≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今朝のテレ朝のスーパーモーニングでも、小沢問題を放送していました。
コメンテーターで唯一、冷静な目で事態を見つめていたのが鳥越氏でした。
鳥越氏は、テレビに出ているコメンテーターが、局の意向通り小沢バッシングする電波芸者と言われている人の中で、極めて希有な存在です。
全紙全局と言っていいほど、横並びで、小沢叩きをしているなか、鳥越氏は東京新聞の良心的な記事を見つけてきて、読み上げました。
それが以下の『小沢疑惑報道』の読み方です。
長谷川幸洋氏は、マスコミの中にも数少ない、勇気のある、良心のあるジャーナリストだと思います。
長谷川幸洋氏を検索すると、『官僚との死闘七〇〇日』『日本国の正体』の著作があり、どうも日本の実権は官僚が握っているという考えを持っているようです。

東京新聞 【私説・論説室から】
『小沢疑惑報道』の読み方

2010年1月18日
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる疑惑事件が元秘書らへの強制捜査に発展した。私は取材現場の事情は知らない。ただ、読者として多くの記事を読む限り、正直言って「これはいったい、なんだ」という感じも抱いてきた。
 なぜなら、当事者本人か捜査当局しか知り得ないような情報がしばしば盛り込まれているからだ。ときには当事者が捜査当局に供述したとされる内容が報じられたりしている。
 ということは、当事者が取材記者に話したか、あるいは当局が記者にリークしたのではないか。
疑惑があるなら解明されねばならないのは当然である。現場で取材する記者の苦労は理解できるし、多としたい。
 だが、結果的に当局の情報操作に手を貸す結果になっているとしたら、それもまた見逃せないのだ。
 検察が公判請求し裁判になってからも、判決が報道された内容どころか起訴状の記載事実とさえ異なる場合はある。読み手としては、情報の出所にも注意を払わざるを得ない。
 民主党と鳩山内閣は一連の報道でダメージを受けた。その結果、支持率も落ちるだろう。
この疑惑は間違いなく、本日から始まる通常国会で焦点になる。

 記事を書く側の一人として「本当に起きていることはなにか」という点に細心の注意を払って、今後の展開をウオッチしていきたい。 (長谷川幸洋)


民主党の手塚議員も言葉に詰まり、頼りなさがあり、むしろ、朝ズバに出ていた、横久米議員の方が言い負かされず、有望のように思いました。
コメンテーターの松尾貴史氏は最初は、世論通りに小沢バッシングの後、検察の説明責任が話題になると、両者が説明すべきと、言を変え、カメレオンのように思います。
吉永みち子氏は政治と金は問題と単純な原則論で小沢バッシング、本人は正しいと思っているようですが、国会で国民生活か小澤幹事長をとるかの選択の発言は、検察のシナリオ通りの意見を言っており、検察の代弁をしています。
大沢弁護士は検察は正義の味方の建前論に終止し、検察のリークについては一切コメントしませんでした。
起訴の裁量権は検察にあり、裁量権に政治的意志が入る余地があり、正義の味方でもありません。
正義は時代ととも変わるものであり、検察が言う絶対的な正義はなく、その時その時の国民の意思が正義を決めるのだと思います。
正義を官僚の専売特許にしていることが、官僚の力を絶大にして、国民主権を妨げていると思います。

今も、NHKのアナウンサーが、東京地検の取り調べで、石川議員と池田元秘書は容疑を認め、大久保会計責任者は容疑を否認していると、関係者への取材でわかったと放送していました。
取り調べの結果は東京地検か、石川議員、池田元秘書、大久保会計責任者しか、知り得ないのに、何故関係者への取材なんでしょうか。
囚われの人に取材できないので、取材相手は検察しかあり得ないのに、何故東京地検と言えないのでしょうか。
取材先が東京地検と言えないということは、事実の保証がない、事実ではない可能性があるということを意味していると言えます。
事実は、容疑を認めたか否かは不明で、特捜部はそう勝手に思っているだけで、秘書たちは特捜部の言う容疑を認めていないのかも知れません。
こうやって、検察はマスコミを利用して、さも本当そうなことを報道で流させて、小澤幹事長のイメージをどんどん傷つけていく、恐ろしい検察権力、恐怖政治です。
去年、同じように、リーク情報をこれでもかと流し、世論を誘導して、裁判が始まる前には、代表を下ろさせました。
裁判が始まって、検察、大久保被告の主張が公開で戦わせる前に、検察の真偽不明のリーク情報をマスコミが流布することにより、世論誘導する、これは民主主義なんかでも、まともなジャーナリズムでもなく、発展途上国並みの状況です。
本当に、恐ろしい検察権力、恐怖政治です。

民主党の村越祐民議員は、小澤幹事長は辞職すべきだとテレビで報道してました。
民主党は一丸となって戦わなければいけない時期に、身内から矢を引く馬鹿がおるのか、まるで自民党議員のようだと思いました。
スポンサーサイト


マスコミのほとんどが「小沢一郎の説明責任」を叫びたて、なぜ、国会議員を逮捕した「検察の説明責任」を問わないのか? 門外漢としては不思議でならなかった。
同じような意見に接し、ほっと一安心。
でもでもおかしい。民主党閣僚の一部や、社民党、共産党まで、マスコミに煽られて「小沢の説明責任」を騒ぎたてようとしているみたい…変だねえ、危ないねえ。
yamadagosakuさん、はじめまして
検察のやることは正しい、検察は怖いというのが一方であって、他法で検察とマスコミは癒着の関係があって、検察の説明責任や、公務員の守秘義務違反とリークを、マスコミは報道できないのだと思います。
明治以来の官僚主導を政治主導に変える政権交代は維新に等しく、官僚主権時の常識はすべて、ご破算にして、問い直さなければならないのに、民主党閣僚の一部や、社民党、共産党まで、古い考えから抜け出せず、検察と対峙できないのだと思います。

寅さん[正しくは山田洋二さんなんだろう]が学問ってのは筋道立てて考えることをやる云々と述べていたことを思い出した。
私は金竹小時代から小沢は嫌いだ!
しかしそれはそれ、これはこれで明らかに魔女狩まがいのマスコミキャンペーンには閉口する。
野党は政治的に勝馬に乗ったが得と、適当にやっているのは『差し引いて』見られる。そんなものをいちいち正論ぶって批判するのも些か、大人げない。
問題は民主党自身であり、身内の政争ネタにしたり汚染物質として小沢廃除したりと…不安定さをさらけ出した点である。
特に讀賣や産経新聞の如き保守勢力には、かっこうの反撃材料であり、彼らの大好きな保守的な二大政党体制や、大連立とかの政治ショー[保守軍団の盤石化に繋がる]に近づける夢を生かすだけである。それはバッシングに一応納得している多数派の国民にとって、思っている以上に損失だと指摘したい!
私は小沢が善くも悪くも彼なりの政治的センス故だろうが、センター・レフト的な政策転換に民主党の舵取りをした点、社民党ともそれなりに妥協を計ろうと努めた点を評価していた。前述した保守二大政党まがいのヤバイ体制阻止には『どの女とも寝る』くらいのあざとさも必要であり、政経塾上がりのネンネで青臭い若手民主党保守派議員よりも、よほど割り切って頼れると多少はあてにしていた。また、そもそもそれでなくてもどっちも保守親父という『究極の選択』になる選挙区が多い[これを推進した小沢や民主党リーダー格たちは絶対に許さん思いもあり…正に複雑な気持ち也!]小選挙区では、保守に対するリベラル・左派的な選択肢は必須条件である。
小沢一派が元来は自民党右派であり、また、かつて大連立をしかけた罪科があるという矛盾に満ちている点、元来社民的なスタンスであるはずの菅直人を支える側に政経塾上がりの右派の出来損ないが集う点に、右翼メディアにリベンジの機会を与える脆さがある。だから政界再編と、したり顔で知識人や電波芸者がしゃしゃり出るのだが、それをいっちゃあおしまいよ!
たちまち、確実に強い大保守軍団が出来上がって議会政治は死滅する。
三党連立時代、国民新党や社民党を梃子に例えて毎日だったかのコラムにあったが、あれが皮肉にせよ(笑)、見事な政治的バランス感覚を議会に活かしていることを指摘しておきたい。
必ずマスコミは民主党の党内不一致を皮肉るが、もし例えば民主党の良心的存在である『リベラルの会』などの小数グループなりが政界再編で-当然、大軍団から弾き出されるだろう-いなければ、何でもかんでも常に多数派の専横になりかねない。正論を吐けば『社民リベラル的な強い勢力を構築して競い合えばよい』のだが、日本の現実政治・小選挙区バンザイな現状では限りなく非現実的である。
だからこそ、実は十人十色的な面もある世論で、とりあえずややマジョリティーな[それは概して保守派である!]勢力が一人勝ちする小選挙区制度下では、梃子の原理を活用して民主党を逆利用せねばならないのではないか?
その意味では融通のきく小沢一郎は、使い物になりうるだけ頭でっかち政経塾議員どもより価値ありだ。
最後に『政治は妥協のアートであり、セカンドベストも探るべし』という、社民党にしてはリアリスト;阿部知子さんのお言葉を付記しておきたい。あの党もとっととかつて、讀賣なども現実的と評価した自衛隊縮小、災害部隊とPKO[Fもな!]などに改編という石橋政嗣的なプラン+専守防衛=自衛隊OKで防衛批判にけりをつけ、雇用と脱原発でイメチェンしないと、梃子の価値が下がる一方だ。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。