FC2ブログ
≪ 2020 05   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2020 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 今のメディアの横一線の小沢攻撃は異様、異常』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

今も、テレビは平気で、検察の事情聴取に対して、容疑を認めていると関係者の取材で分かったと報道しています。
取り調べの内容は検察か容疑者しか知り得ないのに。
皆同じ情報と言うことは、共同通信に伝えたら、加盟のマスコミに配信しているからなんでしょう。
そのリーク情報と、検察の公式に発表したものがごちゃ混ぜに報道し、全体が事実かのように議論されています。
これで国民は誘導され、火の無いところに煙は出ない式に、疑わしきは罰するというようになっています。
本当は、検察のリーク情報を取り去り、公にされた嫌疑は何かを取捨選択して判断し、公式に判断できる証拠が出てくるまでは、疑わしきは罰せずでみるべきです。
それが成熟した民主主義国家の国民だと思います。

世論調査では、鳩山内閣、民主党の支持率が下がりました。
検察とマスコミがあれだけ世論誘導をがんがんやれば、馬鹿な国民は信じてしまいます。
ただ、自民党の支持率も下がり、国民もそれほどの馬鹿では無いとも思いました。
自民党の支持率が上がって、民主党と逆転しない限り、まだ民主党が優位にあると言えます。
今が底としたら、参院選まで時間があり、十分浮上できるものと思います。

最高権力者は検察か小澤幹事長かの闘いになり、権力は検察=官僚にあることを示そうとしています。
検察の裁量権とリークによる世論操作という不正義によってです。
違法のリークの禁止は当たり前のこと、取り調べの全面可視化の他に、裁量権についても、その判断も全面公開すべきと思います。

小澤幹事長にマスコミは説明責任を迫っていますが、国会が始まり不逮捕特権で安全になったので、時機をみてすると思います。
一方、検察は容疑、逮捕、強制捜査などへの具体の説明を今も行っていません。
さらに、リークと言われていることへの説明責任も果たしていません。
同様に、マスコミは小沢バッシングに徹していますが、リーク情報を入手していることへの説明責任を果たしていません。
夜討ち朝駆けして、検察から漏らした情報は公務員の守秘義務違反を脅かしているのです。
民主党への自浄能力という前に、自らの取材方法と報道のあり方について、自浄能力を問うべきです。
同様に、正義の門番と自称するなら、検察も守秘義務違反をしていることで、自らが自らを起訴し、自浄能力を国民に示すべきではないでしょうか。

民主党は、検察のリーク問題について、元検事や弁護士の議員を中心に「捜査情報漏えい問題対策チーム」を発足しました。
検察とマスコミが機関銃のように繰り出されるのに撃たれっぱなしの状況から、反転攻勢するものです。
検察の違法状態、マスコミの検察との癒着を正すのは、正義の味方とうそぶく検察、国民の味方と偽装するマスコミが、自らの問題を、自ら告発したり、自ら自己批判したりするはずがありません。
それが出来るのは、政治家しかあり得ません。
「捜査情報漏えい問題対策チーム」には、どんどん検察とマスコミの癒着の情報を流し、作られた世論誘導を正していって欲しいものと思います。
マスコミは情報を黙殺しようとしますが、ネット社会で、情報隠蔽は出来ないでしょう。

時事通信 「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主
 民主党は18日、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反容疑事件に絡み、「捜査情報漏えい問題対策チーム」を設置した。同党は東京地検が報道機関に捜査情報をリークした疑いがあるとみており、元検事の小川敏夫広報委員長を中心に、報道の在り方を検証する。報道の情報源についても調査するとしており、検察の捜査や同党に批判的なマスコミをけん制する狙いがあるものとみられる。
 同党はまた、企業・団体献金の禁止など政治資金改革を検討する「政治資金対策チーム」、政府と連携して夏の参院選に向けた政権公約を策定する「参院選マニフェスト検討チーム」を設置することを決めた。(2010/01/18-18:48)


今朝のみのもんたの朝ズバでこのニュースを取り上げたとき、TBSの杉尾氏の反発振りに驚き、「捜査情報漏えい問題対策チーム」はマスコミに対し、非常に効果があると感じました。
杉尾氏は、「検察だけから取材しているわけではない。ゼネコンや弁護士からも取材し、総合して記事にしている。民主党は、小沢さんの土地取引について党としてどう自浄能力を働かせるかということで、やるべきことが間違っている。検察への圧力ですよ」と話したそうです。(Jキャストより)
尻尾が出ています。
検察からも取材しているじゃないですか。
検察から情報を得れば、情報量が少なくても、立派な情報漏洩です。
「捜査情報漏えい問題対策チーム」がこれから出す情報は、検察とマスコミに打撃を与え、マスコミの情報を鵜呑みするのはおかしいと疑問視する国民が増えてくるものと思います。
「捜査情報漏えい問題対策チーム」に期待したいです。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。