行額を「44兆円以下」に抑える方針を表明している点について、仙谷氏は「一番優先されるべき事項」と強調。不況による税収の落ち込みで、財源の確保が難しいことを踏まえ、マニフェスト(政権公約)に掲げた7.1兆円分の新規施策の修正に柔軟な姿勢を示した。(山尾有紀恵、松田京平)


西日本新聞 仙谷氏、事務次官廃止を検討 次期国会に法案提出目指す
2009年12月7日 21:15 カテゴリー:政治
 仙谷由人行政刷新担当相は7日、政治主導の体制を強化するため、中央省庁の事務方トップである事務次官ポスト廃止を検討する考えを表明した。来年の通常国会への提出を目指している国家公務員制度改革関連法案に盛り込む考えだ。内閣府で記者団に対し述べた。
 仙谷氏は「会社でも社長などのほかに事務のトップがいるという組織形態を見たことがない。常識的な格好があるはずだ」と指摘。その上で、記者団の「事務次官がいなくて局長が並ぶ台形の組織を目指すのか」との問いに対し「そうでないと、政治主導のガバナンス(組織統治)ができない」と強調した。
 閣僚、副大臣、政務官の政務三役が直接局長を指揮下に置くことで官僚機構への影響力を強める狙いだが、官僚側の反発も予想され、実現にはなお曲折がありそうだ。
 事務次官は各府省のキャリア官僚の最高ポスト。“出世レース”の過程で次官になれない官僚が50歳代前半に「肩たたき」されて退職する長年の人事慣行が、天下りを生み出す要因と指摘されている。鳩山内閣は9月の発足直後に、閣議案件を事前に事実上決めてきた事務次官会議を「官僚支配の象徴」として廃止した。


自民党時代の官僚構造は、各省で事務次官をトップとする三角形の構造になり、その横に、政治家がなる大臣、副大臣、政務官がいて、事務方の決定を追認するだけでした。
その事務次官を束ねていたのが、事実上は内閣官房副長官(官僚職)を頂点とする各省庁の事務方トップが集まる事務次官等会議でした。
その事務次官会議を通過した項目だけが内閣の閣議にかけられ、国の方針が決定されました。
官僚組織だけで強力な決定機構ができており、内閣や大臣はお飾りで、官僚の上にではなく、横にあったといえます。
国民はかつては、これが当たり前だと思っていました。
仙石大臣の指摘に目からウロコの思いがします。
大臣を頂点とする政務三役のミニ三角形が、事務次官をトップとする巨大な三角形の頂点にある、これはいかにも不安定で、一般の会社組織ではあり得ないことです。
会社で言えば、代表権のある社長がピラミッドの頂点にあり、大臣は代表権のない相談役みたいな形になっています。
大臣を頂点とする政務三役のミニ三角形が、巨大な官僚組織の上に位置するには、三角形の上部をとらなければならないというのは、最もです。
何故、今まで気付かなかったのが不思議です。
政権交代により、民主党は政治主導を実現するため、事務次官会議を廃止しました。
事務次官を廃止して、より政治主導が明らかになります。
次官級には事務次官のほかには、審議官があり、これも廃止すべきと思います。
政務三役の下は、複数の局長級がぶら下がり、事務方の頂点は作らないよう、徹底すべきと思います。
官僚トップを減らすだけでなく、政務三役のパワーアップのため、政務三役の人員を倍増すべきと思います。

これまでの官僚主導政治では、官僚が事実上、意志決定し、大臣、首相がそれを追認する形で、物事の決定過程が隠蔽され、曖昧模糊とし、無責任政治が続きました。
政治主導によって、政治家が決断しなければならないときが来ました。
これまでの誰が決めたか分からないのに比べれば、革命に近い改革でしたが、決定すると言うこと本当に重いことです。
長い間、全責任を負うような、政治家が物事を決める経験が無かったことから、鳩山政権は産みの苦しみを味わっていると思います。

政権が代わって、これまで当たり前と思っていたことが、よくよく考えてみると、間違いだったことに気付かされました。
物事は深く考えないと駄目だと気付かされたのが政権交代です。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。