≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

時々、チェックする植草一秀の『知られざる真実』で興味深い記事、検察リークの実態を鮮明に示す週刊朝日記事」が掲載されていました。
その中で、日々坦々 『週刊朝日、検察リーク認める!!』という記事を引用していました。
以下に紹介します。

本日発売、週刊朝日2/5号でついに「本誌にリークされた?検察情報"」と題し、検察リーク情報があったことを認めた。

(以下引用&要点)
「・・・ところが?小沢聴取"の直前、編集部にこんな情報が寄せられた。ニュースソースは明かせないが、東京地検特捜部の「関係者」からのリークである。
小沢は、何があっても必ずやるよ。強硬派筆頭の大鶴基成(最高検検事)さんは「証拠は揃った。あとは何でやるかだ」と話している狙いはあっせん収賄だが、ダメでも政治資金規正法違反の「共犯」であげられる。脱税でだってできるからね。ただ、最後は議員辞職と引き換えに手を打つという方向も残している・・・・・
実はこの関係者、先週も本誌にこんな情報をもたらしていた。「いま捜査の指揮棒を振っているのは、特捜部長の佐久間(達哉)さんじゃなくて大鶴さん、大鶴さんは本気だから、弱腰の"上"に活入れて、石川(知裕衆院議員)逮捕にもってったんだ。石川は任意じゃウソばっか言ってたからな。週刊朝日もどうせまた検察の悪口書くんだろうけど、早めに路線変更しないと恥かくぞ。ゼネコンもベラベラ話している。石川もパクられて完オチだし。小沢も、もう完全にアウトだ。在宅でもなんでも起訴して有罪にすれば、公民権停止で、もう議員などやってられない」
この東京地検関係者によると、大阪、京都などの関西の各地検からも敏腕検事6人を呼び寄せ、さらに"小沢立件"に向け応援が増える可能性もあるという。法務省や最高検は、こうした現場の先走りをかなり気にしているが、「もう、そんな段階ではない」(同関係者)ようだ。
相手が民主党なんで、大鶴さんも法務大臣の指揮権発動の可能性もちゃんと視野に入れている。発動させないためにも、もっとマスコミを使って風を強く吹かせないと。場合によっては、国会に逮捕許諾請求を出させないといけないかもしれない。」(同)

この後、記事はキーマンの最高検検事でありながら、東北ゼネコンの事は検察内の誰よりも詳しいとして樋渡検事総長に直訴して東京地検の次席検事として大鶴検事が指揮をとっている、との法務省関係者からの話を載せている。

その大鶴検事は例の福島県のダム談合事件で、現場が乗り気でなかったにもかかわらず「これができるかどうかに俺の出世がかかっている」とハッパをかけたと言われ、知事だった佐藤栄佐久氏を逮捕・起訴したが、二審で検察側の主張がことごとく覆されて"実質無罪"判決となり、このとき検察が頼りにしたのが今回と同じく三重の水谷建設元会長の証言だった。大鶴氏にとって"小沢立件"は汚名返上の最後のチャンスでもある。・・・・」


東京地検内部からの週刊朝日(朝日新聞出版社=朝日新聞の子会社)へのリークによって、最高検刑事部の東京担当の大鶴基成・最高検察庁検事が中心になって、小沢幹事長を標的にして、何が何でも、政界から葬り去ろうとする政治的意図を感じてしまいます。
捜査をやめさせる指揮権発動の阻止をマスコミを使って風を起こす、許諾請求を出させるという下りを読むと、検察は明らかに、マスコミへのリークを自らを正当化するための常套手段とみられますし、何が何でも小沢氏の失脚を画策しているという異常な姿が浮き彫りにされます。

大鶴基成・最高検察庁検事が扱ったのが、福島ダム談合事件では、被告の佐藤前知事は実質無罪に近い判決でした。
自供した水谷建設が検察の取り調べで、嘘の自白をさえられたもので、検察の描くストーリーの沿った自白で、起訴したものの、裁判で自白は嘘と覆されたことから、検察は敗北しました。
西松建設の小沢秘書虚偽記載事件でも、検察が描いた、天の声の悪質性は、裁判で根拠がないと一蹴され、ダミー団体と供述した西松建設幹部は法定で、ダミー団体ではなく実態があったと否定し、大久保秘書は無罪の可能性は高まったと思います。
鹿児島選挙違反事件でも、他の冤罪事件でもそうですが、検察がストーリーを描き、被疑者を非人権的な拘束と取り調べで自白を誘導し、被疑者が無罪となる可能性には目をつぶるか、無罪となるような証拠を隠蔽し、裁判が始まる前に被疑者に不利な情報をマスコミに流し、裁判が始まる前に社会的には有罪にしてしまう、これが検察とマスコミの実態ではないかと思います。

2月4日の3秘書の拘留期限での起訴、2月26日の大久保秘書の東京地裁の結審の内容、3月末の虚偽記載の時効が、重要なポイントとなりそうです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。