≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「まるこ姫の独り言 ”米国を怒らせた” 相も変わらずメディアの論調」に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

産経ニュース ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で
2009.12.5 01:38
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり鳩山由紀夫首相が年内決着を断念したことに、米国側が激怒した。
 4日午後、日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)移設を念頭にした、日米閣僚級作業グループ(WG)の検証作業が開かれた外務省4階大臣室隣りの接見室。
 関係者によると、少人数会合に移った後、米国のルース駐日大使がそれまでの穏やかな語り口を一変させた。「いつも温厚」(防衛省筋)で知られるルース氏は、岡田克也外相と北沢俊美防衛相を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした、という。
 いらだちを強める米国側の姿勢は、会合後、首相官邸を訪れた岡田、北沢両氏から鳩山由紀夫首相にも伝えられたとみられる。
 伏線はあった。鳩山首相は4日、「グアムに全部移設することが、米国の抑止力ということを考えたときに妥当か検討する必要がある」と記者団に語り、年内決着どころか、グアム移設も含め検討する考えを示していたのだ。福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「選択肢の幅が明確に広がったことを大変歓迎している」と強調した。
 もともと日米合意に基づく普天間移設計画は、普天間の米海兵隊ヘリコプター部隊を辺野古の代替施設に移し、司令部機能などはグアムに移設させることが柱だ。ヘリ部隊も一緒にグアムに移設した場合、有事の際にグアムからヘリ部隊が県内に展開する地上部隊をピックアップしに沖縄に立ち寄る手間がかかる。政府関係者は「ヘリ部隊と一体のグアム案は想像をはるかに超える」と語る。
 これまでの米軍再編協議で議論された案は、いずれも県内が対象だった。移設先に県外を持ち出せば日米作業グループの検証作業は困難になる。岡田外相が米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)への統合を主張する事情でもある。
 一方、海兵隊の戦闘機とヘリを分散移設させる案も政府・与党内にある。ヘリ基地を辺野古に隣接するシュワブ、ハンセンいずれかの陸地に建設し、海兵隊の戦闘機については嘉手納に統合する案だ。ただ、米側は部隊運用上の理由から日米合意が唯一の選択肢との立場。与党内からは「実現可能だったら、とっくにやっている」(政務三役)と嘆きの声も出ている。


日本のマスコミと自民党は、前線で政府が米軍と戦っているのに、後方から、前線の政府に鉄砲を撃っているようなものです。
日本のマスコミと自民党は、アメリカの味方と言えます。
悪い言葉で言えば売国奴といえるくらいです。

日本人は外圧に弱いことを見越しての、威圧のパフォーマンスだったのだろうと思います。
ルーツ大使に本国から知恵を付けたのでしょう。
飼い犬のぽちは、怒れば、尻尾を丸めて小さくなるとでも思っているのでしょう。
岡田外相と北沢防衛相は、米軍機墜落が何件、米兵の婦女暴行が何件、こんな危険極まりない基地がアメリカ国内にあればどうするのかと逆に怒るぐらいの気力が欲しいですね。
それを是正するため、アメリカは何をしてくれると詰め寄るべきです。
答えは当然、アメリカ領内への移転しかあり得ません。
移転先はアメリカが自分の領土内で決めるべきことです。

アメリカ大使は日米同盟が大事か、連立政権が大事かと迫ったといいますが、勿論、連立政権の合意に決まっています。
連立が崩壊したら、民主党単独では予算も通らず、立ち往生、何も通りません。
政権に維持できているからこそ、日米協議もできるのです。
連立政権の方が、日米合意より優先するのは当たり前です。

鳩山首相が普天間飛行場移転の見直し作業と言うことは、辺野古なら見直しする必要もなく、県外・国外を示唆したものだと思います。
それをハッキリ言わないから、米国に伝わらず、逆ギレに利用される始末です。
はっきり、国外移転すべきと言うべきです。
中国や韓国に偉そうにした小泉元首相でさえ、米国では羊そのもので、アメリカの言いなりでした。
世界の国々が国益を掛けて、丁々発止のせめぎ合いをするのが外交の常ですが、日本は金持ち喧嘩せず、金で全てを済まそうとし、特にアメリカに対しては、表だって発言することもなく、完全な属国でした。
その習い性があって、政権交代があっても、発言できない情けなさ、これが日本人の現状かも知れません。
自民党政権が辺野古で日米合意したという失政は、いくら失政とはいえ、国がおこなったものであり、常識的な民主党では、否定するような乱暴なことができないのも足かせで、引き延ばし戦術を採ったのかもしれません。

海兵隊のグアム移転は決まっており、将来的には全部移る予定です。
しかし、日本が辺野古に飛行場を作ってくれるから、アメリカは辺野古にしたのです。
海兵隊は既にグアムからでもイラクやアフガンに向かっており、別に沖縄からでなくてもよく、勿論、日本有事でもグアムから問題はありません。
「ワイド!スクランブル」で, グレゴリー・クラーク(多摩大学)さんもそういっていました。
自民党が強く国外移転を求めないから、ただ同然の日本国内、キャンプシュワブの飛行場設置が膨らんで日本政府が選んだ沖縄辺野古移転にしたのです。
自民党政権が沖縄内を選択したから、13年も掛かったのです。
自民党が強く国外移転を望めば、今頃グアムに移転していたでしょう。
自民党は辺野古移転の公共事業をゼネコンに約束したから、一石二鳥で基地移転を利用したものと思います。
アメリカも思いやり予算ほか、日本の基地は非常に安上がりだから、喜んで辺野古の移転に賛成しています。

仮に、海兵隊飛行場のグアム移転費用を日本が出せば、アメリカは賛成するでしょう。
世界不況の発信国、アメリカでは願ったり叶ったり、米軍再編もそんな程度だろうと思います。
日本が金をたくさん出してくれるから、地位協定も有利だし、日本の居心地がよいからでしょう。

アメリカを極度に怖がる必要はないと思います。
アメリカが贅沢できたのも、日本が米国債を買って上げたからです。
自衛隊の装備品は、米軍事産業からが得意先だと思います。
日本の米軍基地は、かつてのベトナムや現在の中東など、アメリカの覇権に利用されています。
アメリカと日本は持ちつ持たれつつ、アメリカに従属する必要はないと思います。
日米とも日米同盟が基軸と言いながら、ともに13億人の消費者を有する中国に近付こうとしています。
21世紀はアジアの時代、中国やインドとの関係強化が大事と日米とも思っているのではないでしょうか。
アメリカからの脱却は時代の流れだと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。