≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月11日のエントリーですが、新聞などで取り上げられているのを見て、エントリーし直しました。

偶然掛けたラジオから聞こえてきた曲を聞いていくうちに目頭が熱くなりました。
おばあちゃんが言った『トイレには それはそれはキレイな女神様がいるんやで』の言葉に何故かじっと来て、どうなるのかと最後まで聴き入っていました。
ふるさとというか、懐かしさというか、暖かさと言うか、そんな感情がこみ上げてきます。
題名が『トイレの神様』、唄うのは兵庫県出身のシンガーソングライター植村花菜さんです。

植村花菜オフィシャルサイトに歌詞が載っていました。
YOU TUBEで、FMに初登場したときの『トイレの神様 植村花菜』を見つけたら、歌詞付きの『トイレの神様~植村花菜(歌詞付き).。.:*☆』もアップしていました。
上の動画は削除され、発売元のキングレコードからでました『トイレの神様/植村花菜』を聴いて下さい。

他の曲では、植村花菜 - ミルクティー植村花菜『シャララ』PV1曲だけのコンサート 2月の美味しい歌「BLESS」植村花菜 「あなたのその笑顔はいいヒントになる」Uemura Kana - Aitai、Kana Uemura - Hikari To Kage PVKana Uemura - Kiseki、GReeeeNのカバー曲キセキ、ユーミンのカバー曲やさしさに包まれたならなどがありました。

3月10日に『トイレの神様』も入ったミニアルバム『わたしのかけらたち』が発売されました。
オリコンヒットチャートで19位→15位→5位と上昇し、世の中へ広まっているようです。

トイレの神様

作詞:植村花菜・山田ひろし 作曲:植村花菜 編曲:寺岡呼人

小3の頃からなぜだか
おばあちゃんと暮らしてた
実家の隣だったけど
おばあちゃんと暮らしてた

毎日お手伝いをして
五目並べもした
でもトイレ掃除だけ苦手な私に
おばあちゃんがこう言った

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

その日から私はトイレを
ピカピカにし始めた
べっぴんさんに絶対なりたくて
毎日磨いてた

買い物に出かけた時には
二人で鴨なんば食べた
新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを
泣いて責めたりもした

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

少し大人になった私は
おばあちゃんとぶつかった
家族ともうまくやれなくて
居場所がなくなった

休みの日も家に帰らず
彼氏と遊んだりした
五目並べも鴨なんばも
二人の間から消えてった

どうしてだろう 人は人を傷付け
大切なものをなくしてく
いつも味方をしてくれてた おばあちゃん残して
ひとりきり 家離れた

上京して2年が過ぎて
おばあちゃんが入院した
痩せて細くなってしまった
おばあちゃんに会いに行った

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと
昔みたいに言ってみたけど
ちょっと話しただけだったのに
「もう帰りー。」って 病室を出された

次の日の朝 おばあちゃんは
静かに眠りについた
まるで まるで 私が来るのを
待っていてくれたように
ちゃんと育ててくれたのに
恩返しもしてないのに
いい孫じゃなかったのに
こんな私を待っててくれたんやね

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
おばあちゃんがくれた言葉は 今日の私を
べっぴんさんにしてくれてるかな

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

気立ての良いお嫁さんになるのが
夢だった私は
今日もせっせとトイレを
ピカピカにする

おばあちゃん
おばあちゃん
ありがとう
おばあちゃん
ホンマに
ありがとう


タイトルは『トイレの女神様』の方がよかったかも。
スポンサーサイト


こんにちは、初めまして。
デザイン関係の仕事をしてますWonderと言います。
今朝、FM-FUJIをかけたらこの曲が流れてました。
初めて聴く曲だったんですが、おばあちゃんとのことを
唄ったこの曲に涙が出ました。
トイレそうじのフレーズが出てきたので、
もしやこの曲のタイトルは「トイレの神様」というのでは?・・・と
予測したらやっぱりその通りでした(^_^
実は僕も3年ほど前からトイレそうじを実践しているんです(笑
Wonderさん、コメントありがとうございます。

おばあちゃんとの話は、同居していたら、誰でも、同じような行動をしているでしょうね。
おばあちゃんを両親にかえたら、多くの人が経験していることですね。
トイレのお掃除を自分を愛している親たちがいつも言ってくれた言葉に代えると、誰もが経験することですね。
そういった繋がりを大切に思って、また伝えていきたいと思います。
汚いところをきれいにする、人のためになることをする、そんな日々の努力が大切なんだということかも知れません。
3年前からのトイレそうじ偉いですね。
心の中も女神のようにきれいになると思います。
僕も偶然ラジオで聞きました。
車の中で聞いてたのですがいろんな思いが込み上げてきてしまいました。目頭が熱くなりマクドのドライブスルーの店員さんもびっくりした様子でした。
久しぶりにこんな気持ちになり聞いたあとなんだか家族っていいなぁってとても元気になりました。
そしてこのブログも偶然みかけました^^
makon さん、はじめまして
コメントありがとうございます。
トイレの神様と直接関係は無い、おばあちゃんとの思い出が、際だたせているように思います。
家族って良いなあ、家族の思いは世代を次いで繋いでいくのだ、おばあちゃんも花菜さんの心の中に生き続けていくのだろうと思います。
初めまして、kamekichiです。

今日ラジオでこの曲を聴いて、運転中にボロボロ泣いてしまいました。
もう一度聴きたくて、ネットで探していたらこのブログを見つけました。

私もおばあちゃんに育てられました。
おばあちゃんが大好きでした。
それなのに、私は人生の一時期少しおかしくなっていて、孫の中でただ一人、おばあちゃんの死に目に会いに行きませんでした。
ずっと、ずっと、後悔しています。
事情があってお墓参りにも行けないんですが、この曲を聴いたらほんとにいろんなことを思い出しました。

いい曲ですね。
kamekichiさん、はじめまして
訪問いただき、コメントをいただき、ありがとうございます。
本当に、ジワーッと目頭が熱くなる曲ですね。
返信を書くには、曲を聴かなきゃと思って書いています。

おばあちゃんの言っていたことを思い出し、それを引き継いでいくことが、あなたを通して、おばあちゃんの心や思いが今も生きていることになっているのだと思います。
そういうおばあちゃんの良いことをまた、お子さんやお孫さんに伝えていけば、おばあちゃんは喜ぶと思います。
お墓参りにいけなくても、心の中で行けばよいと思います。

曲の発売は確か3月10日待ち遠しいですね。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。