≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「偏西風にのって 論理が破綻してても政府を批判する因果応報自民党」に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

平野官房長官の名護市長選の結果を受けてのコメントで、名護市民の民意を考慮に入れないとか、名護市の了解を得ずに辺野古に決められるなどと言ったことに対して、自民党幹部は、民意を反映しないとは何事だと反発しました。
自民党は辺野古を推進してきたので、辺野古賛成なのに、名護市の民意を斟酌しないという民主党はおかしいというのは、自らの政策を否定することです。
同じようなことが、前にもありました、
暫定税率維持が自民党の政策なのに、民主党が財源不足で実質的暫定税率維持を打ち出したら、自民党は賛成すべき所を、それに反対して、自己の政策を否定する行動をとりました。
反対のためなら、自己の主張に矛盾しても平気、無茶苦茶です。
何でも反対、かつての社会党は自己矛盾まではしなかったので、、社会党よりも相当酷い野党ですね。
政権奪回のためなら、自己矛盾しようが、予算審議せずに政治と金ばかりに時間を費やし、国民生活を犠牲にしようが平気、日本全国が利己主義に染まる中、その総元締めです。
こんな自民党が立ち直れるはずもなく、国民生活を優先しない自民党に支持が戻るはずもありません。

自民党がこれほど自己矛盾してでも民主党に反対していることについて、マスコミはそれを指摘したり批判したりしていません。
民主党が野党時代に言ったことやしたことを与党になってやった場合は激しく批判しますが、自民党が与党時代に言ったことやしたことを野党になってやっても、マスコミは何も言わず、スルーします。
戦後初めての本格的な政権交代がなされた新米で不慣れな鳩山政権に、マスコミはことさら厳しい目を向けているように見え、そこには悪意すら感じます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。